2018年11月25日 聖霊降臨後最終主日「目標を明らかに」

マルコによる福音書13章24~31節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 本日は教会暦の最後、その大晦日と言われます聖霊降臨後最終主日です。毎年、この最後の教会暦の時に、私たちはこの世の終りについて、終末について聖書から聞きます。今年はマルコによる福音書から聞いていくのでありますが、今日の福音の箇所を含めた13章全体が終末についての主イエスの言葉が記されています。まず、「終末」ということですが、ノストラダムスの大予言などに代表される終末予告が、私たちの記録に新しいかと思います。終末ブームとか言われていた時代もありますが、大半の人は、実は終末に対して無関心であり、本気で捉えるという心境には至らなかったでしょう。案の定、この大予言は実現しなかった。安心感を得たというよりも、むしろ当然の結果として受け止めた人が多かったでしょう。私たちは終末を、人間理解の中で捉える終末像として、認識している傾向があるかと思います。たとえばそれは地球の寿命を計算して、あと何年後かには滅ぶということを認識したり、環境の悪化や天候の悪化にその兆しを見出したりなど、それは人間理解の範疇の中でしかない終末像です。そこにはただ事実しての終末があるだけで、ただの滅び、破壊しか意味を為さないということです。それは終末の事実であり、事実は事実ですから、運命論的な定めに従わざる負えない。そこには希望も喜びもなく、ただ虚無感が支配しているだけです。ようするに、終末なんて私たちの日常生活、人生には何の意味も為さないということとして理解してしまうわけです。いずれ滅ぶかもしれないが、私たちはその事実を知る機会はないという具合に。しかし、私たちは個人的な死という終末を必ず迎えます。終末がただの滅び、破壊を意味するなら、死は全ての終りを意味することに他ならない。死んだらおしまいという虚無感だけが残る。しかし、聖書はこれらの人間理解に凝縮された終末理解を取り払うのです。

 主イエスが終末について語られている13章の中で、1節から23節と24節以降では、少し時系列的な時間軸があるのがわかります。1節から23節では、戦争や飢饉、地震、偽預言者、主イエスの名を語る偽メシアが現れ、また弟子たちが、つまり教会が迫害を受けるということを、主イエスは弟子たちに言っています。それは来る終末の徴であり、「生みの苦しみの始まり」と言うのです。その時がいつ来るのか、具体的な時間軸はわかりませんが、これらのことは既に世界中に現れている現象とも取れるのです。少なくとも、このマルコ福音書を書いたマルコの教会は、迫害や戦争などの只中で、生きてきたのです。彼らは自分たちが生きている間に、終末が来ることを確信していたでしょう。「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」という言葉は、彼らマルコ教会の証しとも言えます。迫害や破壊の只中にある教会を慰め、希望を語る言葉として、後の時代まで語られてきた言葉です。私たちが生きている現代のこの世界でも、このようなことは起こっているのです。

 そして、今日の福音の箇所であります24節からは、天体の揺れ動きについて記されています。これは闇を表しています。世界が完全なる闇に覆われる。しかし、それは終わりを意味するわけではないということが、26節の人の子の到来へと結びつくのです。この人の子の到来は、世界が完全なる闇に覆われたと同時に、やってきてくださるというのです。それは「力と栄光」を帯びた姿として来られるということ。今日の第一日課のダニエル書もそうですが、旧約聖書にはイスラエルを救ってくれる救世主メシア待望の期待が「人の子」として実現されることを願っています。キリスト教と違って、ユダヤ教は今でもこのメシア待望を抱いているのです。新約聖書において、「人の子」はどのように描かれているか。今日の箇所の前でありますマルコによる福音書10章32節から34節で、主イエスはこう言われています。「イエスは再び十二人を呼び寄せて、自分の身に起ころうとしていることを話し始められた。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子は祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは死刑を宣告して異邦人に引き渡す。異邦人は人の子を侮辱し、唾をかけ、鞭打ったうえで殺す。そして、人の子は三日の後に復活する。」」これは、主イエスが弟子たちに語られた3度目の受難予告の場面です。既に分かるように、人の子とは主イエスご自身のことであり、人々から受難を受け、十字架にかかり、3日目に復活する方なのです。それが人の子としての主イエスご自身であり、待望しているキリスト、メシアなのです。「人の子」が私たちの罪のために十字架に架かって下さったことが故に、私たちはどんな苦難や迫害の中にあろうと、最後まで耐え忍ぶことができるのです。その人の子が再びこの世界に、終末の時に来て下さる。この世界は未だに闇の只中にあり、私たちは終末の途上に生きているのです。

 私たちが生きる世界、現代は、初代教会のような迫害を経験することはなくとも、この世の様々な誘惑と戦っております。ストレス社会と言われる現代にあって、私たちは肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまうくらいに、忙しい日々を送っています。また「無関心」が私たちの周りにあります。この無関心は、私たちの目を鈍らせる倦怠感であり、私たちの力を萎えさせるものです。そんな思いを抱きつつも、この世界に終末が来ると言うことは確実です。終わりが来るのです。でも、それは私たち人間の理解という範疇に狭められた終りではありません。神様が定めた完全な終りでありますが、救いの完成としての終りが来るのであります。実に主イエスご自身が「私はアルファであり、オメガである」と言われるように、初めであり、終わりである人の子が救いの完成者として、この世界に来られるのです。

 私たちは、この世の終りにもたらされる完全なる救いを、聖書の御言葉から聞くのです。終末とは、先に約された救いの希望に他なりません。人の子がそれをもたらすのです。そして、何より、人の子は、肉体をもった「神様の言葉」である主イエスキリスト御自身であります。主イエスは言われます。「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」私たちは、天地が滅びるその時に向かって歩んでいる者です。私たちの一生には死という限界があるように、この世界の有限なるものには限界があるということなのです。そんな滅びゆく定めにあって、主イエスは神様の御言葉を通して、私たちを導いてくださいます。自らが、終わりの者となって、救いの完成者として、私たちを招いて下さる。その約束は、今既に為されているのです。私たちも神様の御言葉に生きる者として、信仰の旅路を主イエスと共に歩んでいる途上にあるのです。その道中、私たちは、様々な困難や辛さをこれからも経験しますが、この旅路のゴール、目標は既に明らかになっているのです。今を生きる私たちは、この終末の救い、希望に目を向けて、歩むことが許されているのです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。