2017年5月21日 復活後第5主日 「愛する者の涙」

ヨハネによる福音書14章15~21節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 先週の福音書に続いて、主イエスの告別説教、つまり遺言と言われている箇所から御言葉を聞いております。この告別説教は結構長いもので、ヨハネによる福音書の13章から17章まで続いていますが、その最初の13章の冒頭にはこう書いてあります。「イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。」(13:1)この世から父のもとへ移る御自分の時が来た。ようするに、主イエスが十字架につけられて、地上でのご生涯を終える、別れの時が来たということです。そういう意味で、残り少ない地上にいる時に語られた主イエスの告別の言葉、告別説教と言われているのですけれど、ここには世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。ということも同時に書かれています。弟子たちを愛している。いやさらには愛し抜かれているんだと。ここを口語訳聖書では最後まで愛し通されたとなっています。その弟子たちとは、弱い姿ばかりが目立つ人たちです。ユダは裏切り、ペトロたちはいずれ主イエスののもとから逃げてしまうだろうと主イエスから言われます。その弟子たちへの愛を貫いている主イエスの姿があるのです。この私の愛にあなたがたは安心して留まりなさいと言わんばかりに、この弟子たちへの愛、私たちへの愛をひたすらに語り、弟子たちの足を洗った洗足の出来事などを通して愛の姿を現してくださっているのがこの主イエスの告別説教の主旨なのです。

 弟子たち、私たちが主イエスから愛されているということは、主イエスは一人ひとりのことをよく知っておられるということです。自分の弱さも小ささも、惨めさもすべて知って、受け止めておられる。私たちのことをよくよく知っていてくださるところで、主イエスは今日の福音書で「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。」と言われました。わたしを愛しているかという疑問系ではなくて、愛しているならばという想定の言葉を取り、後ろの言葉と繋がります。後ろの言葉というのは、わたしの掟を守るということです。主イエスの掟を守るものは、主イエスを愛しているものなのです。大事なのは、主イエスの掟です。この掟とは、13章34節で主イエスが言っておられることです。「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」互いに愛し合いなさいということですが、「わたしがあなたがたを愛したように」とありますように、ここにも主イエスの弟子たち、私たちへの愛がまず先に語られているということです。互いに愛する者となる私たちのことを知っていてくださる。どちらか一方ではありません。どちらか一方が愛するということではありません。私もあなたも愛する者となるのだと。そんな私もあなたも主イエスが知っていてくださり、受け止めてくださっているから、互いに愛するというのは、どんな相手でも知ろうとし、理解して受け止めるということでしょう。

 ですから、主イエスは唯、私たちに互いに愛し合いなさいと言っているのでもなく、愛するとはこういうことだよと愛仕方についてのマニュアルを述べているわけでもありません。まず自分が愛されている、自分のことを知っていてくださる。まずそのことを自分が受け止めることです。どんな自分でも、そのありのままの自分自身を知っていてくださり、受け止めてくださっている。だから、自分がその本当の自分を知り、受け止めることが大事です。愛する者というと、チャーミングで愛嬌がある人とか、優しい人とか、そのように受け止めてしまい、自分なんかには無理だろうと思ってしまうことがありますが、そういうことではないのです。ありのままの自分で、自分の言葉で、自分のその姿で相手を愛していく愛する者となるのです。それは自分の愛し方はこうだよと言って、相手に愛の形を押し付けるものではありません。これが私流の愛し方だと言って、それに拘るのは相手を愛するということではなく、相手を支配することです。ありのままの自分の心を互いに開きあって、お互いを知ろうとするのが愛することではないでしょうか。そのようにして、相手と関わりを持っていくのです。

 主イエスを愛する者はこの掟を守るものです。この新しい愛の関係に生きて、主イエスが絶えず、このありのままの私や相手を愛し、受け入れてくださっていると信頼し、主イエスと共に歩もうとするものが主を愛するものです。私たちが何かできるから、主イエスを愛しているということではなく、この私を知っていてくださるという恵みと祝福に与り、主を信じる者が主を愛するものです。

