2016年12月25日 降誕祭「光は暗闇の中で輝く」

ヨハネによる福音書1章1~14節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 クリスマスおめでとうございます。クリスマスの喜びを顕にしつつ、暦の関係上、本日は2016年最後の礼拝となりました。この一年間の礼拝の恵みに感謝いたします。

 クリスマスは冬至の季節、すなわち一年間で最も夜の長い日に迎えます。ですから、クリスマスは暗さ、闇が最も極まる時でもあるのです。その極まった深い闇に、すべての人を照らす真の光であるイエスキリストが来られ、この光は暗闇の中で輝くのです。

この出来事を、福音記者のヨハネは力強く証ししています。それはあたかもこの世界が、またこの私の歩み、人生が暗闇に覆われている時、キリストこそが真に私を照らす光、私の光となってくださった。このキリストとの出会いによって、光の道が開かれたのだと言わんばかりに、彼はこのヨハネ福音書の冒頭で書き記しているのです。

ヨハネはこのことを初めに言葉があったと書き出します。言葉から始まったということです。言葉には自己と他者との結びつきがあります。それは話す者の心の状況や意思、思想などを伝える役割があるからです。だから、初めに言葉があったというのは、言葉を発したものがいるということであり、その言葉を発した者の意思が込められています。それで先を読んでいきますと、この言葉というのは命であり、光であると説明されています。そして14節で「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」とあります。肉となったというのは、受肉されたという意味で、人間となったということです。その方が私たちの間に宿られたイエスキリストです。これがクリスマスの出来事なのです。

だから、この言葉というのは、命であり、光であるイエスキリストであり、その言葉を発したのは、イエスキリストをこの世界に送られた父なる神様であるということです。父なる神様の意思によって、キリストが私たちの世界にやってこられたのです。それで、ある人が、ここに繰り返し出てくる言葉という言葉を、キリストに置き換えて読むこともできるのではないかと言っていました。こういう読み方になります。「初めにキリストがあった。キリストは神と共にあった。キリストは神であった。このキリストは、初めに神と共にあった。万物はキリストによって成った。成ったもので、キリストによらずに成ったものは何一つなかった。キリストの内に命があった。命は人間を照らす光であった。」そして、14節では「キリストは肉となって、わたしたちの間に宿られた。」となります。だから初めに言葉というキリストがあったというのは、すべての物事の前提がイエスキリストその方であって、この私という自分ではない。自分があってキリストがおられるのではなく、キリストがあって、この私がある。この私の命、人生があるのだということになるのです。だから、キリストは私の命、人生の真の主人なのです。

また、このヨハネ福音書の1章が創世記1章の記事と重なっているということに気づかされます。ご存知のように、創世記1章には神様による天地創造の物語が記されています。神様は6日間かけてこの地上を作られ、人間は最後の6日目に作られました。この天地創造物語の中で、神様は一番最初に「光あれ」と言いました。その箇所はこういう内容です。「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。」(創世記1章1~4節)この光というのは、太陽や星の天体のことではありません。これは4日目に神様が造られたものです。単に目に見える明るさとして光ということではありません。では、何に対しての光なのか。天地を造られた時、地は混沌であって、闇が深淵の面にあったとあるように、混沌があり、闇があり、それに対する光です。この光にあって、作られたものは生きるものとなっていくのです。この混沌というのは、カオスのことで、秩序がない状態です。秩序がないというのは、一見自由奔放で、何をしてもいいというイメージを抱きます。でもその根本にあるのは闇です。自由奔放な分、危ない道に気づかず、崖から落ちてしまう危険が迫っているわけです。闇とは単に暗いだけではなく、それは無秩序であり、私たちが生きられない世界でもあるのです。だから、この世界と、また一人一人を造られた人間の人生が混沌であることを、神様は望まなかったのです。混沌ではなく、秩序をもたらしたのが光あれという言葉です。光が秩序となるように、光がこの世界を導き、私たちの歩みを導くのです。

だから、この神様が与えてくださった秩序の光には、希望があり、そのようにちゃんと命の道に導いてくださる神様の愛があるのです。一人一人にその光が与えられています。混沌であって、適当でいい人の人生なんてないのです。全世界の人の歩み、人生には意味があって、ちゃんと神様の光によって導かれるという秩序があるのです。

ヨハネはその光をイエスキリストに見出すのですが、同時にこういうことも言っています。「暗闇は光を理解しなかった。」暗闇は光を受け入れなかった、すなわち拒絶したということです。キリストの光を拒絶する力がこの世界にある。光と闇が対立するわけですが、それだけ闇が深いということをも表しているのではないでしょうか。

でも、光あれ、その神様の言葉は肉となって、人となって私たちの只中に宿りました。その光はどこにあったのか、それこそ私たちはあの飼い葉桶に注目したいのです。あの飼い葉桶に眠っている赤ちゃんイエスに目を向けたいのです。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。その全貌があの飼い葉桶に眠る赤ちゃんイエスに顕われているのです。私たちと同じ姿となられた方、また私たちの小ささ、弱さを自分のものとして負って下さる方が、私たちの歩みを照らす光、人生の闇を照らしてくださる真の光なのです。それは、この光が、たとえ小さくても、弱くても、また苦しみや悲しみがあっても、一人一人の歩みに共にいてくださる神様の愛を顕しているからです。力や強さや、華やかに象徴される晴れ晴れとしたところにある光ではなく、どんなときにも、どんなに闇深くとも、その深い闇で輝き、常にあなたの歩みと共にある光です。だから、主イエスは闇の中にある私たちを決して見捨てることはない光としてきてくださいました。新しい年もこの光に生きてまいりましょう。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。