2017年5月14日 復活後第4主日 「イエスの名によって願うこと」

ヨハネによる福音書14章1~14節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 今日の福音書は主イエスの告別説教、いわゆる遺言と呼ばれている箇所です。他の福音書では最後の晩餐と言われている箇所ですが、主イエスが地上でのご生涯をいよいよ終えられていくにあたって、弟子たちに語った最後の説教です。

 冒頭で心を騒がせるなと主イエスは弟子たちに言われました。この直前には弟子のユダが裏切って出ていき、弟子のリーダー格であるペトロは主イエスから「あなたは3度わたしのことを知らないと言うだろう」(13:38)と言われ、十字架を前にして主イエスの下から離れていくということを告げられました。ペトロは主イエスにこれからあなたはどこに行かれるのですかと訪ね、私はどのようなところにもあなたに付き従っていきますと言いますが、主イエスは、わたしが行くところに今あなたがたはついていくことはできないが、後でついてくることになると言われ、弟子たちと別れの言葉を告げられました。

 弟子たちは主イエスとの別れを悲しむと同時に、神様に対する信頼もぐらつき始め、なぜ神様は私たちを見捨てて、主イエスとの別れをもたらすのかと動揺していたでしょう。主イエスがどこ行き、何をされるのかがわからない。今まで一緒にいた時間は何だったのか、無駄になってしまうのかという焦りもあったのだと思います。それ故に心を騒がせていました。

 そこで主イエスは、弟子たちに「神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」と言われます。信じなさい、これは命令系の表現ですが、この箇所について調べていたところ、注解者によっては、文法上、命令形、命令法だけに取ることはなく、直接法にも訳せるとも書いてありました。その場合、あなたたちは信じている。神を信じている、と現在の弟子たちの状況を語っていることになります。弟子たちはここで初めて信じることができたと言っているのではなく、もう既に信じているのだから、この後も信じなさい、信じたら良いではないかと、このように受け取れるということです。そんなに不安なら、神様を信じればいい、信じなさいとただ手段として言われているのではなく、ここでは弟子たちの心情を受け止めつつ、あなたがたは決して私から永遠に離れていくものたちではなく、既に神様と共にいるのだから、神様のもとに留まりなさいと、弟子たちとの関係に触れて、告げているのです。

 そしてもうひとつ、ここでは私を信じなさい、すなわち主イエスをも信じるということが言われています。あなたたちが神様を信じ続けることができるようにしてあげるから、私をも信じなさいと言っているようにも聞こえます。主イエスが神様への信仰の取次をしてくださる方ということでしょうか。しかし、この後語られる主イエスの言葉からは、そのような取次役としての主イエスの姿はありません。

 それは、この後、弟子たちとのやりとりをも通して、主イエスは父という言葉をたくさん使っているからです。「わたしの父の家には住む所がたくさんある。」、「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」弟子のフィリポがその御父をお示しくださいと尋ねると、「わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。」と言われました。父なる方という別の方がいて、それを主イエスが紹介するのではなく、私を見たものは父を見た、わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると言われたので、父と主イエスとはひとつであると言っているのです。別々のどこかにいるのではなく、既にあなたがたは天の父を見ている、天の父と共にいるのだと。

 ここで主イエスは神様のことを父なる神様と言っています。通常、この父という言葉はユダヤでは先祖を現す言葉で、神様はアドナイ、主と言われる方です。ヘブライ語でアッバと言われるのが父という言葉です。非常に親しみのある表現ですが、このアッバ、父というのを神様に当てはめているわけです。どこか遠くにおられて、威厳を持ち、直接関わることのできない天の神様というイメージを、主イエスは変えられました。神様は父である神様であり、子供を愛する方であると。親と子としての関係として、非常に近しい関係であるのと同時に、それは全く別々のものではなく、ひとりの神様であり、主イエスを見るものは、父なる神様を見ている、だから主イエスと一緒にいることにおいて、そこでは神様も共におられるということです。私たちはこのキリストの姿を直接見ることはできませんが、聖書を通して語られる主イエスの言葉を聞いて、主イエスを知り、父なる神様を知ることができるのです。

 父なる神様と主イエスがひとつであるということを語られながら、主イエスは父なる神様の心を自分の心として、弟子たちにこう言われます。「わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。わたしの名によって何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」これは祈りです。主イエスの名によって祈るならば、何でも叶えるという主イエスの愛の心が示されています。祈ったら何でも叶えてくれると思えば、自分の願いを全て叶えてくれると思い、お金を出して欲しいとか、健康で丈夫な身体にしてほしいとか、そういう願いを思い浮かべることかと思います。また、祈りということも、私たちはよく祈りが足りないから、もっと祈らなくてはいけないとか、神様の御心に叶った、整えられた立派な祈りを祈らなくてはいけないと思うことがあるかもしれないし、聞くことがあるかもしれません。何でも自分の願いを自分の思い通りに聞いてくれる便利な神様とか、祈りは大切だから、祈らなくてはいけないという義務感から来るものは、いずれも自分自身の中で神様とは、主イエスとはこういう方であり、こうでなくてはいけないという価値観に縛られているように思えるのです。しかし、この主イエスの言葉は、自分の思うとおりとか、義務感から来る自分の心を超えて、主イエスからの招きの言葉であるということに気付かされます。何か悩み、困ったことがあるなら、いつでも私のところに来なさいという招きです。あなたの心全体を含むすべての思いを、私の心が受け止めるから。あなたは一人で悩まないで、私の名を呼び、私を求めなさいと。求めるあなたの心に私の心は動かされるからと、そのような愛のメッセージを主イエスはここで私たちに語ってくださっているのではないでしょうか。

 マタイによる福音書11章28~30節で主イエスはこう言われます。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」この招きの言葉と、私の名によって願いなさいというのは、重なってまいります。そして、「わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。」というのは、私の心を心として、これからは歩んでいきなさいということでしょう。主イエスは父なる神様とひとつであることを示され、また私たちに対しても、あなたがたは私から離れているものではなく、私の心によってあなたがたは新しく生きていくのだと言われている。それが私を信じなさい、私のもとに留まりなさい、わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。という主イエスの心であり、私たちを見捨てはしない神様の慈しみなのです。あなたは一人ではなく、この私と共にいるというメッセージです。

 何でも叶えてくださる、主イエスはあなたに与えたい方であるということです。あなたに愛を与え続けて、共にいると言われる方なのです。何でも叶えられることによって、あなたがちゃんと生きられるようにと、導いてくださる方であるということです。そして、主イエスが父なる神様との交わりの内にあって、神様とひとつであるように、私たちもこの主イエスによって招かれて、主イエスと交わり、主イエスとひとつにされて、主イエスの心を生きていくのです。主イエスの心は与える心です。愛を与える心です。叶えてくださった恵みに感謝して、その喜びから今度は他者に与えていく心に変えられていくのです。あなたは一人ではない、あなたの願いを叶え、あなたを見捨てはしない方が共にいてくださるのです。それを主イエスは弟子たちに伝えたかったのです。あなたたちは既に天の父なる神様を見ている。その方は決して遠い方ではない。あなたがたの願いを叶え、あなたがたと共にいる。その方は私たちのために場所を用意してくださり、私たちの道となり、真理となり、命となってくださる方です。このキリストの心の内に、安心して歩んでまいりましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。