2018年4月8日 復活後第1主日「新しい言葉を語る」

マルコによる福音書16章9~18節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 先週のイースターでは、多くの方と共に主の復活を共に喜び祝うことができました。感謝申し上げます。この後は、ペンテコステまでの期間を、主の復活を覚える復活節の時として、私たちは歩んでまいります。

 今日の福音書には、復活の主イエスが弟子たちの前に顕れた復活顕現物語が記されています。マグダラのマリアに現れ、ふたりの弟子の前に現れ、11人の弟子たちの前に現れます。主イエスと出会った人たちは、その体験を他の弟子たちに知らせますが、誰ひとりとして、その証言を信じるものはいませんでした。ここには3回も信じなかったという言葉が出てきます。つまり、不信仰であったということです。主イエスの復活物語の中に、弟子たちの不信仰が際立って描かれているに思えてなりません。

弟子たちの不信仰はどこから来ているのでしょうか。この時「イエスと一緒にいた人々が泣き悲しんでいるところへ行って」とあります。イエスと一緒にいた人々、つまり弟子たちは主イエスを失った悲しみの中にありました。それは、主イエスを見捨ててしまったことへの挫折と嫌悪感からくるものでもあったでしょう。主イエスとの歩みがもう終わってしまい、自分たちの目的がわからなくなっていました。14節で主イエスが「その不信仰とかたくなな心をおとがめになった。」と言いますから、彼らは悲しみゆえに、心を頑なにしてしまっていた。心を閉ざしてしまっていたのです。ですから、これは弟子たちの不信仰は性格の問題ではなく、悲しみがもたらす心の閉塞感、もう何も信じられず、どんな慰めの言葉も受け止められないという彼らの心境から来ているものでした。復活については、他の弟子たちの証言だけではなく、むしろ主イエスご自身が生前に弟子たちに予告していたことでありました。主イエスは十字架の死から三日目に復活するという予告を弟子たちは何度も聞いてきたのです。しかし、主イエスの言葉も、神の言葉も彼らには届かない。届かないほどに、心が頑なになり、心が閉ざされているのです。彼らの弱さや挫折からくる悲しみは、主の復活の喜びを遠ざけているのです。

主イエスはその彼らの悲しみの中に、閉ざされた心の只中に現れました。弟子たちにとっては、そこに復活が現されたと言えるでしょう。十字架への途上で、自分を見捨て、復活を信じられない不信仰で、弱い彼らに見切りをつけて、もう弟子たちのもとから離れさってしまったのではなく、むしろその弟子たちの中にこそ、復活の主イエスは現れてくださいました。心を閉ざし、もう一歩も歩み出すことができない彼らに、もう一度信じて、その新しい一歩を踏み出すことができるようにと、主イエスは彼らに現れ、その不信仰とかたくなな心をおとがめになられ、そこで歩みを止めてはならないと言われます。悲しみが悲しみで終わるのではなく、悲しみの中で復活の慰めが起こされ、悲しみから新しい一歩を踏み出すための始まりを、主の復活は私たちに告げています。復活という神様の御業、その御心は、命の終わりであり、終着点だと思われていた死の只中から、新たに起こされていく命の始まりです。

主イエスが死に勝利され、死からの命の始まりである復活の喜び顕されたキリストを福音として、全世界のありとあらゆるものに宣べ伝えていきなさいと言われ、この弟子たちを遣わされていくのです。そこで「信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。」と言われます。信じない者は滅びの宣告を受ける。恐ろしい言葉に聞こえますが、この信じないものとは、まず誰のことなのかと考えますと、不信仰であったこの弟子たちであったと言えるでしょう。彼らは復活された主イエスを見た人々の言うことを、信じなかったからでした。滅びの宣告を受ける定めにありました。しかし、主イエスはそこで彼らの滅びを望まれたのではなく、彼らの救いを望まれたのでした。信じて、救いの道を歩んでいかれることを望まれ、それを全世界の人たちに伝えるという新しい一歩を歩み出させました。彼ら自身の強さや意志ではなく、主イエスがそう望まれたことでした。誰が救われ、誰が滅びるかということは私たちにはわかりません。しかし、主が望まれることは、滅びではなく、救われるということ、主イエスの愛に留まるということなのです。

あの使徒パウロも、自分のことを罪人の中の最たる者であると告白し、キリスト・イエスはその罪人を救うために、来られたと言います(テモテⅠ1:15)。滅びの定めにあったのは、誰にもまして、まずこの自分であるということを彼は告白しました。その滅びの内にあるのではなく、主イエスが共に歩むことを望まれている神の愛を彼は受け止めたのでした。

弟子たちの姿、パウロの姿は私たちと重なります。自分たちは滅びる心配がないから、安心して、安全なところから、主の福音を宣べ伝えているのではなく、主の望みに生き、主の望みを宣べ伝えていくのです。救いも滅びも、主の御手に全てを委ねて、主の望みに生きていくのです。だから、彼ら弟子たちは殉教の死ですら、いとわなかったのでしょう。

遣わされていく彼らは、新しい言葉を語ると言います。これは異言を語るということです。だから新しい自分の言葉ではなく、神の言葉を語ると言えます。神様の癒しと慰め、恵みと祝福を語っていく、いのちの言葉であり、賛美であります。この新しさとは、悲しみや不信仰からの新しさとなりました。悲しみや不信仰で彼らの人生が終わったのではなく、そこから復活の主が彼らを立ち上げ、主と共に生きていく命の道を、その道の始まりにおける新しさです。その喜びに生き、その喜びを伝えていくのです。

詩篇96編にこういう歌があります。新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。/主に向かって歌い、御名をたたえよ。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。/国々に主の栄光を語り伝えよ/諸国の民にその驚くべき御業を。(96:1~3)
主の復活という御救いの良い知らせを伝えていく。その喜びと感謝の内に新しい歌を主に向かって歌うのです。弟子たちも歌い、私たちもこの新しい歌を主に向かって歌う。新しい言葉とは、この新しい喜びの歌にあるのではないでしょうか。そして、主の復活を通して、神様のご計画がまた新しく始められていく。そのご計画の内に、私たちの歩みもまた整えられていくのです。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。