2018年2月25日 四旬節第2主日 「仕える者の恵み」

マルコによる福音書10章32~45節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

「一行がエルサレムへ上って行く途中、イエスは先頭に立って進んで行かれた。」マルコによる福音書はここで初めて、主イエスがエルサレムに向かって歩み始めたことを記しています。そして、33節からご自身がエルサレムで遂げることを弟子たちに語られます。人の子は苦しみを向けて殺され、そして三日目に復活すると言います。そのエルサレムへの旅路に、主イエスは先頭に立って進んで行かれます。弟子たちと共に、その道を共にしていく、弟子たちと共に苦難と死に与るということではなく、ご自身が救い主として神様の救いのご計画をもたらす神の道を進んでいかれることによって、その救いが実現する、成就するということです。それが先頭に立って進んで行かれる主イエスのエルサレムへの旅路の始まりです。その旅路への始まりを私たちに告げているのです。

弟子たちは恐れつつ、そのエルサレムへの道の目的を理解することはできませんでした。そこで、ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、主イエスにお願いをします。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。」栄光をお受けになるとは、主イエスがエルサレムで実現されようとしている神の国、神様の救いのご支配をもたらすことです。神の国をもたらすお祝いの席で、自分たちをあなたの近くに座らせてくださいと彼らは言います。神様のご支配の近くにいたいということは、その支配をもたらす主イエスという権威者の近くにいたい、そして自分たちも特別にその権威の中にあって、権威が与えられ、特別な位置にいたいということでしょう。このことは弟子たちが「自分たち弟子たちの中では誰が一番偉いか、誰が一番主イエスの近くにいるのだろうかと」議論した彼らの姿と重なります。さらに、前の箇所で、金持ちが神の国に入ることの困難さを主イエスが弟子たちに言われた時、弟子のペトロが主イエスに、「このとおり、わたしたちは何もかも捨ててあなたに従って参りました」(10:28)と自己アピールしました。さらに、ヤコブとヨハネの願いを聞いた他の十人の弟子たちは、そのことで腹を立てました。妬んだわけです。あいつらだけ抜け駆けして、主イエスにとりいようとしている。私たちだって、主イエスの近くにいて、何もかも捨てて主イエスに従ってきたのだから、その見返りとして、何か頂けるはずだ、と思ったのかもしれません。だから、ヤコブとヨハネの願いは、腹を立てた10人の弟子たちの願いでもあったということですから、弟子全員の願いであり、願望であったと言えるでしょう。

一見大人げない彼らの主張に思えます。自己保身に陥っているだけの彼らの姿が描かれているように思えます。主イエスに従うキリスト者が、そのように誰が一番偉いだの、自分が主イエスの近くにいるものでありたいなどと願い、固執するのはおかしいことだと思うかもしれません。何もかも捨てて従ってきたと言いつつ、実は捨てきれていない自分が所有していたいもの、自分の功績に拘る、それを認めて欲しいという欲求があります。ただ、この弟子たちの願いの根本には、恐れがあったのでしょう。ここまで従ってきた自分を忘れないでほしい。自分は主イエスの後に従ってきたという足あとをそこに残したい。そこで主イエスと共に生きてきたという証しを残したい。自分の価値を認めて欲しいという願いが恐れから来ている。それは弟子たちに限らず、私たちも人間関係の中で、社会の只中で体験していることではないでしょうか。自分の立ち位置を気にし、自分はこれだけのことをあなたにして、あなたに時間と労力を使ってきたのだから、私のことを忘れないで欲しいと。感謝してほしいと表面的には態度を示さなくても、心の奥底には、そのことが気になり、その思いを他者に押し付けているのかもしれません。

ヤコブとヨハネの願いに対して、主イエスは「わたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」と答えられます。主イエスが受けられる杯と洗礼は主イエスがこれから受けられる苦難を意味します。これを後代のキリスト者たちは殉教の死と受け止めました。主イエスはふたりにこの私と同じ苦しみを負っていくことができるのかと言われたのです。主イエスは人々から見捨てられ、苦難に遭われるのと同じように、あなたがたもキリストの名によって、人々から見捨てられ、苦しみを受ける。あなたたちの足あとは踏みにじられてしまうというのです。そこには全く自分たちの足跡や功績というものは残らないのです。現にこの弟子たちの大半は、最後に殉教の死を遂げていくのです。

