2017年1月22日 顕現節第3主日 「退いて、近づいた」

マタイによる福音書4章12~17節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 今日の福音書は主イエスが宣教を開始された物語です。その宣教が開始された場所は、神殿があるエルサレムの都ではなく、そのエルサレムから北に約120キロメートル離れたガリラヤという田舎の町でした。そのきっかけを冒頭の12節はこう切り出します。「イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた。」それはあの洗礼者ヨハネが捕らえられて、投獄されたという恐ろしい出来事でした。彼を投獄したのは、あのヘロデ大王の息子で、跡を継いだヘロデ・アンティパスというユダヤの王様です。ヘロデは、ヨハネから自身の不正な結婚を批判され、そのことに怒りを覚え、ヨハネを捕まえて投獄してしまったのです。ついには、ヘロデはこのヨハネを処刑してしまうのです(14:1~12)。

 ヨハネは時の人でした。彼こそが自分たちが待ち望んでいたメシアという救い主ではないのかと期待していた人たちもいたほど、非常に人々に影響を与えた人物でした。そのヨハネが権力者の手によって葬り去られたことは、ビックニュースとなり、人々に大きな不安と混乱をもたらしたことでしょう。主イエスもこのヨハネから洗礼を受けた一人でした。

 それでなぜ、このヨハネの投獄の出来事が主イエスの宣教の始まりとなったのでしょうか。ヨハネの跡を継いで、主イエスもまた権力に立ち向かうために、人々の期待に応えるために宣教を開始していったのでしょうか。そうではなくて、主イエスはこの出来事によって、退いたのです。およそ都合のいい時ではありませんでした。むしろ最悪なタイミングと言っていいかもしれません。しかし、主イエスが退かれたというのは、逃げ出して終りという意味ではなく、始まりをもたらすための退きでした。それは主イエスの宣教の目的にあるのです。このヨハネが捕らえられたという言葉は、福音書の後半で主イエスが受難と十字架と復活を予告された際に、「人の子は人々の手に引き渡されようとしている」(17:22)と言われた「引き渡される」という言葉と同じです。つまり主イエスに敵対する敵対者たちに引き渡されて、受難にあい、やがて十字架につけられる宣教の道筋なのです。ですからヨハネの投獄は、主イエスの受難と十字架に重なってくるのです。フィリピの信徒への手紙でパウロはキリストの生涯についてこう語っています。「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」(フィリピ2:6~8)自分を無にして、とことん私たちと同じ姿となって、同じところに身を置かれた。その目的は十字架の死につながっているのです。だから、主イエスの宣教の目的、その内容は十字架につながっており、その宣教を開始していくという始まりを意味しているのです。

 その主イエスの十字架とは、罪の赦しであり、福音という喜ばしい救いの到来の知らせです。その救いの事実を宣べ伝えること、それが「宣教」の内容です。自分の評判や教会の規模が大きくなるためにすることではなく、1人ひとりに向けて、神様の救いが向けられていること、愛されていることを伝えることであって、それはひとりひとりのためにある宣教の御業なのです。教会の大きさや小ささとかは関係なく、宣教のやり方が異なったとしても、それは教会のためではなく、世に生きる1人ひとりのためにある宣教なのです。

 さて、その宣教の開始となった場所であるガリラヤについて、15節から16節でこのように記されています。「ゼブルンの地とナフタリの地、/湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、/異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民は大きな光を見、/死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。」

 本来ガリラヤもイスラエルの国に属する地域です。だから、異邦の国ではありません。しかし、ここで異邦人のガリラヤと言っているのは、そこはユダヤ人ではなく、異邦人が住んでいる土地であると言われているのです。これはエルサレムにいるユダヤ人から見た差別的な表現でした。本当は彼らもユダヤ人なのですが、神の民ではない異邦人であると見ていたわけです。それは歴史的にガリラヤが外国に侵略され、多くのユダヤ人が外国に連れて行かれ、彼らが外国人と結婚し、その子孫がガリラヤに定住している過去の出来事と関わっております。正当なユダヤの血ではないと見るエルサレムの住民からは、彼らは異邦人と見なされ、神様の救いから最も遠い人たちであると思われていたわけです。そして、そこに住む異邦人のガリラヤとは暗闇に住む民であり、死の陰の地に住む者であると言われていたのです。外国に侵略された傷を抱え、同胞のユダヤ人たちからも差別的な目で見られ、世の人々から片隅に追いやられているという闇の中にある民でした。理不尽や不条理な仕打ちにあい、そこに悲しみや憎しみも多くあったことでしょう。先の見えない、闇の中にある異邦人のガリラヤの姿がありました。

