2018年8月19日 聖霊降臨後第13主日 「与える生き方へ」

マルコによる福音書6章30~44節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

今日の福音書は、五つのパンと二匹の魚で五千人の人々が満腹した有名な「五千人の給食」といわれる箇所です。この奇跡物語はこのマルコ福音書だけでなく他の三つの福音書にも同じ奇跡物語があり、また8章1節からでも「四千人の給食」という類似した奇跡物語があります。福音書の中でも、とても大切な箇所であると伺えます。満腹というと、お腹がいっぱいになり、食べ飽きることを指しますが、元の言語であるギリシャ語では「コルタゾー」と言い、「満足する」という意味も含んでいます。ですから、必ずしも多く食べれば満腹するということではなく、心から満足することによって満腹になるのです。この奇跡物語を通して、それは明確に私たちへと語られています。

 さて、今日の福音書は、使徒たちが伝道の旅を終えて、その報告を主イエスにしているところから始まっています。先週の日課で私たちは使徒たちが主イエスによって、杖の他は何も持たずに、すなわち裸一貫で遣わされていく物語を聞きました。使徒たちは何も所有せず、自分たちの内には何も頼りとできるものがないままに、伝道の旅に出発し、そこで多くの悪霊を追い出し、多くの病人を癒しと言います。それらの体験談を今、主イエスに報告しているのでしょう。使徒たちに敢えて何も持たせなかったことは、伝道の旅を通して主に仕え、従っていくものとはそういうものであるということ、つまり、自分たち自身の頼りとするあり余る中から実現できる伝道、宣教の業というものはなく、まず自分たちは本来何も持ち得ているものはなく、そんな自分たちが何によって満たされて恵みをいただき、その恵みをどう分かち合っていくのかということを主イエスは使徒たち、そして私たちに伝えているのではないでしょうか。その使徒たちの姿が、今日の福音書にある弟子たちの姿と重なっているのです。

 伝道を終えて帰ってきた使徒たち、すなわち弟子たちに休むよう主イエスは言われますが、人々が彼らの後を追って駆けつけてきました。そんな彼らの様子を主イエスは「飼い主のいない羊のような有様」のように目に映りました。飼い主のいない羊、彼らは途方にくれていました。傷つき、小さくされ、迷い、不安の中、人生を歩んでいる姿が主イエスの目に映ったのでしょう。昨日、ご飯を食べながら見ていた「世界一受けたい授業」というテレビ番組で人は人間関係に悩み、ストレスを抱えているというコラムが紹介されていまして、特にあるものが最近の若い人たちの悩みや不安になっているという番組の紹介がありました。そのあるものとは、SNSのことで、ソーシャルネットワーキング・サービスの略です。文字通りの意味で言えば、社会的な繋がりを提供するサービスで、人間関係もこれを通して構築されている面があります。大変便利な情報伝達のツールで、もう数年前から使われているものですが、目には見えなくても、ここにも人間関係の悩ましさがあるわけです。他人は自分の投稿した文章や絵、写真をどう見ているのか気になる。気に入ってくれているのか、そうでないのか。自分は他人からどう見られているのかと気にすれば、いろいろと期待はするのですが、期待すればするほど、悩みや不安も多くなります。受け取り方は人それぞれですが、そこに不安や悩みが尽きない人たちの姿があるというのもひとつの事実なのでしょう。根本的な飢え乾きがあり、満たされていないものがあるのかと思います。

 人々が今、主イエスと弟子たちを求めて集まってきています。そこに自分たちを満たしてくれるものがあり、答えがあるのかもしれないと思っていたのでしょう。主イエスはそんな彼らを飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。と言います。憐れむというのは同情したということではなく、彼らの苦しみや不安、悩みをご自分のこととして受け止め、主イエスご自身もその只中に共に立ってくださっているということです。そして共にたちながら教えられたのです。神様の教え、神様があなたを愛し、赦し、恵みを与えて生かしてくださっているということです。

 ヨハネによる福音書10章11節からで13節で主イエスはご自身のことをこう言われます。
『わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。狼は羊を奪い、また追い散らす。彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。』(ヨハネ10:1~13)
良い羊飼いとは、羊のために命を捨てる羊飼いであり、その姿が主イエスの憐れみに通じているのです。それはあの十字架という生涯をかけてまで約束を成就した究極の憐れみでもあるのです。ただの雇い人ではなく、その羊を心にかけている羊飼いの姿が主イエスに現れているのです。主イエスの教え、それは神の愛と憐れみが真にあなたがたを満たすのだということです。そこでパンと魚の奇跡が起こってくるのです。

