2018年7月22日 聖霊降臨後第9主日「主が先立って導く」

マルコによる福音書4章35~41節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

主イエスが荒れ狂う風を叱り、嵐を沈めた奇跡物語から御言葉を聞きました。弟子たちが嵐に見舞われて狼狽したように、私たちの人生も、順風満帆なものではなく、嵐に見舞われて狼狽し、思い通りにいかないことや、命を失いかける危険な目に合うこともあります。人生の船出には嵐がつきものだということでしょう。今日の物語で主イエスはその嵐を叱りつけて、止ませたとあります。この「風を叱り」とは、主イエスが悪霊を叱りつけて退けるという言葉と同じです。悪霊という人間には手に負えない問題や力、それを主イエスが退けられたように、自分たちの命、存在すらも根底から揺り動かし、狼狽させ、不安に陥らせる嵐に勝って、主イエスはこの嵐を遠ざけられたのです。そして最後の41節で「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と弟子たちが証言しているように、主イエスはこの嵐を叱りつけ、従わせたと言うのです。それは嵐の只中にあっても、神様の働きが及ばないところはないということです。人の手に負えない力、出来事の中に神様の働きがある。その嵐の中でも、神様は共におられ、先立って導かれ、必ず答えを明らかにしてくださるのです。

 この船出のきっかけは、主イエスが弟子たちに「向こう岸に渡ろう」と言われたことでした。向こう岸とは次の5章に続いていますが、ゲラサ人というユダヤ人ではない異邦人の地を指します。つまり、自分たちの知らない新しい土地に行こうと主イエスは言われたのです。期待や不安があったことでしょう。その船に主イエスも共にお乗りになって船旅が始まりますが、突然激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどに、危機的な状況に陥ります。ここには漁師のペトロたちも乗っていたはずですが、彼ら漁師ですら手に負えない状況に陥り、狼狽します。しかし、彼らの狼狽っぷりがさらに大きくなる出来事が続きます。どうしようかどうしようかとあたふたしている時、弟子たちは眠っておられる主イエスを発見します。その姿に思わず彼らは叫びます。「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」かまわないのですかという言葉は非常に強い言葉です。私たちがどうなってもいいですか、私たちは今滅ぼされようとしています、私たちを見捨てるのですか、そのような強い彼らの叫び声です。

 彼らのその強い狼狽ぶりは、主イエスが眠っておられるという事実に直面して、頂点に達しているようです。なぜあなたは私たちと船に乗っているのに、眠っているのか、助けてくれないのかと。嵐が起き、自分たちの命の危険性、存在を揺るがす事態に陥らなければ、弟子たちは主イエスが眠っていることなど気にかけもしなかったでしょう。向こう岸に渡ろうと言われるように、私たちの教会も新しい宣教活動を展開していきますし、人生における向こう岸に渡るという新しいステップ、新しい出会いを求めて私たちは自分の足で人生という船を漕いでいきます。順調にいく時もありますが、やはりどこかでつまずき、アクシデントという嵐に直面します。その嵐の正体がわからなければ、神様が沈黙していて、助けてくれない、お働きになってくれないと思ったら、弟子たちと同じように狼狽し、叫ぶでしょう。

 彼らの叫び声を聞き、イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われました。すると、風はやみ、すっかり凪になった。とあります。嵐は過ぎ去りましたが、その後で主イエスは 「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」と弟子たちを咎めています。嵐に揺り動かされ、眠っておられる主イエスの姿を見て、狼狽する彼らの不信仰がそこに現されています。信じないから嵐が起こったのではなく、信じていても嵐が起こるけれど、嵐の中をも働いて導いてくださる主イエスを見失っていた彼らの信仰が問われているのです。主イエスが眠っていた、それは自分たちの苦難や困難に対して沈黙している神の姿に映ったのでしょう。その中で神様は働かれない、自分たちを助けて導いてはくれない。そう思って叫ぶ弟子たちの姿は私たちの姿と重なります。

