2018年1月7日 顕現主日「羊飼いなる王の降誕」

マタイによる福音書2章1~12節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

2018年最初の主日礼拝を迎えることができ、感謝いたします。今日は顕現主日です。顕現とは隠れていたものが公になって現れるという意味です。主イエスの正体が明らかにされる、救い主として人々の前に公に顕されたということです。この顕現主日には毎年マタイによる福音書に記されている有名な3人の博士の物語から、クリスマスの御言葉を聞いています。

救い主としてお生まれになった幼子である主イエスを最初に拝み、礼拝をしたのは、神の民であるユダヤ人ではなく、異邦人である3人の博士でした。さらに彼らは東の方から来た占星術の学者たちでした。ユダヤ人から見て、東の方とは、かつてユダヤの国を滅ぼし、奴隷として多くの民を連れ去って行き、自分たちイスラエルの神様への信仰を遠ざけようとしたアッシリアやバビロンという国々が栄えていたペルシア地方を指します。ユダヤ人たちにとって忘れられない歴史的な悲しみや苦悩であり、東の方に対する憎しみは大きいものであったでしょう。その東の方で盛んになっていた占星術という星占いの研究をしていた3人の学者、今日では博士と呼ばれていますが、彼らは星占いによって、ユダヤ地方にただならぬ星の輝きを見出し、世界を救うユダヤ人の王が生まれたのであろうと確信し、ユダヤにやってきます。彼らは聖書の御言葉を聞いたわけでもなく、またユダヤ人たちの口を通して、来たのではないのです。

しかし、彼らはすぐに救い主に出会うことができたわけではありませんでした。ユダヤの王だから、当然ユダヤの宮殿にお生まれになったのだと思ったことでしょう。そこで彼らはヘロデ大王によって召集された祭司長たちや律法学者たちという宗教指導者たちの口を通して示された聖書の言葉を聞き、星に導かれて、ベツレヘムに旅立ち、星が止まったところで、救い主に出会い、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げ、主イエスを礼拝しました。彼らの研究分野である占星術の星の動きによって、彼らは救い主と出会うことができましたが、彼らを真に導いたのは、神様の御言葉でした。そして、その御言葉を聞いて立ち上がって救い主を訪ね求めたのは異邦人である博士たちであり、御言葉を聞いても、立ち上がって訪ね求めなかったのは、神の民であるユダヤの宗教指導者たちでした。

この物語は、神様の救いからは全く遠いと思われていた東の方の人々を含め、すべての人が神様の救いに招かれていて、主イエスと出会うことを私たちに伝えています。そこに神の民であるユダヤ人と神の民ではない異邦人の間に距離はないのです。主イエスを信じる人々が神の民であり、そこに信じる人々の出生や民族の違い、差別は全くないのです。神様の招きが全ての人にあり、3人の博士はその招きの声を訪ね求めていったのです。

そのきっかけとなった彼らが聞いた御言葉をもう一度聞きたいと思います。5節と6節です。『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
これは旧約聖書ミカ書の言葉から引用されていますが、少し改変されています。ミカ書を読みますとこう書いてあります。「エフラタのベツレヘムよ
お前はユダの氏族の中でいと小さき者。お前の中から、わたしのために
イスラエルを治める者が出る。」(ミカ5:1)いと小さき者と、決していちばん小さいものではないとの違いがありますが、内容としては、ベツレヘムという町そのものは最も小さいという事実がありつつ、その小ささの中に指導者である牧者が生まれるということを記しています。牧者は羊飼いのことであり、羊の群れを飼い、養い、育てるものです。そしてベツレヘムはあのダビデ王の出生地であり、ダビデも羊飼いでした。預言者はその地からイスラエルを導く王なる羊飼いが生まれるだろうと言うのです。

羊飼いについて、エゼキエル書にはこういう言葉があります。「まことに、主なる神はこう言われる。見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わたしは自分の羊を探す。わたしは雲と密雲の日に散らされた群れを、すべての場所から救い出す。わたしは彼らを諸国の民の中から連れ出し、諸国から集めて彼らの土地に導く。わたしはイスラエルの山々、谷間、また居住地で彼らを養う。わたしは良い牧草地で彼らを養う。イスラエルの高い山々は彼らの牧場となる。彼らはイスラエルの山々で憩い、良い牧場と肥沃な牧草地で養われる。わたしがわたしの群れを養い、憩わせる、と主なる神は言われる。わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。」(エゼキエル34:11~16)
私は自ら探し出す。わたしは自分の羊を探すとあるように、神様が羊飼いとして、羊である民を探し出し、彼らを養われると言います。探し出すということは、神様の方から招いてくださっているということです。そして、失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。と言います。小さき者、弱いもの、貧しい者、失われた者を神様ご自身が命をかけて探し出し、養ってくださる恵みを私たちに伝えているのです。この良き羊飼いが、私たちのために与えられる。全ての人を訪ね求め、招き入れ、恵みを与えてくださる方として、私たちの生きる世界に形となって顕になるのです。

その羊飼いなる王は、エルサレムという大きな宮殿のある町ではなく、ベツレヘムという小さな町に、しかも幼子として降誕されます。ダビデもベツレヘムで生まれ、羊飼いとして暮らし、ユダヤの王様になって、国を納めましたが、それは武力によって納められました。ダビデ自身力に満ちて、武力によって国を治める強い王様でした。しかし、主イエスは、そのご生涯の初めから、小さきところで、最も小さいものとなられ、最期は十字架にかけられて死なれました。そこにはかつて見た力強い王としての姿は微塵もありません。しかし、そのご生涯は、失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。羊飼いとして、共に生きる神の子としての姿につきました。それは、力によって、私たちが抱える悩み、悲しみ、苦しみを取り払う力強い王としての姿ではなく、私たちが抱える悩み、悲しみ、苦しみをご自分のものとして担って下さる良き羊飼いとして、そしてすべての民、すべての人の牧者として導く王として、主イエスは私たちの小ささ、弱さ、貧しさの只中にお生まれになってくださった姿に明らかにされております。王でありながら、ご自身は何も所有されず、神様の言葉をもってして人々を導き、そして十字架の死と復活を遂げられて、私たちに罪の赦しと新しい命を与えてくださるために、この世にお生まれになられました。

主イエスが幼子として、最も小さいものなって、私たちの只中にお生まれになり、その姿を顕にされたことは、私たちもまた、この幼子である主イエスの前で、礼拝に招かれている時、自分の小ささを知り、力を捨てて、神様の恵みに委ねて生きていくことを知らされます。

三人の博士は、ひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げたとあります。そして、別の道を通って帰ったとあります。黄金、乳香、没薬は彼らの財産であるのと同時に、彼らの商売道具であると言われています。商売道具という糧を得るもの、博士としての力や象徴であり、生きる手立てです。それを主イエスに捧げたということは、主イエスによって自分の生きる手立て、命が根本にあるという喜びを知ったからでしょう。この方が羊飼いとして、王として、この私を訪ねもとめ、養って下さる。この方によって与えられている命を生き、共に生きていくという別の道を彼らは歩み始めるのです。

詩篇46編11節にこういう言葉があります。「力を捨てよ、知れ/わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる。」
神様をあがめる、すなわち礼拝し、その神様と共に生きていくに語りかけます。力を捨てよ。力を捨て、真にあなたを養い、あなたを導く方はここにいると。力を捨てたところ、自分の頼りとするものを神様に委ねたところに、幼子イエスとの出会いがあり、その恵みが顕にされます。この方が私たちに与えられた約束の救い主、羊飼いなる王として、私たちを導いてくださるのです。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン