2017年6月18日 聖霊降臨後第2主日「絶えず語られる神の愛」

マタイによる福音書6章24~34節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 思い悩むなと今日の福音書で主イエスは何度もそう言われます。思い悩む、これは私たち人間にとって最も身近で大きな問題のひとつであります。この思い悩みから解放されるところに神の救いがあることを聖書は私たちに伝えています。

 思い悩むとは思い煩うとも言います。煩わしくて心の内が定まらない状態です。この思い悩むという言葉は、元は分割するという意味から来ているそうです。だから、思い悩むとは心が分割している、ようするに心が定まらず、心がバラバラになっている状態です。あれもしたい、これもしたい、これになりたい、あれにもなりたいとか。または、あれもしなくてはいけない、これもしなくてはいけない、あれにもならなくてはいけない、これにもならなくてはいけないと、そのように心が欲張りになっていて、今、自分にとって本当に何が必要で大切なことは何かということを見失っている状態です。忙しい私たちはその問題を身近に抱え、あくせくしながら日々の歩みを歩んでおります。

 食べ物、飲み物、着るものは生きていく上で、より大切なものでしょう。それらのものを確保するための思い悩みは尽きません。忙しく働かなくてはならないからです。ただここで主イエスは「命のことで、体のことで思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。」と言われます。命とは魂とも訳せる言葉です。ただ肉体を維持していくだけの命という意味ではなく、その人の全存在を表す言葉です。その全存在、価値は、食べ物、飲み物、着るもの、またはお金や地位や名誉、目に見えるどんな宝石にも優って、大切ではないかと言われるのです。あなたたち一人一人の命、体はそれほどに尊く、大切なのだと。そのことを、主イエスは空の鳥と野の花を指差し、私たちをそちらに振り向かせるのです。よく見なさいと。何を見るというのか、空の鳥は種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。野の花は働きもせず、紡ぎもしない。空の鳥も野の花も何かしたから価値があり、大切にされるという権利を確保できたわけではない。それこそ、何もしていない姿だけが映ります。

 けれど、主イエスは私たちに空の鳥、野の花そのものを見習って、あなたがたもああなりなさいと言っているわけではありません。空の鳥が養われていること、野の花が装われている事実に目を向けさせるのです。空の鳥、野の花の姿を通して、それらを養い、装っておられる天の父なる神様の愛と慈しみに私たちを振り向かせるのです。さらに、空の鳥、野の花も神様によって命が、言わば存在が与えられているということです。空の鳥、野の花の姿の内に、神様の栄光が表されている。あなたがたは空の鳥、野の花以上に価値があり、神様によって養われ、大切にされているではないかと言われるのです。

 だから、自分の命や体のことで思い悩むなと言われます。あなたの全存在は天の父の内にあって、その養いの内にあるのだから、安心しなさいと言わんばかりに、主イエスは私たちの意識を方向転換させるのです。

 種もまかない空の鳥、紡ぎもしない野の花を見て、それらが神様の養いの内にあるのだから思い悩むなというのは、私たちもそのように働かず、じっとしていなさいと言われているのでしょうか。思い悩む必要がないのは、神様が全て養い、命を保持してくださるから、それに信頼して楽観的になれと言っていることなのでしょうか。

 主イエスが言われる「思い悩むな」とはそういうことではないのです。34節で主イエスはこう言われるからです。「だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」その日の苦労はするのです。その日の様々な働きはするのです。でもそれはその日だけで十分であり、それが明日、明後日にまで及ばないと言います。その日の苦労を、その日にしっかりと受け入れるということであり、それは今、自分にとって、自分の立ち位置、環境の中で成すべき大切なことを誠実にこなしていくということです。

 思い悩みの正体は、先ほど「今、自分にとって本当に何が必要で大切なことは何かということを見失っている状態」と言いましたが、あれもこれも気にかけて、成すべきことが定まらず、その日の苦労に誠に向き合えないことにあるのです。今この時を生きる自分自身が、その日の労苦を受け入れることができないほどに、心が定まっていない思い悩みがあり、主イエスはその思い悩みから解放されなさいと言われるのです。思い悩むなというメッセージは何もしなくて良いということではなくて、その日の苦労を、その日に受け入れ、それを誠実にこなしていくのです。

