2018年1月28日 顕現節第4主日「権威ある者」

マルコによる福音書1章21~28節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

主イエスの宣教は異邦人の地、辺境の地と言われたガリラヤという地域から始まりました。そのガリラヤ地方にある漁村の町、カファルナウムに主イエスは弟子たちを連れて伝道活動を開始していきます。そして、このカファルナウムは最初の弟子、シモン・ペトロの実家があり、主イエスの宣教の拠点となる場所であります。

安息日の日、主イエスは会堂に入って人々に教え始められました。この会堂とはシナゴーグといわれる場所で、この礼拝堂のように安息日には礼拝を行い、またそれ以外の日には、集会所や公民館のような施設として、用いられていました。ここカファルナウムに住む人々にとっては、エルサレムの神殿に匹敵する人々の寄り合いの場として、多くの人が出入りをしていた建物だったのです。

さて、安息日の日にこの会堂で教えておられた主イエスの教え、その言葉に人々は非常に驚いたと言います。主イエスの教えとは律法学者のようにではなく、権威ある者としての教えであったからだと言うからです。権威とは、権利とか支配、力とも訳せる言葉です。律法学者たちにとっての権威とは神様の掟であるモーセの律法でした。旧約聖書に書かれているモーセの律法を忠実に守り、その内容を人々に教えていたのが律法学者です。モーセの律法を軸に、その解釈や伝統を支えて生きていた彼らの権威がありました。人々はそのような律法学者の権威とは全く異なる主イエスの権威ある教えに驚いたのです。

主イエスの権威ある者としての教え、その具体的な内容はここには記されていませんが、先週私たちは主イエスの宣教開始において、次のように言われた主イエスの言葉を聞きました。「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」。1章15節の言葉です。神の国は近づいた、神の支配はもう来ていると言われます。それは主イエスによって到来し、その救いをもたらす神の子としての権威でありました。モーセの律法という神様の教えそのものが主イエスという神の子を通して具体的に顕されたのです。もはや教えの解釈や伝統という次元ではなく、神様の教え、その力が満ちている神の支配をもたらすお方が、権威ある者として、人々の前に示されたのです。」

主イエスの言葉には力があり、権威ある者としての教えでした。故に人々は非常に驚いたのです。そして、この権威ある言葉の力に反応したのは汚れた霊でした。汚れた霊はこの会堂に通っていた男性に取りついていました。汚れた霊と言われても現代の私たちにはピンときませんが、聖書はこの汚れた霊や悪霊、または悪魔やサタンというものを多くの箇所で描いています。具体的にそれらの正体がはっきりとは描かれていませんが、それらは神様との関係を切り離し、私たち人間に生の苦しみを与えている様々な要因、病そのものと言えます。戦争の問題、いじめの問題、労働の問題、そして人間関係など、私たちはそれらの問題と向き合いつつも、社会の縮図に揉まれ、理不尽さに嘆き、そこに人間の無力さ、自分の無力さに気付かされます。また自分の人生に疲れ、魂の渇きを覚えて、自分自身を見失う時もあります。この会堂に通っていた男性もそのようなものを背負って生きていたのかもしれません。汚れた霊はそのことを指し示しているのでしょうから、決して現代の私たちは無縁のものとは言えないのです。そして、その汚れた霊は、律法学者の教えには反応せず、主イエスの教え、力ある言葉に対して反応しました。

男性の口を通して、汚れた霊は言います。「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」神の子としての主イエスの正体を知っていたのはこの汚れた霊でした。なぜ知っていたのか、それは「我々を滅ぼしに来たのか。」と言っているように、神の子としての権威が、神の国の支配が迫りつつあって、汚れた霊はその力の前になすすべはなかったからです。かまわないでくれ。あなたとは関わりなきことだと汚れた霊は言います。そのように男性から主イエスを引き離そうと、神の支配から引き離そうとするのです。また、この汚れた霊の言葉は人の心を閉ざして、自己と他者との関わりを絶ち、自由を奪う力です。

この力に対して、主イエスは「黙れ。この人から出て行け」と言葉でお叱りになって、この霊を追い出しました。人々はその主イエスの言葉を聞いて非常に驚き、主イエスの権威ある言葉は汚れた霊をも追い出すと信じました。この出来事を通して、神の子の権威、神の支配を打ち立てる主イエスの救いの業が明らかにされたのです。

主イエスの権威ある新しい教えは、主イエスご自身のみ業にあります。そして、主イエスの方から人々に手を差し伸べられ、多くの人と出会い、ひとりひとりとの交わりを大切し、汚れた霊にとりつかれ、生きづらさを感じている人の魂を開放し、自由をもたらしてくださるのです。そこに神の国の支配が形となって顕れているのです。

主イエスのご生涯は、神の国の支配、神の子としての権威を人々の只中で実現されていくことにつきました。それは主イエスがひとりひとりと出会い、共に生きていこうとされる姿に示されているのです。福音書を読み進めていきますと、主イエスは弟子たちにご自分の生涯の目的を次のように話されています。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(10:45)ご自身のことを人の子と言われます。私たちが仕える前に、主イエスが私たちの人生に仕えて、共に歩んで下さる。己の命を私たちに与えて、汚れた霊が蔓延り、生の苦しみを背負う私たちを、再び立ち起こしてくださるのです。神様の教えの権威、それは解釈や伝統を支えるためのものではなく、私たちひとりひとりのためにある、主イエスにおいて実現される神様の権威であり、私たちの生を養う命のありかであります。

そして、キリストの体であるこの教会は、この神様の権威を世に伝えていく器であり、世に生きて、すべての人に開かれている共同体であります。権威ある新しい教えである主イエスを今新たに私たちはお迎えし、この力ある主イエスの命の言葉に生きてまいりましょう。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン