2018年6月24日 聖霊降臨後第5主日「自由を得るために」

マルコによる福音書2章23~28節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

休息は体を休めること、安息は心や魂といった内面に平安を得ることだと言います。生きていく上でどちらも大切なことです。休息を十分にとって、体力が回復しても、心や魂に飢え乾きを覚え、平安を得ることができなければ、思い煩いや不安が残り、本当の意味で休むことができたとは言えないでしょう。心や魂に平安をもたらす安息が、私たちの活動のエネルギーとなるのですから、私たちには安息が必要なのです。では、私たちはどのようにして、どのような時に心や魂に安息を得ることができるのでしょうか。

 今日の福音書で主イエスはこう言われます。「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。」安息日は人に与えられたものであり、人はこの安息日によって誠の安息を得るのですが、ここには人が安息日のためにある、安息を得る安息日なのに、その安息日を安息日として過ごさなくてはいけないと戒めるあまり、安息日に縛られ、思い煩っている人の姿があるのです。主イエスは安息日とは人を縛るためのものでは断じてないと言っているのです。このように言われたきっかけは、安息日に弟子たちが歩きながら麦の穂を摘み始めたことでした。その様子を見ていたファリサイ派の人々が「なぜ、彼らは安息日にしてはならないことをするのか」と主イエスに言われました。心や魂に平安をもたらす安息日は、十戒に定められているとても重要な神様の掟で、ユダヤ人たちはこの掟を厳守していました。この安息日は、神様が6日間かけてこの世界を作られ、7日目に安息なさったという創世記に記されている天地創造物語に由来します。神様が休まれたので、神様の憩いの中で、私たちも休んで、安息を得るのです。神様が仕事を離れ、安息なさったということから、この安息日には一切の仕事をしてはいけないという決まりがありました。その決まりはとても細かいことにまで及んでいます。食事を作ったり、病気を癒してもだめですし、電気をつけたりすることですら、労働をしたと見なされてしまうのです。だから、弟子たちが麦の穂を摘み始めたというのは、刈り入れの作業と見なされ、労働したことになってしまい、主イエスはそのことをファリサイ派の人々から咎められているのです。

 この労働の禁止ということから、安息するという言葉は、元のへブル語では、止めるという言葉から派生しているのです。ようするに、仕事を休むということは、仕事をしなくてもいいということではなく、仕事を止めなくてはいけないということなのです。絶対にしてはいけないのです。もちろん、主イエスご自身、安息日についての掟は知っていたでしょうが、主イエスの答えはその問には直接答えられてはいないようです。

 主イエスはダビデの話をされます。ダビデと従者たちが空腹だった時というのは、ダビデがまだイスラエルの王様になる前の話で、サウル王に命を狙われていた時でした。何日間も逃亡生活を続けていたのでしょう、彼らは空腹で弱り果てていました。そして、祭司の家を訪ねて、祭司しか食べてはいけない備えのパンを祭司からいただいて食べました。一週間ごとの安息日に、備えのパンは取り替えられ、祭司が食していたようです。ダビデたちはそのパンを食べて、命をつなぎとめることができたということを主イエスは言われました。

 安息日でも命に関わることであれば、労働が認められていました。ダビデたちは命に関わる瀕死の状態にあって、彼らの命を支えるためのパンを祭司は提供し、彼らを救ったではないかと言われます。安息日だからこそ、彼らの命がつなぎとめられる命のパンが必要だったのです。神様がそれを必要とするものに、安息日の規定をそこで持ち出すことがあろうか、いやないはずであると言われるのです。

 しかし、弟子たちはダビデたちの状況とは異なり、空腹ではない状態で、歩きながら麦の穂を摘み始めていました。ファリサイ派の人々から見て、それは安息日の規定に反することでした。ダビデの話を聞いたファリサイ派の人々は、主イエスにダビデと弟子たちの状況は違うではないかと言ったかもしれません。けれど、主イエスが安息日について言いたいことは、ダビデと弟子たちの状況の違いを弁明することではなく、安息日の本質であり、彼らの問題を明らかにすることでした。27節で「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。」と言われた主イエスの言葉にその答えがあります。安息には人に与えられたものであって、人が安息日に縛られるものではない。そして、その安息日とは神様から与えられた安息ですが、その安息とは神様が休まれた安息であり、神様の憩いの中にある安息であるということです。好きなことをするのでもなく、労働をしていないか他者を見張るものではないのです。神様の憩いの中に自分は招かれている。命が備えられていることを喜び、感謝する時であると。そのために労働をやめるのです。ファリサイ派の人々も真剣に安息日の規定を守っていたのですが、それがいつしか人の行動を見張るものとなり、人の行動に縛られて、自分たちの本当の安息を彼らは見失っていたのです。彼らが安息する、やめるというのは、そういう人の監視をやめて、そこから解放されることでした。人の監視ではなく、神様の憩いの中で自分に安息をもたらすのです。

 主イエスは誠の安息について、28節でこう言われます。「だから、人の子は安息日の主でもある。」人の子、すなわち主イエスこそが安息日に安息をもたらすものであると言われます。フランシスコ会訳ではこの28節を「それゆえ、人の子は安息日に対しても主である」と訳しています。だから、安息日の規定について、人間の価値観や他者との行動のあり方によって、取り決めることはできないということです。安息日の主はファリサイ派ではなく、主イエスだからです。主イエスにおける安息によって、私たちは癒され、誠の安息を得ることができるのです。

 マタイによる福音書で主イエスはこう言われます。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11:28~30)安息日を守るために、私がどうこうすることによって安息を得るのではなく、安息をもたらしてくださるのは主イエスであり、安息日とは主イエスに一旦人生の重荷を預けることです。そして、「わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」と言われるように、主イエスとの軛によって、自分の重荷を主イエスと共に担って歩んでいくのです。詩篇55編にはこういう言葉があります。「あなたの重荷を主にゆだねよ/主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支え/とこしえに動揺しないように計らってくださる。」(詩篇55:23)私たちの重荷を取り除くことではなく、重荷を共に担って支えてくださるキリストが共におられます。キリストが人生の土台となってくださり、下から私たちを支えてくださるのです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。