 時が経ち、遅くなったので、そろそろ群衆を解散させてください。そうすれば、彼らはそれぞれ何か食べる物を買いに行くでしょうと弟子たちは言われます。全員に与えるほど食料を持っていないから、解散させてくださいという弟子たちの言い分は最もでしょう。ところが、主イエスは「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言われます。彼らにとってそれは的の外れたことでした。彼らは多くの群衆を見て、2百デナリオンものパンがないと、食べさせることができないと判断します。自分たちの手元にあったのは、五つのパンと二匹の魚。1デナリオンが一日の賃金だと言われていますから、一日1万円なら、200万円分のパンが必要となるわけですから、現実的ではありません。五つのパンと二匹の魚だけで、ここにいる群衆のお腹を満たすことなどできない。そう現実的に判断する弟子たちに、主イエスは彼らの五つのパンと二匹の魚を用いるのです。それを「天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて」弟子たちに渡します。弟子たちの手で群衆にパンと魚を分け与えるよう命じたのです。そして、すべての人が食べて満腹し、パンの屑と魚の残りを集めると、十二の籠にいっぱいになったと言います。パンを食べた男性は五千人とありますから、女性と子供を合わせたら、もっとすごい数でしょう。

 しかし、主イエスは単にその数の大きさという豊かさを私たちには伝えていません。また、主イエスは五つのパンと二匹の魚を無限に増やしたわけでもなく、もとの数は変わらないままに、それを全ての人に分かち合いました。数だけで追っていくと、それが一口サイズだったのかどうかといろいろ詮索してしまいますが、最初に言いましたこの人々が満腹したという言葉が満足した、すなわち満たされたということが大きな意味を持っているのです。彼らを満たしたのは、弟子たちが持っていた五つのパンと二匹の魚であって、それ以上のものではありません。五千人以上の会衆を見て、それこそ弟子たちは自分たちには彼らを養い、満たせるだけのものは何も持ち得ていない、裸一貫の状態です。まじまじとその現実を突きつけられたのです。そして、「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」この主イエスの言葉がさらに応えたことでしょう。しかし、この主イエスの言葉は、明らかにその弟子たちの姿、状況を踏まえた上で、そう言われたのです。数では単純に足りないことはわかっている。しかし、大切なことはそうではない。ここで今、自分が教えている神の教え、神の御心はそういうことをあなたがたに伝えているのではないということです。足りないのは五つのパンと二匹の魚ではなく、彼らの信仰なのです。五つのパンと二匹の魚が貧しいのではなく、弟子たちの思いが貧しいのです。

 それを分からせるために、主イエスは五つのパンと二匹の魚をとって、天を仰いで賛美の祈りを唱えました。賛美の祈りというのは、元の言葉では祝福したという言葉です。祝福というのは、私たち人間の歩みが順風満帆にあることを言っているのではありません。祝福というのは、神様に属する者ということです。つまり、この五つのパンと二匹の魚の数が問題ではなく、それらが神に属するもの、神から出て、神から与えられているということが大切であり、主イエスはこの祝福の祈りを通してそのことを伝えているのです。そして、その神様からのもの、その恵みをここにいる全ての人と分かち合いなさいということです。その恵みが真に彼らの飢え乾きを満たすのだと言うのです。

 弟子たちと共に、私たちも自分の所有しているもので平安を見出し、それが足りないと不安と悩みに陥ります。それが足りているか、足りていないかで、自分の持っているものの見方が変わってしまうのが私たちの現実でしょう。けれど、主イエスはその所有する生き方から、与える生き方へと私たちを導くのです。「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」。与え、共に分かち合うことで見えてくる真の豊かさがある。本当に貧しいのは、どれだけ所有していようと、自分の所有しているものに固執し、それを用いることができないことでしょう。持っていることで安心する私たちの心を、与えて共に分かち合うことで見えてくる真の平安へと私たちを導くのです。

 五つのパンと二匹の魚は神様から与えられた弟子たちのものであり、それが全会衆を満たしました。だから、ここでも弟子たちが所有しているものはないのです。五つのパンと二匹の魚しかないと思うどころか、それは真には自分たちが所有しているものではなく、神様から与えられたもの。与えられたものとして、恵みとして受け止めているのかどうかということです。私たちに日毎の糧をお与えくださいというあの主の祈りはまさしく神様への願いであり、信頼の言葉なのです。神様、あなたが日毎の糧を、私たちに生きる糧を与えてくださっている。それが五つのパンと二匹の魚かもしれません。主が祝福し、与えてくださっているという豊かさに私たちは与っているのです。

 飼い主のいない羊のような私たちに、主イエスが真の羊飼いとして、私たちを養い、満たして下さるために来てくださいました。そして、私たちひとり一人が所有しているものはなくても、あなたの存在そのものが神様から与えられている豊かさであり、その命を生涯という人生の歩みを通して、他者と共に生き、共に助け合い、共に生きなさいと言われます。五つのパンと二匹の魚が祝福されて、神様に属するものであるということを垣間見たように、私たちの存在も主によって祝福され、神様に属する豊かな者とされている大切な一人なのです。その豊かさに気づかず、誰かと比較し、他人の目を気にして自分の小ささ、弱さにおじけずく私たちの心に主は憐れみをもってして、訪ねてくださり、もう一度、私自身という豊かさを回復してくださいます。主イエスによって示された神様の豊かさを己の豊かさとして、恵みとして今一度いただき、その豊かさを新たに分かち合って、歩んでまいりましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。