2017年4月16日 復活祭 礼拝「神の答え」

マタイによる福音書28章1~10節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 皆さま、イースターおめでとうございます。共に主の復活を喜ぶこの時が与えられたことを感謝します。主の復活、それは神様が主イエスを通して私たちに与えられた答えです。私たちが求めて導き出した答えではなく、神様が私たちに示され、与えてくださった答えですから、私たちの理屈や価値観では答えを出しようがないでしょう。

 それは私たち人間が考える死という答えを超えて、復活という命が答えであったということです。死が人生における確かな答え、全ての終わり、人生の終着点ではなく、それを超えた復活の命こそが答えであると、私たちに言っておられるのです。しかし、私たちの理屈や価値観では答えを出しようがありませんから、その復活の答えをすぐに受け止めることはできません。今日の聖書に登場する女性や弟子たちもすぐに信じることはできなかったのです。されど、聖書はただ復活を信じるか信じないかということだけを言っているのではなく、彼らと復活の主イエスとの関わり、関係についても言っています。

 マタイ福音書では主イエスの埋葬の場面にも立ち会った二人のマリアが登場します。安息日が過ぎて、彼女たちはようやく主イエスのお墓を訪ねることができました。急いで埋葬したのでしょうが、すぐに安息日が来たので、墓前で悲しむ間もなく、日々を過ごしていたのでしょう。そして、ようやく主イエスの墓前にて、死を偲び、悲しむことができると思っていたかもしれません。主イエスの死を受け止めようと、気持ちを整理しようとしにいったのかもしれません。その墓の前には見張りの番兵もいて、主イエスの遺体が盗まれないようにと見張っていました。彼女たちは疑いにさらされていたでしょう。少しでも変な行動をすれば、即捕まってしまいます。しかし、いきなり大きな地震が起こって、天使たちが現れて、墓石を脇へ転がして、そこに座りました。ただならぬことが起こりました。見張りの番兵たちは「恐ろしさのあまり震え上がり、死人のように」(28:4)なり、何もできませんでした。天使たちは彼女たちに主イエスが復活したことを告げます。そして、空となっている墓穴を見させて、『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」(28:7)と言われます。

 ガリラヤは弟子たちの故郷であり、主イエスが宣教を開始した場所です。ここであなたがたより先にと主イエスが言われるのは、弟子たちは主イエスが死んだ後に、もはや目的を失ったので、各々故郷のガリラヤに帰っていくということを見越してのことでした。ユダヤ人たちの監視の目をくぐって、ほとぼりが冷めたら、故郷に帰っていく。そういう自然な流れがあったのでしょう。それも、茫然自失となって帰還しようとしていたのでしょう。そんな彼らがたどり着くよりも先に、復活の主が彼らの帰還を待っていてくださり、彼らと再び会われると言っているのです。また、このガリラヤについて、マタイ福音書では次のように記されています。「ゼブルンの地とナフタリの地、/湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、/異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民は大きな光を見、/死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。」(4:15~16)ガリラヤもユダヤ人の国ですが、この地を異邦人のガリラヤという言い方に、戦争における侵略の傷跡が伺えます。その戦禍の中で、そこに住んでいる人々はまさに暗闇に住む民でした。戦争によって愛する人を失い、家や財産を失い、占領されていた苦しみ、悲しみがある。そんな希望の光が見いだせないガリラヤの状況がありました。主イエスはその暗闇の地に来られて、そこから宣教を開始されたのです。主イエスという神の子の光が、その死の陰の地に差し込んだのです。そして、主イエスが再び弟子たちとガリラヤで会うということは、その暗闇の只中にある弟子たちの心に、主イエスの復活の光が差し込んでくるということを意味しているように思えます。あなたがたの宣教の旅は、私の十字架の死によって終わったのではない。死んで葬られて、そこが終着点となって、全てが終わったのではないのだと。まさに、全てが終わってしまったとしか思えない、その暗闇に、復活の光が今差し込んでくるのです。その復活の光によって、再びあなたがたの新しい歩み、宣教の物語が始まるのだと言わんばかりに、主イエスが先立って、このガリラヤで待っておられるのだと。

