2018年12月30日 降誕後主日「安心して行きなさい」

ルカによる福音書2章25~40節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 2018年最後の主日を迎えました。この一年間の歩みも神様のお恵みとお導きの中にあったことを感謝します。教会暦は降誕節、クリスマスの只中にあります。ですから、まだクリスマスは終わっていません。本日の御言葉をクリスマス物語の結びとして、福音を聞いてまいりましょう。

 今年は預言者シメオンの物語から御言葉を聞きました。シメオンについて聖書はこう記しています。「正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。」それから、29節の本人の言葉の中で「主よ、今こそあなたは、お言葉どおりこの僕を安らかに去らせてくださいます。」とあります。この去らせるというのは彼の死、人生の終わりを意味します。ですから、この時シメオンは老人であったと言われています。いったいどれくらいの時を、イスラエルが慰められ、救われるのを待ち望んできたのかは伺い知り得ませんが、彼の正しいあつい信仰とは、彼の業に示されているのではなく、慰められるのを待ち望んでいたという彼の信仰にあります。自分たちの国が慰められ、救われるのはいったいいつになるのか、いや本当にそんな日が来るのだろうか、と半ば半信半疑で待っていた、そんな不確定な未来を待つ姿勢ではなく、待ち望み続けた、必ずそれは成就するという望み、希望をもっていたことが彼のあつい信仰に示されているのです。

 この時、シメオンを支えていたのは、聖霊のみ力、導きでした。ヨハネによる福音書ではこの聖霊がパラクレートス、弁護者という言葉で記されています。このパラクレートスは、他に慰め主とか、助け主という意味もあります。真に慰めを与えてくださるのは、この聖霊の働きであり、人間の働きや思いの中ではないということです。イスラエルの慰められるのを待ち望む、その慰めは人間の力や思い、期待の中から生まれるものではないということなのです。そして、シメオンも祭司ザカリアや乙女マリアと同じように、御使いや聖霊を通して神の言葉、神の告知を聞いた人なのです。それは「主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない」とのお告げでした。

 そして、彼はその聖霊に導かれて、エルサレムの神殿を訪れて、律法の定めに従って、幼子を神様に捧げるヨセフとマリア、そして幼子主イエスに出会い、主イエスを腕に抱いて、29節から神を賛美するのです。これは私たちが毎週の礼拝の中で歌うヌンク・ディミティス、「シメオンの賛歌」と言われるものです。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、この僕を安らかに去らせてくださいます。」。安らかに死ぬことができると言います。安らかにというのは、平安、平和という意味の言葉、ギリシャ語エイレーネーという単語から来ています。へブル語のシャロームという言葉に当たります。イスラエルの挨拶の言葉としても使われていました。待ち望んでいた救い主が与えられ、ようやくその救い主に出会うことができた。だから、安らかに、平安の内に死ぬことができるというのです。

 それにしても、その待望の救い主が、幼子であるということに驚きを隠せません。彼はこの赤ちゃんを抱きながら、喜びを歌にしているのです。さらに、この救い主はイスラエルだけでなく、異邦人の光となる方、すなわちイスラエルだけでなく、全世界の、私たち一人一人のための救い主であると言います。それはかつてのダビデやソロモン、またローマの平和をもたらしたローマ皇帝のような強大な力と権威をもった者ではなく、生まれて数日しか経っていない赤ちゃん、それも飼い葉桶で生まれたこの幼子なのです。それは私たち人間の期待からおおよそ外れている姿です。幼子、それは全くもってして無力の象徴です。しかしそれは、神様の力が、救いの力が私たち人間の予想を遥かに超えて、無力なものの中にこそ働くということを表しているのです。羊飼いたちに現われた天使たちはこう歌いました。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」(ルカ2:14)幼子主イエスが与えられた時、それは地に平和がもたらされると言うのです。この平和という言葉もエイレーネーです。そして、その平和とは幼子主イエスご自身のことを現しているのです。