 そして、主イエスは自分がこの世を去った後に、別の弁護者を遣わして、永遠にいてくださると約束してくださいました。この弁護者というのは、パラクレートスという言葉で、弁護者、慰める者、助け手といろいろ訳せますが、元々は傍らに呼ぶという意味です。傍らにいてくださる方です。それが真理の霊であると言います。その人に真理をもってして弁護、助けてくださる霊です。真理ですから、真実を歪めて、その人を甘やかすということではありません。あなたの人生の傍らにあって、あなたはあなたでいいんだと、そのようにあなたの命を弁護してくださる真理の霊です。私自身のことを常に受け止めてくださり、私自身を教え、導いてくださる弁護者です。あなたから片時も離れず、あなたを愛している、あなたを知り、受け止めているよという主の御心を告げているのがこの弁護者です。私を知るために、私自身が弁護されて、生かされているということです。

 私ごとで恐縮ですが、神学校3年生の時に宣教研修という7ヶ月間の実地研修(札幌)に行き、いよいよ研修を終えるという時期に、最終評価をいただきました。評価ですから、研修項目の中で、点数をつけられるわけです。そしてコメントも書いていただきます。そのコメントの中で、ご指導くださいました先生がこういうことを書かれていました。みんなから愛されていたと。その時は、評価のことばかり気にしていて、自分はどれだけのことができたか、できなかったかそのことだけに固執していて、愛されていたというのを、愛されキャラなのかなとか、皆さんから優しくしていただいてことなのかなとか、そういう形でしか受け止めていませんでした。しかし、それは皆さんから弁護していただいということで、本当の自分を知るひとつの手がかりでした。愛されている、皆さんから研修生である自分のことを知っていてくださり、受け止めていただきつつ、その上でここはこうしたほうがいいとか、あれは良くなかったとか、様々なコメントを書いていただき、そのひとつひとつの言葉が、自分を知り、自分を振り返るものであることに気づかれたのです。そして、自分が弁護されるということは、自分の自己正当化、自己の価値観だけで自分のことを知ろうとすることを打ち破り、本当のあなたはこうではないのかという気づきであり、恵みでした。愛されるということは、それだけ自分のことを見ていてくださり、知って下さり、だからこそ、この私にこのことに気付いて欲しい、ここは治してほしいという声をかけてくださったことなのだと思います。それだけ、あなたは見られ、知られているのだから、そのあなたの本当の自分を知り、受け止めなさいというアドバイスであったように思えます。

 主イエスがまず私たちを愛してくださっている。愛し抜いてくださっています。弟子たちの弱さ、惨めさを知っていました。弟子たちが裏切ることも知っていました。でも、弟子たちはまさか自分がそんなことをするわけがないと、自己弁明し拒絶しました。しかし、主イエスはこれからするであろう弟子たちの行動をはっきりと言われます。その弟子たちを愛されたのです。その弟子たちに弁護者を送って、永遠にあなたがたと一緒にいて、私はあなたたちと繋がっているよと約束してくださいました。この弟子たちと私たちの姿を重ねます。私の愛に留まりなさいと言われる主イエスの愛によって生かされ、本当の自分を知っていけることができれば幸いです。

 そして、ここで主イエスはこうも言われました。「かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。」と。他のどこいるのでもない、私はあなたがたの中に、ありのままのあなたの中にいる。あなたがたを決して見捨てず、放ってはおかないと言われました。そのように、キリストは私たちとの親密な関係を築いてくださっているのです。あのパウロは、ガラテヤの信徒への手紙2章20節でこう言っています。「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。」だから、私たちは真理の霊を通して、キリストが一緒にいてくださる、あなたの内にあって、キリストが本当のあなたを生かしてくださるのです。このキリストの愛に留まり、キリストの愛の掟に自分を委ね、愛する者として歩んでまいりましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。