2018年11月18日 聖霊降臨後第26主日「愛を信じて」

マルコによる福音書12章41~44節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 一人の貧しいやもめが賽銭箱に生活費を全部入れたという今日の福音書の物語は、献金について思いめぐらす箇所であるかと思います。神学生の時、ある教会で実習をしていた時に、教会学校の礼拝の中で献金のお祈りをしている子どもの姿を思い出しました。子どもたちは毎週こう祈っていました。「この献金を神様の御用のためにお使いください。」ストレートにわかりやすく、献金の意味するところ、献金の心を伝えている祈りだと思いました。神様の御用のために自分が捧げた献金が用いられるのであって、自分が捧げた献金の額によって自分を誇ったり、自分の貧しさに嘆いたりするのではなく、金額がいくらであろうと、それを神様が用いられるとういうことに全ての思いと心を向けていくのです。

 ただ、金額にはよらないと言っても、このやもめは適当な金額を献金したのではなく、乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたと言います。このやもめのように献金しなさいと聞きますと、給料、お小遣いを全額献金しなさいと思うかもしれません。本当に主イエスはそのように私たちに教えているのでしょうか。一方で、皆は有り余る中から入れたという金持ちたちの献金の姿が描かれています。金額ではこのやもめよりも、大きかったのでしょうけれど、それは有り余る中からの一部の献金であって、自分には余裕がある献金であり、生活費の全てではありません。それでも、自分はこれだけの金額を献金した、献金することができたという自負があったのでしょう。逆に、やもめの献金は乏しさの中からの献金でした。有り余る中からの献金なのか、乏しい中からの献金なのか、この違いがキーになっていて、単に給料、お小遣いを全て献金しなさいと教えているのではないのです。

 この賽銭箱が置いてあったのはエルサレムの神殿です。神殿の中には13の賽銭箱が設置されていまして、それぞれの賽銭箱には用いられる献金の用途が異なっていたようです。また、一説には、献金する際に、賽銭箱の近くにいる係りに、献金の額と用途を伝えて、献金していたとも言われています。誰がいくら献金したのかということを記録するためでしょうか。その中で、主イエスは賽銭箱の向かいに座ってその様子を見ておられました。すると、多くの金持ちたちが多額の献金をする中で、一人の貧しいやもめが来て、レプトン銅貨二枚、すなわち一クァドランスを入れました。夫に先立たれた、もしくは離婚して夫のいないやもめが一人で、または子どもを養いながら、生活していくのは大変なものでした。今の時代みたいにシングルマザーとして子育てをしていくという制度は整っていませんし、生活保護というしっかりした制度もありませんでしたから、その日ぐらしの生活で精一杯でした。だから、旧約の律法はやもめに対する配慮、やもめを大切にして保護しなさいと教えていますし、(申命記10:17~20)主イエスもナインの町で、ひとり息子を亡くしたやもめを憐れに思い、身体全体でそのやもめの痛み、悲しみを受け止められ、一人息子を生き返らせて、やもめに返してあげました(ルカ7:11~17)。初代教会もやもめに配慮することを大切な働きとしていました(使徒6:1~7、Ⅰテモテ5:1~16)。

 その貧しいやもめが献金したレプトン銅貨二枚、すなわち一クァドランスというのは、労働者の一日の賃金である1デナリオンの六十四分の一と言われていますから、ごくわずかな金額でした。しかし、それは彼女の生活費全部であったというのです。というのも、そのことを見ていた主イエスのまなざしから、それが明らかとなったのでした。主イエスのまなざしから、主イエスは弟子たちにこう言われました。「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。」はっきり言っておく。これはアーメンという言葉です。まことにその通りですという意味です。それは誰よりもたくさんこのやもめは献金したということでした。そして、「皆は有り余る中から入れたが、この人は、乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたからである。」と主イエスの言葉が続きます。乏しい中というのは、欠乏しているという意味です。少し余裕がある中で、それを全部入れたということではなく、欠乏している、要は献金できるものは何もないという意味合いで使われています。逆に皆は有り余る中から入れたというのは、献金として捧げるお金に満ち溢れているということで、それを捧げても自分の手元には十分お金が残るから、これだけ多くのお金を献金しましたという彼らの心の有り様でした。

 金額では明らかにお金持ちたちの方が多いですが、主イエスのアーメンという真実のまなざしは、やもめの乏しさにおける生活費の全てでした。生活費という本来の言葉の意味は、生活という意味の言葉です。やもめの生活、ようするにやもめの命そのものを指します。それが目に見える金額で言えば、レプトン銅貨二枚、ないし、一クァドランスというお金ですが、この額の少ない乏しい献金は彼女の命を表し、それを神様に捧げているということなのです。それは、このやもめが自分の力で生きていけない、命を永らえさせる根拠が自分にではなく、神様にしかない、神様により頼まずして、明日の命、いや、今この時の自分の命、生活は成り立たないということを主のまなざしは捉え、その彼女の思いを主イエスは受け止めてくださっているのです。自分の命は、生活は神様の御用の中で生かされている。その自分を養ってください、いやあなたの御用の中でわたしは養われ、生きていますという感謝と確信の中に彼女の献金の姿勢が示されているのです。

 先週は最も重要な掟の福音書の言葉を聞きました(マルコ12:28~34)。第1の重要な戒めは「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」というものでした。それは自分に力があり、余裕があるから、力を発揮して、主を愛することができるという意味ではありません。むしろ、自分にはそんな力はない。乏しい自分の姿があり、神様の養いなくしては生きることはできない。そんな自分を生かし、支えてくださる神様に信頼して、いっさいを委ねていく。そのいっさいというのが、心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くすことであり、神様の愛の中に己の全てを注ぎ込んでいくことが神様を愛することであり、それが彼女の生活費の全てを捧げた姿に表されているのです。

 主イエスは山上の説教で「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」(マタイ5:3)と言われました。貧しいこと自体が幸いなのではなく、貧しさ故に、神様により頼んで、委ねていく心、姿勢が幸いなのです。このやもめの乏しさはその貧しい心を表していますが、それは全て神様に向けられている心、神様の愛の中に己を委ねている。生活費の全てを捧げたというやもめの姿勢が、神様への愛を大きく示しているのです。だから、彼女は他のどんな人よりも多く入れたのです。神様の愛を目掛けて、神様の御用の中で生かされている自分の姿が主イエスのまなざしの中に真実な姿として映し出されているのです。

 この物語は、主イエスのまなざしの中にあります。献金は主のまざなしの中で、真実に捧げられているのです。金額の大小ではありません。また余裕がある多く献金する、余裕がないから今は献金しないということを私たちに伝えているのではありません。全ての人が主のまなざしの中にあって、わたしたちがどんな状況にあろうとも、自分を見つめていてくださる主の愛のまなざしは変わることなく、わたしたちの捧げものを、私たちの主を愛する思いを喜んで受け止めてくださるのです。わたしたちは主の愛のまなざしの中にあって、献金をします。そこで自分を着飾ることはないのです。むしろ、このやもめのように、本当は何一つ誇って、捧げられるものはないほどに乏しいのです。しかし、それは惨めなことではなく、神様の愛の中に飛び込んでいく導きであり、そこにより頼んで、神様に捧げていくことができるのです。乏しくても、貧しくても、神様への信頼をもってして、すべてのものを神様に向けていく。それが神様への献金であり、その神様の御用の中で生かされている私たちの命のありかが示されているのです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。