 けれど今、そこに住む民に光が差し込み、大きな光を見ることができるという聖書の預言が成就したのです。その光とはヘロデ王のような強力な力をもった権力者、現実の苦しみを人間的な力で全て解決してくれるものではなく、闇の中にあって、自分の存在が脅かされる罪の力に対抗する光の力です。理不尽や不条理な仕打ちに対する他者への憎しみ、またその憎しみ故に、人を愛することができない自分の姿がある。そんな自分への嫌気がある。こんな自分はだめだという気持ち。そのように自分に希望がもてない闇の中にこそ、キリストが来られたのです。自分たちで闇を切り開いて、光を見出したのではない。その闇の中に差し込む輝く光が与えられたということなのです。その光であるキリストが闇の中に、同じ人として身を置いてくださり、共におられて、共に歩んでくださるのです。

 そして主イエスの宣教の第1声は「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言うものでした。この言葉をもってして、異邦人のガリラヤから宣べ伝え始められたのです。天の国とは、どこか特定の理想郷ではなく、それは神様のご支配という意味で、言い方を変えると、神の愛ということです。神の愛が近づいた、それは主イエスを通して示された罪の赦しにおける福音そのものです。罪を告白して悔い改めたから、天の国という神の愛に近づくことができたのではないのです。まず神の愛が主イエスによって近づいてきてくれたのです。闇の中にあって、どうにもならない自分の姿の中に、神様の方から愛を向けてきてくださった。そんな闇を抱えている自分と決別して、闇とは無縁の理想郷に招くわけではなく、その闇にこそ光を与えてくださる神の愛なのです。つまり、闇の中にあって、不条理や理不尽な目にあっている自分がだめだとか、人のせいにして自分の正義を貫かなくてはならないという自分の姿を裁き、否定されているのではなく、そのように辛い中にあるあなた自身が、既に神の愛の光に包まれているのだということ、受けいれられているのだというのです。自分で頑張って闇を切り裂いて、光をもたらそうともがく必要はない。その闇の中に光る神の愛がキリストを通して、顕されているのだという招きの言葉が、宣教の第1声なのです。だから、続いて、悔い改めよと言われる。信頼の内に神様のもとに悔い改めて立ち返っていくことができるのです。己の闇から生じる罪の姿に苦しんでいるかもしれない、けれどそんな罪あるままの自分の只中にキリストは来てくださった、その自分の罪の赦しのために、全てを与え尽くしてくださる方が私たちに与えられた真の光なのです。

 私たちはこの光に導かれて、罪を告白し、悔い改めていくことができるのです。これからもいろんなことが起こります。言いようのない深い闇が私たちを襲ってくるかもしれません。そこで光を見出そうとしても、闇はもっともっと深いかもしれません。しかし、どんな深い闇の中にあっても、自分を見捨てない光の声があることを私たちは覚えたいと思います。どんな深い闇の中にあっても、神様の光は、闇の中にある自分たちを見出してくださり、受け止めて、悔い改めへと導いていかれるのです。

 宣教とは、この真の光であるイエスキリストを伝えていくことです。このキリストにあって、あなたがどんな深い闇の中にあっても、あなたを見捨てず、あなたを受け入れ、共にいて歩んで下さる光の道となって導いてくださるのだと、力強く宣べ伝えていくのです。そのためにこそ、教会は主イエスに聞き従い、世間のニーズにただ応えることではなく、世間の声を聞きつつ、御言葉に立ち、主の御心を祈り求めていくのです。

 宗教改革500年を覚えます。500年の時の重さというものを実感しつつ、この年に限ったことではもちろんありませんが、教会は聖書のみ、恵みのみ、信仰のみの改革の言葉を思い起こし、闇を照らす光として来てくださった主イエスの後について宣教していく共同体として、歩んでいくのです。そして、「悔い改めよ。天の国は近づいた」。この主の宣教の第1声に常に立ち返り、福音の前進に向けて、共に歩んでまいりましょう。キリストの光を全ての人が必要とし、全ての人に向けられているのだという確信をもって。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。