2017年10月8日 聖霊降臨後第18主日「心から兄弟を赦す」

マタイによる福音書18章21~35節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

このマタイによる福音書18章は教会の共同体について記されており、私たちは2週連続この章から御言葉を聞いてまいりました。その共同体の群れにおいて、小さい者を軽んじてはいけない、つまずきをもたらして、罪を犯す機会を作ってはいけない、そして「これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない」と主イエスは言われ、また罪を犯してしまった兄弟に対しては、その罪を戒め、その兄弟との関係を大切にしていきないと弟子たちに、そして私たちに教えています。

この兄弟との関係について、今日の箇所でペトロは「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」ということを主イエスに訪ねました。兄弟が罪を犯したらその兄弟の罪を戒め、聞き入れてもらえれば、あなたはその兄弟を得たことになると、弟子たちは教えられました。その兄弟が罪を自覚し、悔い改めへと導いていかれるかどうかということが問題です。それは同時に、自分自身も兄弟の一人として、自分の罪を自覚し、罪を告白して悔い改め、神様から赦されて生きている喜びを抱いているかどうかということでもあります。自分の罪が赦され、赦しの喜びを抱いて、神様との関係をもう一度新しく初めて歩んでいくように、兄弟の罪も赦されていることを互いに喜び合うことができ、そこからまた新しく、その兄弟との新しい歩みが始まっていくということでもあります。天の父は兄弟の誰ひとりとして、罪において滅んでしまうことを望まれてはいないのです。どうにかして、その罪を覆い隠し、なかったことにできれば幸いだということではなくて、その罪を戒めて自覚し、赦しということにおいて、滅びの道から救おうとされている神様の愛の御心が根底にあるのです。

これは小さい子供が、親から怒らないから、悪いことをしてしまったことを正直に言ってごらんと言っているような思いがします。そういう言葉に限って、大概の親は怒って叱りつけるのですけれど、その悪いことを悪いこととしてちゃんと受け止めて、その悪いことによって、あなたはもう私の子供ではないと突き放すのではなく、その悪いことはどういうことかということを共に考え、それでもあなたは大切な私の愛する子供であると抱きしめてくれている親の愛が分かれば、子供は安心してその親のもとで成長し、歩んでいけるのではないかと思います。

主イエスは罪を犯したものを裁くということにおいてでもなく、また罪をなかったことにするということにおいてでもなく、赦すことにおいて、その者とこれからも関わっていくという思いを私たちに伝えています。そのように赦しは互の関係を再形成する大きな力でもあります。そこでペトロが質問した先ほどの問は、赦すことの具体性について言っていることではないかと思います。赦すとなると、実際にどのように赦していくのか、いやそれよりもまず、どこまで赦せば、完全な赦しとなるのか、その具体的な境界線をペトロは訪ねているのです。ペトロ自身、赦しには限界があると思っています。それを自分の力と忍耐力で計算しているからです。主イエスは罪を犯した兄弟との関係を大切にせよと言っている。そのためには罪の現実と向き合っていかなくてはならないが、自分はどこまでその兄弟の罪を赦していくことができるか、それを主イエスに訪ねて確認しておかなくてはならない。自分としては7回までなら、なんとか頑張って赦せる自信がある。7回を超えたら、もう赦せる自信はありませんと言っているような気がします。

主イエスは彼の質問に対して、「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。」と言われました。単純に聞いて理解するなら、七回では全然足りないから、七の七十倍、つまり四九〇回赦しなさいと言っているように思えます。途方もない数です。しかし、~までとは言わず、~までもと言いますから、どうやら四九〇回が目安ですと言っているようではないようです。七の七十倍までも、はたまた七の七百倍、七千倍、七万倍までもと続いているように思えます。ですから、七の七十倍までが目安ではなく、赦しというのは、回数にすることはできず、赦すということにおいては、終わりはないのだとペトロに言っているのです。赦すということにおいて終わりのない生き方を告げているのです。これを自分の力と忍耐力でやっていこうとしたら、私たちはただ疲れを覚えるだけで、何の喜びも抱くことはできないでしょう。

そこで主イエスは罪を借金の負債に例えて、例え話をされます。そんなに解釈が困難な物語ではないかと思います。一万タラントンと百デナリオンの借金があります。一万タラントンは五千万デナリオンです。一デナリオンは一日の賃金だと言われています。だから、百デナリオンなら百日分、五千万デナリオンは五千万日分の賃金です。その差は歴然としています。

物語に登場する家来は、一万タラントンを王様から借りていて、百デナリオンを同僚に貸しています。ある日、王様が借金の決済をしようとしたところ、一万タラントンの借金をしている家来から、その借金を返すよう伝えます。その時家来は返済できなかったので、王様は持ち物を全て売り、さらに家族を売ってでも必ず返しなさいと言います。追い詰められた家来は「どうか待ってください。きっと全部お返しします」としか言えませんでした。そうすると、この王様はその家来を憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった、と言います。一瞬で帳消しになったかどうかはわかりませんが、とにかく一万タラントンという借金の負債はなくなったのです。もう彼がその負い目を負う必要はなくなったのです。それはとんでもないことでした。この借金の損失をこの王様が全て引き受けられたのです。王様の損失は計り知れないものだということがわかります。その借金を抱えている家来の苦しみを己の苦しみとして受け止め、その苦しみをこの王様が全て引き受けたのです。

ところがこの後、この家来は、自分に借金をしている同僚の借金を返すよう言いますが、家来と同じ態度をとったこの同僚を赦すことはせず、牢に入れてしまうのです。そのことを聞いた王様はこの家来に怒り、彼もまた牢に入れられてしまうのです。「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」、それが理由でした。

この話を聞くと、この家来のことをこう思うかもしれません。自分は借金を帳消しにしてもらいながら、人の借金を厳しくとりたてる。自分の負い目は棚に上げて、人の負い目に関しては厳しく追及する自己中心的な人間だと。だから、この家来は最後に自分が牢に入れられてしまった。当然の報いであると。また、返せない一万タラントンは、返せる計画もないくせに、必ず返すと嘘をつき、それが帳消しになって喜んだかと思ったら、百デナリオンという自分が得るべきお金に関しては、容赦なく取り立てる。自分さえよければ良いと思っている家来の姿が見えるかもしれません。また、一万タラントンも帳消しにしてもらったのだから、百デナリオンぐらい帳消しにしてやればいいではないか、心が狭い人間だと思うかもしれません。

しかし、いずれの見方も、この物語はそのような意図を私たちに告げてはいないようです。主イエスは最後の35節で「あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、」と言います。要するに、心から兄弟を赦しなさいと私たちに告げているようです。我慢してとか、義務的なことからではなく、心から、心の奥底からすっかりと、赦しなさいと言われます。それが、七の七十倍までも赦しなさい、赦すということは終わりがないと言っていることです。回数の問題ではなく、心からその兄弟の罪を赦すことができるかどうかということにかかっているのです。この家来のけちくささとか、自己中心的な人間にならないようにしましょうということを私たちに伝えているのではないのです。

王様はこの家来が自分の力で借金を返済することはできないと知っていたでしょう。ただ、できようとできなかろうと、借金は借金ですから、それが消えることはないので、決済の時に、そのことを明らかにしなくてはなりません。家来に訪ねます。何としてでも返しますからと家来は言います。どうしたものか。その時王様はその家来の借金を自分が背負っていくことを選択したのです。その家来を奴隷にしたのでもなく、家族を売り飛ばしたのでもなく、まして牢屋に入れたわけでもなかったのです。また、その家来の言い分に感激したわけでもなかったのです。ただ、その家来が自分の大切な家来であるということ、大切な家来としてこれからも自分のもとにいてほしいという思いから、その借金を帳消しにしたのです。家来の借金を自分が請け負うことによって、この家来はこの王様との関係が再び結ばれ、その新しい歩みが与えられたのです。つまり、その借金を負ってくれることによって、この家来は新しい命を得たとも言えるのです。

ただあなたが私のもとにいて、私と共に歩んでほしい、その憐れみからこの家来の借金を帳消しにしました。この家来が自分のもとを去り、返せない借金で苦しみ抜くのを見ることは耐えられなかったのです。借金だらけのこの小さな家来の一人をも失うことを王様は望んでおられず、それが王様の心の思いではなかったのです。ただあなたが、私と共にいて、わたしと関わって欲しい、それが王様の望みでした。

この家来はまず自分が赦されていることを受け止めきれなかったのです。自分が赦されて、王様から価値あるものとして、喜んで歩んでいくことを実感できなかったのです。あなたの人生における様々な負債をこの私が全て負うから、わたしと共にいてほしいという王様の心がわからかなかったのです。同僚の借金が赦せなかったのは、そのためです。また、これは王様からそのように赦してもらうために、自分も相手を赦さなくてはいけないということを伝えてはいません。それは心から相手を赦すことではないでしょう。まずこの家来が莫大な借金、人生そのものの負債と言えるものを王様が請け負ってくださり、その負い目を担われて、その家来との関係をずっと大切にしていきたいという王様の憐れみがあることを知りたいのです。その家来と同じようにして、私たちが生きていくために、私たちも何かしらの借金をし、生きているのだということです。神様はそれらを貸し与えでも、わたしたちひとりひとりとの関わりを大事にしてくださり、受け止めてくださっています。負債を負ってでも、私たちと共に歩まれることを望んでくださるのです。その限りなき赦しとは、主イエスの十字架によって成し遂げられて、誠のものとなりました。この十字架は、神様と私たちがもう一度共に歩んでいくことを望む愛の御業であり、かけはしとなりました。

私たちが心から兄弟を許すというのは、その兄弟との関わりをもう一度初めていくことです。それは兄弟の要求やわがままを全て受け入れなさいということではありません。先週の箇所で罪を戒めなさいとも教えています。兄弟の罪の戒めと、赦しを通して、その兄弟が決して神様から見放されているわけではなく、神様はむしろあなたが生きていくことを望まれ、共に関わっていかれることを望んでいるということを、自分との関わりにおいて表していくことです。兄弟の罪を誠に赦してくださるのは、この主イエスの十字架であり、神様の憐れみです。主イエスは罪の負債を返済せよと言って、私たちに近づいて来られたのではなく、あなたの負債はこの私が全て背負うから、望みを捨てず、私に結ばれて、兄弟との関係を大切にしてほしいと言われます。

私たちは罪ある弱いものたちですが、そのことを卑下するのでもなく、また自分たちが正しくなろうとすることを目的とする共同体ではありません。神様が自分たちの罪を赦してくださり、自分たちの関わりを大切にしてくださり、そこに生かされていることを喜び合う共同体です。ああ、今日もあなたに会えた。私も赦され、あなたも赦されている。誰ひとりとして欠けてしまうものはいない。共に赦されることを喜ぶものとして、私たちも兄弟の罪を赦すのです。赦すことができるのです。この喜びから、心からの赦しが生まれるのです。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。