2018年9月2日 聖霊降臨後第15主日「祈りを込めて」

マルコによる福音書7章1~15節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

今日の聖書の言葉の中に偽善者という言葉があります。6節の言葉です。この偽善というのは、仮面をつけて舞台上の役者のことを意味していると言われています。もちろんその舞台やドラマの登場人物の姿と役者個人の姿は別人ですが、役者はその舞台やドラマの登場人物になりきるために仮面をつけて演技しますから、物語を見ている時には役者の演技を通して、その登場人物そのものが本当にそこにいると思わせるほどの迫力とリアリティがあります。役者は自分が演じる登場人物が人からどう見られているのかということを日々研究して、その職務にあたっています。

 そのように、人からどう見られているのかということを気にして、仮面をつけている姿が私たちにもあるかと思います。世間の目を気にする、人の目を気にするということがまず言われるかと思います。だから、どんな服装をしていこうかと、服を選ぶだけでも思い悩むことがあります。人の目を気にするばかりに、人の目に束縛され、本当の自分はどこにいるのか、自分は何なのかと自分を見失うこともあります。

 今日の聖書の箇所で、偽善者と言われているファリサイ派の人々と数人の律法学者たちの姿も私たちと重なっているのではないでしょうか。話の発端は、食事の場面からでした。汚れた手、洗わない手で食事をする弟子の姿を見て、彼らはその弟子本人ではなく、主イエスを咎めるように言います。「なぜ、あなたの弟子たちは昔の人の言い伝えに従って歩まず、汚れた手で食事をするのですか。」食事の前に手を洗うのは衛生面でするわけですが、ここでの彼らの言葉の意味は、単に衛生上の問題として手を洗わないことを非難しているわけではありません。この汚れたという汚れという言葉は、日常的という言葉から来ています。ユダヤ人たちにとっての日常とは、世俗の生活を意味します。世俗の生活の中で、神の民ではない異邦人とも関わり、接触する機会がある。神の民ではなく、神の掟や言葉に従って歩まない彼らは汚れた存在であるから、その汚れを払うために、手を洗い、また杯、鉢、銅の器や寝台などの用品なども洗って、清めているというのです。それは昔からの人の言い伝えであって、自分たちはそれを固く守っているのに、なぜあなたがたは守らないのかと言うのです。

 その彼らの言葉と心を見抜いてか、イザヤ書の言葉を引用して、主イエスは彼らを偽善者と言われ、偽善者のことを、「あなたたちは神の掟を捨てて、人間の言い伝えを固く守っている。」とまで言われました。主イエスはただ手を洗うことは神様の掟には正確にはないから、それを押し付ける彼らを非難しているわけではありません。神様の掟にそれが明確にあるかどうかということが問題ではなく、彼らが人間の掟を優先して、そのことによって神の掟をないがしろにしていることを非難しているのです。あからさまに彼らが神の掟を無視してないがしろにしているのではなく、彼らが偽善者、いわば仮面をつけて神の掟を守ろうとしている姿を、人間の掟を軸にしているのだと言われたのです。

 この昔からの掟、人間の掟とは、法律一般のことではありません。確かに法律も人間が作ったものですが、ここでの人間の掟というのは、自分の正しさを誇るものであり、その正しさを実行するために、また人から清い人だと認められるために、神の掟を利用している偽善でした。要はマイルールがそこにあって、そのマイルールによって、神の掟の受け止め方を変えてしまうわけです。

 その偽善のありようを、父と母を敬えという、十戒の大切な掟に関しても、『もし、だれかが父または母に対して、「あなたに差し上げるべきものは、何でもコルバン、つまり神への供え物です」と言えば、 その人はもはや父または母に対して何もしないで済むのだ』という実態があり、それを主イエスは非難しているわけです。父と母を敬っていると自負しつつ、しかしそれは、神様への供え物を優先させなくてはいけないという都合から、実際には何もしてない、敬っていない姿がある。だから、本当のあなたがたは、神の言葉を無にしてしまっていると言うのです。

 主イエスはここで、「この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。」とも言われ、偽善者である彼らを非難していますが、主イエスは口先だけではなく、実際に行動することが大切だと私たちに教えているのでしょうか。そうではなくて、行動するにしろ、しないにしろ、神様の掟、言葉は何のためにあるのかということを私たちに教えているのではないでしょうか。

 神様の掟、律法とも言われますが、その律法はかつてエジプトで奴隷状態にあった彼らの先祖であるユダヤ人たちが、神様の憐れみの業によって、モーセに率いられて、エジプトを脱出したあとに、これから自分たちの民族でだけで歩んでいく彼らに与えられたものでした。十戒をはじめ、多くの律法が与えられました。一見それは彼らを再び束縛するものではないかと思われますが、そこには彼らを養い、導いていく神様の愛と恵みの本質が示されているのです。律法は彼らを束縛し、独裁するものではなく、羊が羊飼いの養いの中で、安心して、そのままに生きていくことができるようにと、人のために定められたものでした。そのことから、神様とイスラエルの民、すなわちユダヤ人との関係は、羊飼いと羊という関係にたとえられ、羊飼いは命をかけて羊を守る神様の姿に重ねられました。律法、神様の掟とは、そのように人を養い、ありのままに人を愛し、生きていけるようにと定められたものであって、束縛するためのものではないのです。

 律法における神様の言葉を、主イエスはご自身の姿を通して、私たちに伝えています。神の言葉として、主イエスは語るのです。ヨハネ福音書でこういう言葉があります。「イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」すると、彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。」イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。」(8:31~36)神様の言葉に留まる、そこに生きていくものが、神の民、キリスト者であると言われます。そしてこうも言われます。「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」神様の言葉によって、真理を知り、真理とはあなたを自由にする。自由にするのだと言われるのです。偽善、仮面をつける必要はなく、神様の言葉、神様の養いの中で、あなたたちは真に自由なのだと。

 そして、自由について、パウロはガラテヤ書の5章13節から15節でこう言われます。「兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。律法全体は、「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされるからです。だが、互いにかみ合い、共食いしているのなら、互いに滅ぼされないように注意しなさい。」(5:13~15)自由を得るために召された、あなたがたが自由を得るために、わたしはあなたがたを招いている。あなたがたがそこで生きていけるように。仮面などつけなくていい、ありのままにあなたが生きていけるようにと。何でも自分勝手にしてもいい自由ということではなく、その自由を愛によって互いに仕えなさいと言われます。主イエスは律法、神様の言葉の急所は神を愛し、自分を愛するように隣人を愛しなさいということでした。行動に起こしなさいとただ言われているのではなく、そのひとつひとつのことに、愛を込めて、祈りを込めて、神様に訪ねつつ、共に神様と歩んでいくのです。神様の言葉に留まり、その養いの中で、神様の愛と恵みを知り、互いに愛し合い、仕えていく。そこにまことの自由があるのです。

 私たちは偽善となり、自分を守ろうとするかもしれません。人目を気にするかもしれません。しかし、そこに捕らわれ、縛られている自分に疲れ、自分を見失うかもしれません。神様の御言葉はその自分を解放し、真に偽善から解放されて、自由に愛することができるようにと、そのために私たちを招いてくださっています。私たちはもはや奴隷状態ではなく、神様に召され、自由とされているのです。この自由は人を気にして自分を高め、さらに自分を縛るものではなく、ひと目から解放されて、人に与える自由をもたらします。そこに私たちは生きていくことができるのです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。