 そのことを聞いた彼女たちは恐れながらも大いに喜んで、そのことを弟子たちに伝えるために墓を後にします。彼女たちの思いにはまだ恐れが生じていますが、その道中で復活の主イエスと出会うのです。主イエスは彼女たちに「おはよう」と言われます。単なる挨拶の言葉に聞こえますが、これは喜べ、喜びなさいという意味の言葉です。他には何も言われません。ただ一言、喜べと。それで、この言葉は、あの受胎告知の場面(ルカ1:28)で天使がマリアにおめでとうマリアと言われた、おめでとうという言葉と同じ言葉です。天使もマリアに喜べと言われました。主イエスを身ごもることも大きな恐れですが、それはあなたにとっての喜びでもあるのだと。主イエスの復活も驚きであり、恐れを抱くけれど、それは喜びであると。ごく親しみを込めて、主イエスは彼女たちに言われます。そして、「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」(28:10)と言われます。天使が彼女たちに伝えた内容と同じですが、主イエスご自身は弟子たちを「わたしの兄弟」たちと言われ、弟子たちとは言われませんでした。わたしの兄弟と言われた弟子たちは主イエスの下から離れさり、十字架から逃げ去ってしまった人たちです。そして捕まるのを恐れて、もう主イエスとは関わりを持たないようにして、歩んでいた弟子たちです。兄弟と言える関係ではなかったはずです。しかし、主イエスは彼らを兄弟と言われて彼らを招き入れ、二人のマリアにはおはようと親しみを込めて声をかけ、招き入れてくださいました。私の復活は真実だったから、私に会いに来なさいとは言われず、主イエスの方から先立って会って下さり、兄弟姉妹と言って受け入れ、彼らを愛してくださっている姿があるのです。私は復活したから一緒に喜んでくださいとは言われません。この復活はあなたがたが再び立ち起こされるための復活であり、あなたがたから離れず、あなたがたを愛するためであるということを伝えているのです。そのように主イエスが彼らを愛し、招きいれてくださっているところに、復活の真の意味があるのです。復活を通して、愛の御心がそこに現れているのです。

 ヨハネ福音書3章16節にこういう言葉があります。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」信じないと永遠の命、すなわち復活の命に与れず、あなたは愛されないということではなく、まず神様が愛してくださっているということ、愛されているということを前提に、その愛を信じて受け止めるところに復活の命が示されているのです。復活があるかどうかというより、私たちを愛されているために主が復活してくださった、私のために復活がもたられたということに、イースターの真の喜びが、おめでとうと言える祝福があるのです。

 主の復活を通して、神様の愛はたとえ死の力をもってしても、私たちの関係を引き離すことはないのだということを信じて覚えたいと思います。それはパウロがローマの手紙8章37節から39節で「しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」と言われている通りです。

 そして、前にも言いましたが、主イエスの十字架の死から復活の命に至るまで、一貫して示されているのは、神様の愛であるということです。主イエスの十字架の死が愛の完成であるなら、この復活の命というのは、この完成された愛が再び動き出すことではないでしょうか。完成された愛が復活の命という鼓動によって、動き出していくのです。

 されど、私たちは実際に復活の主の姿を見たわけではありません。見たから復活を信じることができるということではないでしょう。でも、それは愛するということも同じだと思います。人を愛するというのも、根本的には目には見えないことだと思います。ある人が目に見えることしか信じられないという人に対して、それじゃ、デジカメと一緒だと言っている言葉を思い出しました。デジカメでは人の思いは写せません。目に見える物は写せますが、その物にかけている人の心、気持ちは目に映りません。しかし、目に見えるものだけで、私たちは生きていないでしょう。人から愛され、人を愛することによって、生きている姿があるからです。

 おはよう、私の兄弟と招き入れてくださる主イエスの愛によって、復活は復活の命として、あなたに注がれています。復活の愛によって立ち上げられ、安心して共に歩んでまいりましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。