2018年12月16日 待降節第3主日「希望の告知」

ルカによる福音書1章26~38節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 アドベントクランツの3つ目のロウソクに火が灯り、待降節の第3主日を迎えました。クリスマスの喜びが間近に迫っております。中高生礼拝や他の場所で何回か申し上げましたが、アドベントは到来という意味のラテン語から来ていまして、英語のアドベンチャーの由来となった言葉です。アドベンチャーと聞けば、自分から冒険に出たり、誰も挑戦したことがないことに取り組んだりすることを思い浮かべますが、アドベントの到来とは思いがけないことが突然起こるということを意味しています。自分から起こしていくのではなく、あちらから到来して起こることを受けとめていくことなのです。ただそこには戸惑いがあり、勇気がいることかもしれません。恐れがあり、先行きの心配が尽きないかもしれません。しかし、それは自分の力や能力、頼りとするもので切り開いていくことではなく、到来される方の力、み業によって切り開かれていき、導かれていくことを神様は語っておられるのです。その出来事を受けとめて歩んでいくものの中に、恵み深い者としての姿が明らかにされていくのであります。

 今日の福音書に登場するマリアはその突然起こった出来事を受けとめた恵深い人の一人です。いわゆる受胎告知と言われる有名な聖書の箇所です。解説の必要がないくらいに、西洋美術などで多くの人に知られている箇所だと思いますが、マリアに起こった出来事は私たちとどのように関係しているのでしょうか。マリアは特別に何かに秀でていた特別な存在だったのでしょうか。そして、彼女に起こったことは私たちに何を告げているのでしょうか。

 マリアはナザレというガリラヤの町に住むダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめであったと聖書は紹介しています。町と言っても、エルサレムの都からすれば、田舎の村に近いものでした。その田舎の村に住むマリアは、まだ結婚していない若い女性でした。10代ぐらいであったと言われています。今の時代で言えば、まだ学生であり、世間のことをまだあまりよく知らないふつうの女性でした。ヨセフとの婚約が決まっていて、ヨセフとの新しい生活が待っていたことでしょう。変わり映えのない日常生活を送っていた時に、突如主の御使いである天使ガブリエルが彼女を尋ね、「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」と言われました。これはマリアのようなふつうの女性に使うには、非常に丁寧な挨拶の言葉ですが、マリアが戸惑ったのはその挨拶の内容です。おめでとうというのは、めでたいということですが、これは喜びなさいという意味の言葉です。マリア喜べ、非常にめでたいことだ。と言われる。なぜか、それは、あなたは恵まれた者だ。主はそのあなたと共におられると言われたことです。あなたは神の恵みの中にあると天使は告げるのです。

 その恵みの内容は、「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」というものでした。赤ちゃんを身ごもる、しかもその人はダビデの王座を継ぎ、民を救う救い主であると告げられました。それは男の人を知らないマリアにとって、青天の霹靂であったことでしょう。なぜそのようなことが起こるのか。どうして自分に起こったのか。そして、ヨセフと婚約している自分のことを彼が知ったら彼はどう思うか。これから先、自分たちはどうなってしまうのか、いろんなことが一気にマリアの中で駆け巡っていったことかと思います。いったいどこに喜びがあり、恵みがあるのでしょうか。この予期せぬ出来事に戸惑うばかりであったかと思います。

 ここでマリアは、もうひとつの喜びの真実を聞きます。「あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。神にできないことは何一つない。」あのエリサベトおばさんが身ごもっているですって!?マリアはそのように驚いたことかと思います。エリサベトと夫の祭司ザカリアは、「神の前に正しい人で、主の掟と定めをすべて守り、非の打ちどころがなかった。」(ルカ1:6)人です。マリアと比べて、より神様に近い人物でした。より神様の恵みを受けるのにふさわしいと思われていた人物でした。しかし、その二人が子供に恵まれないことは、周囲の人から見れば、神の恵みが二人には及んでいないと見られていた人物でした。マリアもそう思っていたかもしれません。そのザカリアに天使が現れて、妻エリサベトが身ごもり、後の洗礼者ヨハネが誕生することを告げられたのです。その六ヶ月目に、天使はマリアに受胎の告知をしたのです。

 そして天使は「神にできないことは何一つない」と言いました。神に不可能はないと言いますが、これは約束の言葉です。私たち人間の思いや願いを、人間の観点で全て叶えてくれるという意味ではありません。これは神が言われた言葉は必ず実現するという約束の言葉を意味しています。神の観点からの、神の言葉は必ず実現する、約束は成就するというのです。そこに人間の思惑や願望が入る隙間はありません。私の思いではなく、あなたの御心が実現されるということなのです。神は人間の不可能の中に働かれる方なのです。

 マリアには、ただ子どもを身ごもったということを喜びとして、恵みとして告知されているわけではありません。マリアが身ごもったイエスという救い主は、ダビデの王座を継ぎ、民を救う方であるということですが、その方が宿られたのは、ナザレのガリラヤ、ふつうの女性であるマリアの胎内でした。マリアが特別に神に近い人物であったから、主イエスがそこに宿られたのではなく、マリアの胎内に宿られたことは、神が真に低いとこに来てくださったことを私たちに伝えているのです。その方は、ダビデの王座をつぐ王としてお生まれになると言いますが、最後は十字架にかかって殺されてしまうのです。人々の期待、願望によってお生まれになった方ではなく、神がひとりひとりを愛するために、ひとりひとりを恵みで包むために、神の観点から、民を救う救い主として、マリアの胎内に、私たちの日常の中に宿ってくださいました。これは、マリアだけに告げられた告知ではなく、私たちひとりひとりに告げられている告知、私たちも一人のマリアとして、神様から告げられている喜びであり、希望の告知なのです。

 マリアは「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」と答えました。はしためとは、下僕のことです。主人に委ねる存在です。マリアはこの出来事を悲観し、諦めたのではなく、神の言葉は必ず恵みとして実現する。この恵みの中に自分はある。自分のこれからの歩みは、何を頼りとするかと思い悩むことがあるかもしれないけれど、その旅路は主と共にいる旅路であって、そのままにヨセフと共に歩んでいけるという恵みを見出したのです。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。