2018年4月1日 復活祭「再出発」

マルコによる福音書16章1~8節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 皆様、イースターおめでとうございます。灰の水曜日から40日後の今日まで、すなわちレントから受難週を経た今日、私たちは主イエスキリストの復活をお祝いする復活祭の礼拝に招かれました。感謝いたします。この喜びの知らせを聖書の御言葉から聞いてまいりたいと思います。

 今日の復活物語はマルコによる福音書から聞いてまいります。復活物語は当然4つの福音書に記されていますが、他の福音書と比べて、マルコ福音書の復活物語には、復活の主イエスが弟子たちやマグダラのマリアに現れたということは記していません。でも、9節以降の結びの部分では、そのことが要約されているかのように、記されているのですが、9節以降の結びの部分は後から別の著者が書き加えたと言われています。聖書にかっこマークが記されているのはそのためです。だから、マルコ福音書は本来16章8節で終わったことになります。最後の8節を読みますと。『婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。』と書いてあります。唐突で、何とも折り合いの悪い終わり方だと思うでしょう。正気を失っていた、他の聖書の訳では気も転倒していたと記されています。ですから、彼女たちも主イエスの復活をすぐに信じることができたわけではなかったのです。また、彼女たちのそんな心境を通して、この復活の出来事が、人間の常識、理解を超えた神様の計り知れない御業であるということを、より豊かに表していると私は感じるのです。

復活の朝、3人の女性が墓を訪れます。マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメ。この3人は前の15章を読めば分かりますが、この3人は主イエスが墓に埋葬されるまでの一部始終を見届けた人たちです。15章41節を見ると、ガリラヤにいるときから主イエスの世話をしてきた婦人たちと書かれています。世話をするという言葉は、原語で「従う」という意味です。ですから、彼女たちも主イエスの教えに耳をしっかりと傾けていた弟子だったのです。ですから、今愛する先生を失い、彼女たちは大きな失意の中にあったでしょう。早く香油を塗って差し上げたい思いでいっぱいだったはずです。しかし、彼女たちは不思議な、と言っても恐れに近い体験をするのです。墓を訪れ、大きな石がふさがっていたかと思いきや、目を上げてしっかりと見つめると、石は既に転がしてあった。墓の中へと彼女たちは導かれるのです。そこには白い長い衣を着た若者が座っていた。この若者とは神様の御使いです。そして若者は彼女たちに告知します。もう一度6節から7節を聞きましょう。
「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」
十字架につけられたナザレのイエスはいなかった。この墓という死を象徴する世界には既にいなかったのです。彼女たちは、ご遺体が納められていたであろう場所を見て、確かに空の墓をみたのです。確かにあの時、この場に埋葬されたはず。彼女たちは我が目を疑い、若者の言葉を信じられなかったでしょう。しかし7節の言葉は彼女たちにとって、さらには主イエスを見捨てて逃げさったペトロたち弟子への招きの言葉です。

挫折、自己険悪の中にあるペトロたち、大きな失意の中に彼女たちへ復活の光が差し込まれるのです。7節の言葉の中に二十鍵かっこのマークが見えます。これはあの主イエスの言葉なのです。しかも、逮捕されて、十字架につけられて死ぬ前に、ペトロたちやマグダラのマリアたちに語った言葉なのです。それは14章27節から28節の言葉です。「イエスは弟子たちに言われた。
「あなたがたは皆わたしにつまずく。『わたしは羊飼いを打つ。すると、羊は散ってしまう』と書いてあるからだ。しかし、わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く。」
羊飼いとは主イエスであり、羊とは弟子たちのことです。主イエスは十字架という神様の怒りを、私たちの罪を赦してくださるがために、身代わりとなって受けられたのです。しかし、弟子たちは逃げ去ってしまう。この旧約聖書の事が成就することを主イエスは知っていた。それだけではありません。復活した後、私は先にガリラヤで待っていると、既におっしゃっていたのです。最初からペトロたちを咎める気もなく、その弱さを受け止めてくださったのです。主イエスの復活の光は、弟子たちに対する復活の愛でもあるのです。私はガリラヤで待っている、このガリラヤとは主イエスの宣教が開始した場所、ペトロたちを召し出したあの日常の場所です。その日常の場所で、また復活の主イエスが出会ってくださるのです。弟子たちはこのガリラヤで復活の主イエスに出会い、主イエスとの歩みを再開する再出発の時をそこで迎えるのです。

しかし、マルコ福音書は直接には、その後のペトロたち弟子との出会いを記してはいません。なぜなら、それは私たちもこの復活の主イエスに出会うからであります。ペトロたちだけの出会いではないのです。この後は、彼らの福音書だけではなく、復活の主イエスを知り、私たちひとりひとりの福音書となるからです。ここからもう一度、主イエスと共に歩む再出発の時を私たちも迎えるのです。

主イエスはガリラヤという私たちの日常生活の中で、先に待っていてくださいます。私たちを再び召し出してくださるために、待っておられます。3人の女性たちは墓という死の闇の中に、主イエスを見出そうとしました。しかし、主イエスは復活し、墓は空だったのです。主イエスは彼女たちと出会うために、彼女たちの日常に、彼女たちの中におられるのです。私たちもそうです。この復活の主イエスと結ばれることによって、死を恐れる生の歩みではなく、死を超越される神様に対して生き、新しい命の中で歩み続けるのです。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。