 なぜそれが可能なのか。その日の苦労ですら私たちは思い悩むはずです。主イエスはこうも言われます。「あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」神の国と神の義というのは、神様のご支配ということです。それを求めなさいというのは、そこに信頼しなさいということです。信頼して、そのご支配の内に苦労して生きなさいということです。もう苦労はせず、楽に生きられるから思い悩まなくて大丈夫だよとは言われません。苦労はします。しかし、その苦労は神の国と神の義から来る神様のご支配とご計画の内から来るものであり、与えられるものでもあるのです。それが明日、明後日、ずっと続いていく苦労に縛られ、思い悩まされるようなものは与えないのです。その日の苦労を、それがあなたが生きているという命の証をもってして、神様は与えられますが、その苦労は人間の思い悩みから出るバラバラで先が見ないものではなく、神の支配という神様の心配りの内にある労苦であって、その労苦を通して、今のあなたはあなたらしく生きていきなさいと導き、支え、その労苦の内に、必要なものを全て与えてくださる神様の養いの内にあるのです。

 主イエスはまた「思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。」と言われます。寿命をわずかでも延ばすことというのはその通りですが、思い悩めば悩むほど、よりよい成果が発揮できるのかということでしょう。私たちが思い悩む根本の原因の一つがここにあるように思えます。寿命をわずかでも延ばしたいと思うのです。そこに安心を求めようとするのです。自分では思い悩んでいるつもりはなくても、常に何かを想定し、考え、重い荷物を背負っている状況に近いのかもしれません。あれもあれば、これもあれば、何かに対処できる。確かにそのように備えることも大事ですが、そればかりに固執して、重い荷物が今の目の前の苦労に備えるためのものではなく、明日,明後日のものにまで及んでいて、ずっとその重さが変わらず、疲れを覚えるところに思い悩みがあるように思えます。重い荷物は使って減らし、新たな荷物は明日考えて、明日背負っていくものとする。もうその日の荷物を降ろして、あとは神様の支配に信頼し、委ねるということを覚えたいと思うのです。

 私のカバンはよく重いといろんな人から言われます。その中で一番重いものは聖書です。思い聖書を常に持ち歩いています。なぜ常に聖書を入れているかと言うと、いつでも聖書を読める状態にしておいて、何かあった時に、すぐに聖書の言葉を確認するためであると自分ではそう思っています。しかし、ある人に言われたのですが、そんなに常に持っていても、しょっちゅう読まないでしょう。遊びに行く時やリラックスするために出かけていくのに、荷物を重くしてどうするの。そういう時くらいは置いていき、荷物を軽くしないと、疲れるだけで、全然休まらないよと。しかし私は、いやこういう仕事をしているから、常に聖書をもっていないといけないんだと勝手に思い込んで、結局常に読んでいるわけではないのに、荷物を無駄に重くして、疲れをためているわけです。常に聖書をもっていても、読んで使わなければ意味がないわけです。それで何か牧師の働きができるわけではないわけです。そこに寿命をわずかでも延ばそうとする私の思い悩みがあるのだと思いました、確かにその人の言うとおり、出かける時には、実際そんな頻繁には読んでいないわけです。でもなんかそれを常に持ち歩いていることで、寿命をわずかでも延ばそうとするかのように、変に安心感を覚え、ただ疲れを増しているだけなのです。本当の自分は寿命を延ばすどころか、思い悩んで、疲れを覚えているだけなのです。本当に必要な時、備えられた時に、それを使っていかなくては意味がないわけです。博物館や美術館に行って、コインロッカーに自分の荷物を一時置いて、作品を見ている時の肩の軽さに驚かされ、新鮮味を覚えたことは何度もあります。

 「思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。」確かに、その日の苦労はします。今この時を生きる私たちには各々がしなくてはいけないことがあります。けれど、その日の苦労はそれで十分であり、終わりがあって、あとはその重荷を降ろして、天の神様に委ねていいのです。明日のことは明日自らが思い悩むのだから、思い悩みが助長したところで、寿命をわずかでも延ばすことはできないのでしょう。私たちに命を与え、そのままに養ってくださるかたがおられるのですから、自分で自分の寿命を、自分の働きにおける成果を自分で引き伸ばすことはできないのです。その方のご支配のうちに、自分の存在があり、それ故に自分の分際をわきまえて、その日の苦労に誠実に生きていくのです。だから思い煩いの中に生きるのではなく、神の国と神の義の恵みの内に、今を生きて、明日の労苦は明日与えられるものですから、あとは荷物を下ろすようにして、天の神様に委ねて、歩んでいきましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。