 シメオンが言う安らか、平安は、平和の主である幼子イエスによって成し遂げられたと言えます。しかし、主イエスによる神の平和とは、幼子に象徴される戦争や災害がない状態のことを指しているわけではないのです。平安の内に過ごすことができたと聞けば、何も悪いことや困難がなく、平穏無事に一年を過ごすことができたと思うかもしれません。そして、シメオンのように、最後死ぬときは後悔のない人生を送ることができて良かったと、そのような思いを抱くかもしれません。

 しかし、シメオンが賛美して告白する安らかさ、主イエスがもたらす救いはそういうことを私たちに告げているのではないのです。シメオンの言葉がヨセフとマリアに対して続きます。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」多くの人を倒したり立ち上がらせたりする、そういう救い主であるとシメオンは言います。主イエスはそのご生涯の中で、病気を癒し、悪霊を追い出し、神の国の例え話を通して、人々を癒し、慰め、励ますことによって、人々を立ち上がらせて行きます。しかし、この救い主は人を倒したりする方でもあるというのです。マタイによる福音書10章34節で主イエスはこう言われます。「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。」一見矛盾しているようなことを言われるのです。剣がもたらされ、分裂が生じる。そのようにしてイスラエルの人、全ての人が倒されてしまうという厳しさがあるのです。母親のマリアに対しても、「剣で心を刺し貫かれます」という厳しいことをシメオンは言うのです。これで安からに死ぬことができるという人がこれから言う言葉とは思えないほどに、厳しく鋭いこと彼は言うのです。

 しかし、イスラエルの人、全ての人が倒されてしまうということを言いつつも、先ほどの主イエスの厳しい言葉にある剣をもたらすという剣は結局誰に向けられているのかというと、それは何よりも主イエスご自身に向けられているのです。主イエスご自身がその剣に刺し貫かれるかの如く、十字架にかかって死なれるのです。シメオンが言う反対を受けるしるしとは、受難と十字架を表しているのです。シメオンはそこに救い主の姿を見、救いをもたらす神の御心を聞いているのです。単に幼子に象徴される戦争や災害がない状態、何も悪いことや困難がなく、平穏無事に過ごすことができるという理想をもたらす空虚な安らかさに浸っているのではなく、真にこの幼子イエスがもたらす救い、その救いを仰ぎ見つつ、安らかに自分の生涯を閉じることができる幸いを喜びとしているのです。

 主イエスがもたらす救い、平和は既にこの幼子であり、無力な姿の中に示されているのです。主イエスも私たちと同じように痛みを負い、悲しみ、苦しみを背負って、人々と共に歩まれていく救い主であるということです。そのようにして力や権威において人間を支配し、魅了したのではなく、ひとりひとりと出会い、ひとりひとりをそのままに受け入れられて、愛し、赦しを与えて、再び立ち上げられて、ひとりひとりの人生を大切にしてくださる方として、私たちの只中にきてくださったのです。痛み、苦しみ、悲しみがある私たちの人生を、共に生き抜かれる方として来てくださったのです。

 その現実の厳しさの中にある私たちの人生を呪われたものだとは思わず、その中にあって、私たちを養い、癒し、慰めを与えてくださる救い主として、私たちの人生を恵みとして祝福をもってして導いてくださるのです。反対のしるしを受けることによって、私たちへの愛と赦しが真に成就されるのです。私たちの今までの歩み、そしてこれからの新しい歩み、さらにシメオンのように、この地上での生涯を終えるときにも、その全てにおいて、主の愛と赦しに包まれて、満たされていることを覚えたいと思います。そこにシメオンが言う安らかさ、平安があるのです。

 今私たちは、痛み、悲しみ、苦しみの中にあるかもしれません。現実の厳しさの中にあって、私たちは全てを喜びのままに新年を迎えることができるのかどうかという不安があるかもしれません。しかし、私たちは今、クリスマスの季節の中を歩んでいます。救い主がそのような厳しさの中に、現実の闇の中で輝く光のように、ご降誕くださった喜びを聞いているのです。だから、私たちはシメオンの姿、彼の賛美をとおして、必ずやこの私をも慰められるということを、待ち望むことができるのです。聖霊の力、神の言葉に聞き従っていくことによって、それは明らかに示されていきます。だから、新しい年も、この救い主、幼子イエスによってもたらされる神の平安の内に、一切を神様に委ねて、新年を迎えてまいりましょう。

 人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。