2018年6月17日 聖霊降臨後第4主日「神のご計画は新しい」

マルコによる福音書2章18~22節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

今日の福音書で主イエスは「だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、ぶどう酒は革袋を破り、ぶどう酒も革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。」と言われます。聖書の舞台であり、主イエスがお生まれになって活動されたパレスチナ地方は、ぶどうの収穫が盛んに行われ、古くからぶどう酒が作られてきました。当時は、作ったぶどう酒を発酵、熟成するために、動物の革を用いた革袋に入れていたそうです。その発酵の過程で、革袋はパンパンに張っていきます。革が伸びきった古い革袋に入れると、袋はそれ以上伸びないので、やがて破裂してしまいます。だから、まだ革が伸びきっていない新しい革袋に入れなくてはならなかったのです。

 主イエスは神の国が近づいたのだから、悔い改めて福音を信じなさいという宣言をもってして、伝道を開始されました。神の国という喜びはもうあなたがたの近くにあるのだから、悔い改める、罪を自覚し、自分中心から神中心、他者中心に方向転換をしてその喜びを受け取りなさいと言われたのです。そして今日の箇所では、神の国を現された主イエスという新しいぶどう酒はあなたがたに注がれているのだから、そのぶどう酒を受け入れる新しい革袋として、その器となりなさいと主イエスは言われているのです。ぶどう酒が発酵していくように、主イエスは革袋である私たちの只中で共に生きておられるのです。この新しいぶどう酒である主イエスを革袋である私たちがどのようにして表していくか、どのようにして人々に伝えていくのかということが、私たちの伝道活動に現されてくるのです。

 主イエスがこのように話されたのは断食の問題がきっかけでした。ヨハネの弟子たちとファリサイ派の人々は断食しているのに、なぜ主イエスと弟子であるあなたがたはしないのですかと人々は疑問を感じて聞いたのだと思います。断食は律法で規定されている神様の教えで、宗教指導者たちはそれをしっかりと守っていました。このファリサイ派の人々は週に2回、月曜日と木曜日に断食をしていたと言います。洗礼者ヨハネの弟子たちも断食をしていました。神様の裁きが近いから、悔い改めなくてはいけない。その信仰の姿勢として、自らに苦行を課す断食が行われていました。習慣であり、信仰の姿勢である断食をすることは至極当然のことであったわけです。しかし、主イエスとその弟子たちは断食をしないから、人々は疑問を抱いたことでしょう。この断食とは、悲嘆を表す表現でした。ダビデがバトシェバとの問題で罪を犯し、愛する息子がもう亡くなってしまう悲しみの時に、彼は断食をしました。そしてイザヤ書58章にこの断食が苦行と言い表されているように、それは自らを苦しめるものでした。そのようにして悲嘆を表し、神様との交わりを願うものでした。

 主イエスご自身も荒野で40日間を過ごされた時に、断食をしています。また使徒言行録の中で弟子たちが断食をしている場面もありますから、断食を否定しているわけではないのです。では今、人々から尋ねられて、断食をしていないのはなぜなのでしょうか。主イエスは言われます。「花婿が一緒にいるのに、婚礼の客は断食できるだろうか。花婿が一緒にいるかぎり、断食はできない。」結婚式に招かれていて、その主催である花婿を前にして、客は悲嘆を表す断食をするだろうか。悲嘆ではなく、喜びを表すものではないだろうかと言われました。今断食をしないのは、結婚式の花婿が目の前にいるからだと言われたのです。この花婿とは主イエスのことであり、婚礼の客は主イエスの弟子たち、そして今日の教会であります。今日の第1日課であるホセア書にも記されていますが、聖書は神様とイスラエルの関係を花婿と花嫁に例えています。花婿と花嫁という親密さにあり、愛し合っているように、神様とイスラエルの民は親しい関係にある。その神様である主イエスが今、花婿としてこの世に来られ、弟子たちは婚礼の客として招かれている。その喜びを表すことが彼らの信仰であるということなのです。だから、断食をするのではなく、花婿である主イエスと共にいる喜びを分かち合うために、断食ではなく、一緒に食事をする。一緒に食事をして、主イエスが生きておられ、共にいてくださる喜びを皆で分かち合うことであるということです。私たちは婚礼の客として、花婿である主イエスからこの喜びの席に招かれているのです。

 しかし、続けて主イエスはこう言われます。「しかし、花婿が奪い取られる時が来る。その日には、彼らは断食することになる。」突然のアクシデント、不幸が舞い降りてきて、その悲しみゆえに、あなたがたは断食をするようになるだろうと言われるのです。花婿が奪い取られるというのは、自分たちの前から姿を消してしまうということです。だから喜んでなんかいられないのです。この花婿である主イエスが奪い取られるというのは、十字架にかかって死ぬということです。花婿である主イエスが人々から奪い取られた時、婚礼の客である弟子たちはどうしたかというと、断食をして悲嘆に暮れていた、すなわち主イエスのもとを離れ、逃げ去り、裏切り、でもその悲しみと苦しみの中にあったということです。

 主イエスはなぜその喜びの席にずっといてくださらないのか。そこには古い革袋であるユダヤの民、宗教者指導者、そして私たちの姿があったからです。断食をせず、神様の掟をないがしろにしていると思った宗教指導者や、人々が期待する神様のみ業をもたらしてくれない失望からくるものでした。主イエスがもたらす誠の神の国の喜びを誰ひとり受け止められる人はいなかったのです。故に結婚式は中断し、人々は断食をするのです。

 しかし、その中断は、喜びの中断ではなく、喜びを成し遂げるためのものとなったのです。その喜びとは花婿が花嫁を愛し抜くように、主イエスは命をかけて私たちを愛してくださっているということ、私たちへの愛を成就するために、十字架にかかられて死なれたということです。そのことが弟子たちに、私たちに明らかになったのは、復活の出来事でした。主イエスは生きて、今も私たちと共におられる。復活した主イエスは弟子たちを責められたのではなく、一緒に食事をして喜びを分かち合い、その喜びを全ての人に宣べ伝えるために、弟子たちを全世界に遣わしていくのです。全ての人を弟子とする、全ての人が婚礼の客として招かれているのだという喜びを知らせるためにです。主イエスが生きて共にいてくださるという喜び、そしてあなたが生きていてくれるという愛の喜びを受け止めることです。

 主イエスは十字架と復活というみ業を新しいぶどう酒として、私たちに提供されています。それに私たちが新しい革袋として応えるのは、古いものを排除して、ただ何か新しいことをするということではありません。十字架と復活の喜びの本質は私たちひとりを大切にし、愛してくださっているという神様の真実です。十字架と復活のみ業を通して、私たちを愛し抜ぬかれ、今も私たちを愛してくださっている主イエスを知り、主イエスと共に歩む喜びを受け止めることです。そのようにして神様の新しい愛のみ業は新しいぶどう酒として、今日も私たちに提供されています。使い古された古い革袋、そのような知識や経験が積み込まれた立派な自分としてではなく、何もない新しい革袋のままに、その新しいぶどう酒をそのままに頂けば良いのです。新しいぶどう酒を入れた新しい革袋はパンパンになり、その様はキリストの愛の御業が潤滑し、香ばしい香りを放つように、生き生きとしております。古いものを排除して、ただ何か新しいことをするということではなく、古くても新しくても、愛をもって行っていくということ、それが新しいぶどう酒を注がれた新しい革袋の姿、私たちの新しい歩みなのです。だから、もはや悲嘆に暮れることはないのです。強制されてではなく、愛をもってして行う喜びに生きることができるのです。主イエスが私たちを喜びの席に招かれ、共にいてくださるからです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。