名称未設定

主の変容日

「イエスは、ただペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。」(マルコ9:2~3)弟子たちはこのような不思議な体験をしました。このイエスの変容の出来事を記念するのが主の変容日です。

主の変容日は顕現の季節(顕現節)の最終日に当たります。イエスキリストとは誰か、どのような形、姿で私たち人間に出会ってくださるのかということを覚えるのが顕現節の意味することです。この顕現の最終日、イエスは弟子たち人間の理解を遥かに超えた姿で、彼らの前に顕れたのです。

この出来事の後、山を降りた弟子たちは、イエスからこのように言われました。「人の子が死者の中から復活するまでは、今見たことをだれにも話してはいけない」(マルコ9:10)。「人の子」とはイエスのことで、彼らが見たイエスの姿は、死者の中から復活した救い主の姿でした。この世のものとは思えない真っ白さは、神の栄光を表しています。

神の栄光は死者の中から復活した救い主イエスの姿において表されているのです。つまり、主の変容が意味する神の栄光とは、イエスの十字架と復活を指し示しているのです。

変容の出来事の後、イエスの歩みは受難と十字架への道に向けられていきます。栄光とは真逆な苦難の道を歩み、そして十字架の死を遂げるのです。十字架こそが人の罪を贖う救いの御業となったのですが、弟子を含め、誰ひとりとしてこの十字架に従うことはできませんでした。しかし、神は三日後にこのイエスを復活させ、弟子たちの前に現れ、彼らはこの時に、イエスが救い主であると受け止めることができたのでした。

イエスの復活の出来事をあらかじめ弟子たちに知らせたのが、この主の変容だと言われています。変容において示されたイエスの復活の栄光は、イエスの受難と十字架なくしては、意味の成さないものであるということを表しているのです。