2018年3月18日 四旬節第5主日「闇を恐れない者」

ヨハネによる福音書12章36b~50節  藤木 智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

今日の福音書には厳しく鋭い言葉がたくさん述べられていますが、ここには主イエスの叫び声がこだましております。それは大勢の人の前で叫んでいる叫び声ではありません。36節で主イエスは「立ち去って彼らから身を隠された。」とあるからです。主イエスが再び群衆の前に姿を現すのは、十字架につけられる犯罪人としてであります。では主イエスはいったいどこから叫ばれているのか、この叫び声を聞いている私たちはどこにいるのでしょうか。

主イエスはこれらのことを群衆に話してから、身を隠されたと言います。これらのことというのは、すぐ前の35節と36節で「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」と言われた主イエスの言葉です。主イエスはここで暗闇と光について語っておられます。光と聞けば、クリスマスの季節に見られるイルミネーションの豪華な光の世界を思い浮かべるかもしれませんが、この聖書が証す光は、神様が天地を創造される時に、「光あれ」と言われて一番初めに作られた神様の光です。そして、46節で主イエスが「わたしは光として世に来た」と言われるように、主イエスが真の神の光であるということです。光のあるうちに歩むということは、主イエスと共に歩むこと、主イエスを信じて、従っていくということであります。その主イエスが身を隠された。ということは、主イエスという光が見えなくなった。光が消えて、暗闇に覆われているということです。この暗闇に覆われているところが、私たち人間の世界ということになります。暗闇に覆われていると言っても、ずっと夜の暗さが続くということではなく、人々の心の内にある闇が公にされるということです。この人々の暗闇の中に、主イエスの叫び声が聞こえてくるのです。主イエスの熱意がこもった真剣な声です。

その叫び声の前に、聖書は預言者イザヤの言葉を通して、厳しい神様の言葉を語っています。主イエスを信じない者がおりました。けれど、それはイザヤの言葉が実現するためであったと言い、神様が人々の目を見えなくし、その心を頑なにされたというのです。このイザヤ書の言葉はイザヤ書6章10節の言葉ですが、この6章はイザヤが預言者として神様に召された時の箇所です。イザヤ自身は、預言者として罪深き自分が預言者としてその職務を全うすることなど到底できないと思っていましたが、神様は彼を遣わして、人々の好意を得る言葉ではなく、神様の厳しい言葉を彼の口を通して、語らせました。その厳しい言葉は、人々の根っこにある罪に対してです。

主イエスを信じないものが、同じく今厳しい言葉を聞いているのですが、41節でイザヤは、イエスの栄光を見たので、このように言い、イエスについて語ったのである。と言います。イザヤは700年前の預言者なので、もちろん主イエスのお姿を見てはいませんが、姿そのものではなく、イエスの栄光を見たと言います。神様の栄光を主イエスに見ることができるというのです。そして、主イエスを信じるが、それを公に言い表さず、神からの誉れではなく、人間の誉れを好んでいる人たちがいると言います。誉れというのは、栄光という意味です。神様の栄光ではなく、人間の栄光を好んでいる。好むというのは、愛するということです。人間の評判、名声、名誉を愛している。それらを頼りとして、主イエスを信じているというのが、公に言い表さないということです。公に言い表すということは、それらの人間の誉れを捨てるということです。人間の誉れを捨てて、神の誉れを愛する、その栄光の只中に生きて歩んでいく。それが公に表される主イエスへの信仰であり、主イエスの栄光に生きる者なのです。

そこで、主イエスは叫ばれるのです。神様の厳しい言葉が現実に叫ばれている中にあって、人間の誉れを好み、愛する者たちに向かって、真剣に問いかけます。その内容の主旨は「世を裁くためではなく、世を救うために来たからである。」ということでした。信じない者、暗闇の内にある者を拒絶するのではなく、逆にその者たちを招いているのだと。光の方に招いているというのです。この言葉は先週聞きました3章16節の「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」という言葉と重なります。この主イエスの真剣な叫び声に込められている思いは、私たちへの愛であるということです。暗闇の内にあって、人間の誉れを常に気にして、疲れ、悩み果てている私たちへの光の招きであり、解放の言葉であるということです。主イエスの叫び声を通して示される神様の真剣さは、私たちひとりひとりが自分の人生をしっかりと地に足をつけて、歩んでいけるようにと気にかけ、配慮し、時には癒しを与え、時には慰めを与えてくださる恵みなのです。けれど、それはよけいなお世話だと思うかもしれません。人間の誉れを愛して何が悪いのかと思うかもしれません。この私の何を知って、そう叫んでいるのかと思うかもしれません。

前に、教会だよりの巻頭説教で執筆してご紹介しましたが、キリストの十字架の意味を受け止めるひとつの出来事として、私は大学生時代に三浦綾子の小説、道ありきを読み、彼女の青春から信仰に導かれるまでの姿を知りました。その中でこういう場面がありました。

彼女は若くして、当時死の病と恐れられていた肺結核を患い、療養所での闘病生活を余儀なくされるのですが、信じることを恐れ、虚無的になっていた彼女は、そこでお酒を飲み、煙草を吸うなどして、治療に専念できませんでした。
そんな時、この療養所で前川正という、後に彼女をクリスチャンに導く青年と出会います。彼は心から彼女の行く末を案じ、何かと気にかけるのですが、当の本人は心を開くことができず、生きることに意味を見いだせない自虐的な言葉を彼にぶつけます。ある日、彼は彼女を春光台の丘という場所に散歩に誘います。ここでも前川正の言葉が彼女の心に届きません。そこで彼女が煙草に火をつけた時、彼は突然傍にあった小石を拾い上げて、自分の足を続けざまに打ちました。小石を足に打ち続けながら、彼は彼女を救うことができない信仰の薄い自分を嘆き、不甲斐ない自分を罰するために、このように打ちつけていると彼女に言います。その姿を呆然と見つめていた彼女はこう言います。「自分を責めて、自分の身に石打つ姿の背後に、わたしはかつて知らなかった光を見たような気がした。・・・わたしを女としてではなく、人間として、人格として愛してくれたこの人の信じるキリストを、わたしはわたしなりに尋ね求めたいと思った。」彼女は、その姿の中に人間として、人格としてこんな自分のことを愛してくれた彼が信じるキリストを求めて行くようになり、この日からお酒も煙草もやめて、治療に専念していくのです。

前川正が足を打ちつける原因を作ったのは、彼女自身です。彼女の吐き出す自虐的な発言と行為、虚無感こそが彼の足を打ち、傷つけているのです。でも、彼女の痛みを、己の痛みとして負っている前川正のその姿の背後に不思議な光を見出した彼女は、こんな自分もひとりの人間として愛されていることの存在意義をここで見出したのかもしれません。

主イエスが招いておられる光とは、暗闇の中にある光です。光は暗闇の中にあって、光輝きます。前川正が三浦綾子の暗闇の中に自分の身を置いて、彼女のために身を低くして、自らを打ち付けて、彼女に再び自分の人生をしっかりと真剣に生きてほしいという思いが彼女の光となったように、主イエスは私たちが迷いと悩みの内にある暗闇の中に自ら身を置かれ、そこで私たちの人生の光となってくださるのです。そこに主イエスの栄光があります。それは十字架と復活を通して明らかになる私たちのための主イエスの栄光なのです。

主イエスの真剣な叫び声、私たちを愛してやまない声が今日も私たちに聞こえてきます。主イエスの叫び声は、やがて十字架上で叫ばれる苦しみのうめき声と同時に、神よ、彼らを御許しくださいという声に変わっていきます。この叫び声を通して、主イエスは私たちの痛み、苦しみの中に立たれ、最後は十字架の闇に葬られます。しかし、そこから復活の光をもたらし、私たちがその光によって、再び立ち上げられるのです。光あれ、その言葉は「わたしは光として世に来た。」主イエスによって実現するのです。私たちに与えられている光です。私たちの歩みに光があるようにと。だれも暗闇に留まることがないようにと、その愛を私たちに明らかにされています。尚、暗闇がある現実にあって、主イエスは光として私たちと共にいてくださいます。この光は途絶えることがない神様の愛です。その愛から、私たちが引き離されてしまうことはないのです。だから、闇しか見えないような現実にあっても、私たちはもはや闇を恐れることはないのです。闇の中に輝く光を知ったからです。人間の誉れにあって、自分の心がもみくちゃにされ、疲れているあなたが、この主イエスの光によって、光ある人生を歩むことができるように願っております。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。