2017年12月10日 待降節第2主日「心の向きを変えて」

マルコによる福音書1章1~8節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

アドベントクランツの2本目のロウソクに火が灯り、待降節第2主日の礼拝を迎えました。先週の子ども礼拝の中で、英語のアドベンチャーという言葉がラテン語のアドベントからきているということを話しました。アドベンチャーは冒険と訳され、自分が何か新しいことに挑戦するという意味ですが、本来、到来を意味するアドベントから来ている言葉として考えると、自分が何かをするというよりも、向こうから突然到来してくることですから、突然の予期せぬ出来事を受け止めて、自分自身が変えられ、新しく生まれ変わるということを意味しているのではないかと思います。

クリスマス物語に登場するマリアやヨセフ、3人の博士たちも予期せぬ出来事を体験した人たちです。そこにはいきなり喜びが描かれているのではないのです。最初彼らはうろたえつつも、神様の御言葉に導かれて、神様が彼らと共にいて、その真実を受け止め、真の喜びを知るのです。その喜びの姿に新しい人間となった彼らの姿が重なるのです。そして、彼らの物語は私たちの物語でもあります。彼らが特別に優れている人間だから体験したクリスマス物語ではなく、神様が彼らを導き、共におられるからこそ、彼らはその予期せぬ出来事を受け止め、神様と共に新しい道を歩んでいく新しい人間へと変えられていったのです。彼ら自身が自分の力で道を切り開いたのではなく、神様が共におられて、共に新しい道を歩んでいくのです。それは私たちも同じなのです。神様の御子である救い主イエスキリストは私たちの只中に到来します。その時、私たちは神様に導かれて、自分自身が変えられる時であります。クリスマス物語は私たちの物語、私たちが神様によって変えられ、新しい人とされる奇跡の物語なのです。

今日の福音書は洗礼者ヨハネの物語ですが、マルコによる福音書の冒頭は主イエスの誕生を記さず、このヨハネから登場します。けれども、1節からの始まりは「神の子イエス・キリストの福音の初め。」と記されています。これもマルコ福音書にしか記されていません。福音というのは喜びのおとずれという意味です。この喜びの初め、とありますから、ここから始まっていくということです。それが神の子イエス・キリストのとありますから、主イエスによってもたらされていく福音の御業と聞こえます。しかし、これはイエスキリストのなさる御業が福音というより、イエスキリストご自身が福音であるということです。キリストが何かをするからそれが喜びになるのではなく、キリストご自身が福音であり、喜びであるということです。先ほどマルコ福音書は主イエスの誕生を記してはいないと申しましたが、主イエスキリストという福音がここから始まっていくという描き方は、キリストがもたらしていく福音がここから誕生し、開始されていくということを私たちに伝え、同時に福音であるキリストのいのちがここから始まっていくということでもあるかと思います。

このイエスキリストという福音の開始という喜びの中で、ヨハネが登場するのです。ヨハネの言葉は福音の始まりと連結しているのです。洗礼者ヨハネ、彼はエルサレム神殿で奉職する祭司の息子であったと言われていますが、彼は今、エルサレム神殿ではなく、エルサレムから遠く離れたヨルダン川周辺の荒野にいました。荒野とは砂漠とは少し違いますが、人が生きられないところ、人が住まないところであります。人が避けて通りたい場所であると言えるでしょう。そんな人里離れた荒野で、ヨハネは罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えました。そこに「ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て」とありますから、本当に多くの人がこのヨハネのもとに集まってきたのでしょう、皆罪を告白して悔い改め、ヨハネから洗礼を授けられるのです。ここにはユダヤ人だけでなく、異邦人もいたのかしれません。ヨハネは神の民であるユダヤ人だけが罪を告白して、悔い改める必要があると理解したのではなく、全ての人が悔い改める必要がある、悔い改めに招かれていると信じていたのでしょう。

悔い改め、もとの言葉の意味は「方向転換をする、心の向きを変える」というものです。向きを変えて帰っていくのです。どこか新しくところへ行くという意味ではありません。道の途中で方向を変えて、本来帰るべきところに帰っていくのです。それが洗礼を受けることにおいて明らかにされるのです。人々は罪を告白して悔い改めました。罪とは神様のもとから離れていることを言います。ですから、悔い改めて立ち返るところは神様のもとに帰るということです。