主イエスは彼らふたりに、弟子として生きていくことを求めつつ、他の10人も呼び寄せてこう言われました。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。」あなたがたは他者を支配するものではなく、他者に仕えるものとなりなさいと言われます。主イエスの弟子として生きていくということは仕える者になるということであると言います。キリスト者が、教会が今日それを大切にしている奉仕するという働きに他なりませんが、仕えるということ、奉仕をするということは相手を支配しないということです。支配しないということは、自分の価値観を押し付けることでもなく、私のことを忘れないで欲しいと、感謝してほしいと強要することでもありません。そういう自分の足跡、思いを空っぽにして、相手のことを考えて、行動し、与えることであると言えます。自分が相手に奉仕し、仕えることによって、自分の功績や足跡という自分の形や面影を相手に残すことではなく、相手の人生が形作られていく、相手の命が育まれていくということです。そこに私という土俵は残らなくとも、私がした些細な小さな奉仕であっても、その業がその人の歩みを形作っていく。そこに自分の業が、命が誠に輝いていくのです。

また、他者に仕えなさいというのは、自己を犠牲にしなさいと私たちに勧めているわけではありません。自分の時間や命を全て犠牲にしてでも、相手を生かしなさいと言っているわけではないのです。自分の奉仕の業を通して、その相手と共に生きていくということを私たちに教えているのです。相手と出会い、相手と連帯していくことであります。パウロはガラテヤの信徒への手紙でこう言います。「兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。律法全体は、「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされるからです。」(ガラテヤ5:13~14)どちらか一方が仕え、一方が仕えられるという関係ではなく、互いに仕えることであると言います。そこは愛によってと言います。愛は能率や効率に縛られるものではなく、相手に真心を込めていくということで、大切にするということです。また、先ほども言いましたように、自分の功績や足跡という自分の形や面影を相手に残すことではなく、相手の人生が形作られていく、相手の命が育まれていくということであると言えます。だから仕えるということは愛の奉仕であるいうことです。そのことを可能としているエネルギーが自由を得ることができたということです。あなたがたは自由を得たのだから、愛の奉仕に生きることができるのだとパウロは言うのです。

その自由とはキリストが与えてくださった自由です。今日の福音書の最後で主イエスはこう言われました。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」多くの人とは弟子だけではなく、全ての人であり、私たち一人ひとりです。その私たち一人ひとりのための身代金とご自身のことを言われます。身代金を払わないと、囚われた人は解放されず、自由にはなりません。様々なことに縛られ、制約を受け続けなくてはならないのです。豊かな時代にはなりましたが、私たちを縛り付け、苦しめるものはたくさんあります。スピード時代、成果主義と言われる現代にあって、便利な時代の中で私たちは心、魂に大きな負担を背負い、傷つくことがたくさんあります。自分の価値を見いだせず、苦しむことがたくさんあります。なんとか、自分の価値を相手に受け止めて欲しいと、相手にこの私を忘れないでほしいと、思うこともあるでしょう。そこに囚われている自分の姿が、不自由な自分の存在を見出すことがあります。主イエスが身代金として、自分の命を一人ひとりに与えてくださった自由の賜物は、私たちの能力や評価によって、自分の価値観が左右されるという縛られたものを解き放ち、一人ひとりの存在そのものが神様にあって大切で、愛されている存在であるという愛のメッセージです。主イエスの命は私たちが自由を得るために使われた神様からの恵みなのです。だから身代金として、その命が使われ、死に至ったのです。主イエスの杯と洗礼における死の意味は、ここで明らかにされているのです。私たちが誠に命を与えられ、自由を得るための十字架の死なのです。そして、この死の出来事は、私たち人間への神様からの神奉仕であるということです。

主イエスの命をいただいて、まず神様が私たちに奉仕してくださっているという真実に目を向け、そこから私たちの互の奉仕の業が生まれてくるのです。この神奉仕によって、私たちは自由を得ることができました。あなたは愛され、大切な存在であると。その命が育まれるために、主イエスが成してくださった神様の奉仕の御業です。ですから、この頂いた自由によって、自分の能力や評価を気にして、縛られる必要はないのです。また自分の価値を見出すために、自分のことを忘れないでほしいと、相手の心に自分の形や足あとを残して、相手を支配する必要もないのです。そこに縛られず、小さなこと、些細なことであっても、相手に真心を込めて、相手に仕えていくことができる。そこで見返りや相手からの感謝の心があるから、自分の奉仕の業が輝くのではなく、あなたのその業によって、相手が自由とされ、命が育まれていくから、あなたの命を通して示された奉仕の業が輝くのです。そこに仕える者の恵みがあるのです。互いに仕え合う者同士の恵みです。

ルターはキリスト者の自由の中でこういうことを言っています。「私もまた、私の隣人のためにひとりのキリストになろう」。主イエスから頂いた自由によって、命によって、私たちもまた一人のキリストとして、隣人に仕えていくことができるのです。私たちの奉仕の業の中に、キリストは示され、共にいてくださるのです。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。