 この突然の嵐は、単に私たちに損害をもたらすものというだけでなく、自分の知らない人生の出来事における側面ではないでしょうか。予期せぬことが起こる。そのことをなんとなく知っていても、いざ自分がその状況に陥ると、周りが見えなくなり、自分が見えなくなるものです。その嵐の中に揺り動かされ、自分を見失うことがあります。弟子たちは自分たちが抱いている信仰がこの嵐によって打ちくだかれたというより、本当の信仰の姿が自分の人生に起こっている出来事を通して、明らかにされたと言えるでしょう。主イエスが自分たちの漕ぐ船に載っておられる、それは分かっているようで、いざ眠っている姿を見て、あたかも主イエスがそこにおられないかのような狼狽ぶりをさらけ出し、不信仰に陥るのです。けれど、この嵐を通して、彼らは自分たちの不信仰を通して、主イエスと出会ったのです。主イエスは彼らの訴えかける声を無視されたのではなく、その呼びかけに応じて、嵐を沈めてくださいました。嵐という自分の力ではどうにもならない力、自分の知らない人生の側面をも従わせる方、そこにおいても神様の働きが及んでいるということに気づかされたのです。いかに自分のことを自分が知っていないか、ほんの一部分しか自分のことはわかっていないということを。神様は人生における順調なことだけでなく、起様々な嵐という苦難、困難の中にある自分という存在をも知っていてくださり、自分の全存在は神様の御手の中にあるのです。だから、風や湖さえも従われるのです。神様の御手の中にあるのです。私たちは神様の御手の中にある自分という存在の一部分しか知らないのでしょう。それが時に、このような嵐などの苦難、困難を通して、狼狽し、自分を見失うこともありますが、この只中において神様が働かれ、本当の自分を明らかにされ、そしてそこで見捨てるのではなく、そこからまた新しい一歩、新しい人生の船出が始まるのです。主イエスは嵐が過ぎ去るまでの辛抱ということではなく、まさにその嵐の只中を共に歩いてくださるのです。

 主イエスは風を叱り、そして風はやみ、すっかり凪になりました。それが主イエスの答えでした。ただ困難や苦難から解放されたというのではなく、困難や苦難の中をも共に歩いて下さり、決してあなたたちを見捨てはしないという答え、その結果としての平安が風はやみ、すっかり凪になったということに表されているのではないでしょうか。

 弟子たちは遠回りをしたのでしょう。嵐を通して、思いがけない自分たちの人生の側面、また不信仰な自分の姿が明らかにされました。思いがけず叫びました。そして、そこで主イエスと出会いました。この嵐を通して、実はそこから新しい自分が見出された。自分たちはどのようなところにあろうとも、主イエスの御手の中にあるのだということを知らされた。その驚きと共に、大きな恵みに与ることができたのです。

 私たちも遠回りをします。そして、あたかも神様は眠っていて、今の自分たちに働きかけてくれないのではないかと思う時があります。しかし、主イエスが眠っておられたのは、既に私は、どこにいてもあなたがたと共にいる。この嵐をも含むあなたがたのことを知って、受け止めているが故に、あなたがたはたとえ嵐の只中にあっても、船を漕ぎ続けることができる。はっきりと目に見える形でないと、神様のみ業が信じられないというところから、はっきり見えなくても、あなたがたの船を導いているという神様の御手の中に自分を委ねて、私たちは歩んでいくのです。

 よく話に出しますが、カトリックのシスターで、亡くなられた渡辺和子さんが著書「置かれた場所で咲きなさい」の中で、こういうことを言われています。
「私たち一人ひとりの生活や心の中には、思いがけない穴がポッカリ開くことがあり、そこから冷たい隙間風が吹くことがあります。それは病気であったら、大切な人の死であったり、他人とのもめごと、事業の失敗など、穴の大小、深さ、浅さもさまざまです。その穴を埋めることも大切かもしれませんが、穴が開くまで見えなかったものを、穴から見るということも、生き方として大切なのです。・・・私の人生にも、今まで数え切れないほど多くの穴が開きましたし、これからも開くことでしょう。穴だらけの人生といっても過言ではないのですが、それでも今日まで、何とか生きることができたのは、多くの方々とのありがたい出会い、いただいた信仰のおかげだと思っています。」
渡辺さんご自身は、50代の時に、うつ病にかかられ、長い闘病生活をされたそうです。それがご本人にとっての思いがけない穴がポッカリ開いたという体験ですが、その時に、彼女はこう言われています。「この病は、私が必要としている恵みをもたらす人生の穴と受けとめなさいということでした。そして私は、この穴なしには気付くことのなかった多くのことには気付いたのです。」

 思わぬ自体から穴が開きます。けれど、穴が開くまで見えなかったものを、穴から見るということは、そこからありのままの自分が見出されるのではないでしょうか。弟子たちは主イエスによって見出されたのです。これは船を漕ぐように、これからも遭遇することでしょう。けれど、主イエスは私たちの人生の船の同乗者であり、実は主イエスが私の船を漕いでくださっていることに気づかれるのです。それがまた新しい信仰の始まりであり、神様の答えです。風はやみ、すっかり凪になったとき、その答えが見えてくるのです。そこに至るまで、どのような時にも私たちは神様の御手の中にあることを信じて委ね、歩んでまいりたいと思います。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。