悔い改め、方向転換をして神様のもとに立ち返るという時、それを自分自身の力や思いだけで成し遂げようとしてしまうかもしれません。悔い改めることを反省することと同じに受け止めてしまうかもしれません。反省は二度と同じ過ちを犯さないようにと自分を律して、正しい歩みをしていこうと決心することでしょう。しかし、人は同じ過ちを犯してしまいます。またやってしまった、こんな自分はだめだ今度こそ気をつけようと思っても、またしても同じことの繰り返し、同じ道を辿ってしまうものです。反省すること自体はもちろん大切なことですが、同じ過ちを犯しては一人で抱え込んで、また同じ道を辿り、変わりようがない自分の姿だけがそこにあるのかもしれません。

しかし、悔い改めることは、一人だけで成し遂げることではないのです。何よりもまず悔い改めよという招きの声があるからです。この声を人々は洗礼者ヨハネの口を通して、荒野で叫ばれる神の声として聞いたことでしょう。自分からではなく、神様の方から悔い改めて、私のもとに帰ってきなさいとひとりひとりを招いているのです。人々はこの声を荒野で聞きました。人が避けて通りたい生きにくい場所で、なぜこの声が叫ばれているのでしょうか。

荒野とはかつてイスラエルの民がエジプトから脱出して、約束の地を求めて、40年間歩き続けたところです。そこで民は神様の声を聞き、神様と共にモーセに率いられて、導かれていきました。大変厳しい道のりであったかと思います。人が避けて通りたい場所ですから、自分の思うとおりにはいかないところです。生きづらさを感じるところでしょう。一人ではとても生きて歩んでいくことはできません。しかし、神様はこの荒野に彼らを導き、彼らは荒野を通って、約束の地にたどり着くのです。この間、民たちは不平不満を言いますが、神様は彼らにマナという糧を与え、水を与え、泊まる場所を与え、彼らと共にいて、彼らを養い続けました。神様はその荒野の只中にこそ、共におられ、声をかけて導いて行かれるのです。

この荒野での出来事はかつてのイスラエルの民だけが経験したことではないでしょう。生きづらさを感じ、避けて通りたい荒野は私たちの中にも存在するのではないでしょうか。そこでは神様の恵みや祝福とは全くかけ離れたところであると思うかもしれません。自分の力でそこから脱出して、神様のもとに立ち帰らなくてはいけないと思うかもしれません。しかし、神様はまさにそのような生きづらさを感じる私たちの只中にこそ来られ、その荒野を通って、私たちを導いて行かれるのです。大変な道のりかもしれません。予期せぬ出来事の連続かもしれません。それが私たちの人生そのものと言えるかもしれません。けれど、そこで私たちは荒野で叫ばれる神様の声を聞くのです。一人でもがいて苦しむのではなく、私のもとに立ち帰り、私と共に歩みなさいと。あなたは一人ではない。荒野で一人孤独にはさせず、私が共にいて、導いていくと約束してくださるのです。

ヨハネはこの神様の声を伝え、その道しるべとなりました。彼自身は荒野を共に歩んでくれる救い主ではありませんが、悔い改めの洗礼を通して、私たちに神様と共に歩む道を示してくださいました。私たちが自分を律して、新しい道を発見していくのではなく、荒野のような避けて通りたい道を、共に歩んでくださる同伴者がいてくださることを。悔い改めてその方をお迎えし、共に歩んでいく時こそ、私たちが変えられていく時なのです。

イエスキリストの福音の初め、それは主イエスが私たちの只中に来られ、私たちの生きづらさ、避けて通りたい道を共に歩んでいこうと決心された神様の喜びです。私たちがその神様の方向を向きなおしたから、主イエスが来てくださるのではなく、主イエスの方から私たちの只中に、私たちの荒野に来てくださいます。私たちはこの主イエスをお迎えし、主イエスと共に荒野の只中を共に歩むという新しい歩みを歩むために、悔い改めて心の向きを変え、そして自分自身も変えられるのです。私たちではなく、主イエスが導いて行かれる私たちひとりひとりの人生を、共に歩んでまいりましょう。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン