2019年1月6日 顕現日礼拝の説教 「東方から招かれて」

マタイによる福音書2章1~12節  藤木 智広 牧師

 私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

 2019年最初の主日礼拝を迎えることができ、感謝いたします。今日は顕現日です。顕現とは隠れていたものが公になって現れるという意味です。主イエスの正体が明らかにされる、救い主として人々の前に公に顕されたということです。テトスの手紙に「実に、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました」(2:11)とあるように、主イエスが私たちの只中に宿られ、人々の前に公に顕されたことを、神の恵みが現われたという喜びをもってして、私たちは今この礼拝に招かれているのです。

 この顕現日には毎年マタイによる福音書に記されている有名な3人の博士の物語から御言葉を聞いています。救い主としてお生まれになった幼子である主イエスを最初に拝み、礼拝をしたのは、神の民であるユダヤ人ではなく、異邦人である3人の博士でした。不思議な星の動きに導かれて、彼らは主イエスがおられる場所にたどり着きます。その時、彼らは「その星を見て喜びにあふれた。」と言います。口語訳聖書は「非常な喜びにあふれた」とあります。自分たちでも表現しきれないほどの予想外の喜びと言いましょうか、自分から喜びを表現する以上に、与えられた喜びに包まれていたというのです。そして、彼らは家に入って、「ひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。」とあるように、主イエスを礼拝しました。大いなる喜びの中で礼拝は行われているのです。礼拝に与る恵みがこの喜びに表現されているようです。

 彼らは東方からこの喜びの礼拝に招かれてきたのでした。ユダヤ人から見て、東の方とは、かつてユダヤの国を滅ぼし、奴隷として多くの民を連れ去って行き、自分たちイスラエルの神様への信仰を遠ざけようとしたアッシリアやバビロンという国々が栄えていたペルシア地方を指します。ユダヤ人たち神の民にとって、それら東方の国々に対する思いとは、忘れられない歴史的な悲しみや苦しみ、憎しみで満ちていたことでしょう。また、その時代よりももっと以前に、東という方角、東の地というのは、聖書においては、あまり良いイメージをもってはおりません。創世記を見ますと、3章でアダムとエバがエデンの園から追放されるのですが、追放された場所がエデンから東の方角に行ったところでした。人類最初の兄弟であるカインとアベルの物語(4章)では、カインが弟のアベルを殺害した後、カインはエデンの東、ノドという地に逃亡して、彼の子孫はそこで暮らしました。あのバベルの塔を建てに来た人々については「東の方から移動してきた人々」(11:2)と記されています。ですから、東の地というのは罪を犯して神様から追放された場所であり、逃れの地であり、神様の御心に反した場所、つまり神様と共に歩んでいない神なきところであり、神様の祝福から離れているところを象徴的に表しているのです。

 しかし、救い主の誕生を知らせる星の輝きは、まさにその東の地で起こったのです。神なきところ、神様の祝福からも遠く、偶像崇拝によって、神様から最も離れていたもののところに、まず救い主の誕生を知らせるしるしが、星の輝きによって、彼ら占星術の学者たちに示されたのでした。そして彼らはその救い主を求めて、旅立っていったのです。しかし、彼らはすぐに救い主に出会うことができたわけではありませんでした。彼らはユダヤの宮殿を訪れ、ユダヤの王ヘロデ王に救い主のことを聞きます。ユダヤ人であるヘロデ王は喜ぶどころか、不安を抱き、それは彼だけでなく、「エルサレムの人々も皆、同様であった。」と言います。神の民は救い主誕生の出来事に喜びを抱かないのです。この不安を抱くというのは、狼狽するというほどの意味の強い言葉です。その狼狽するほどの強い不安、不信感が主イエスを抹殺する企てとなり、後に2歳以下の幼児を大虐殺する悲劇を生んでしまうのです。王の周りにいた祭司長たちや律法学者たちも聖書の言葉から救い主がどこで誕生するのかを知りえながら、博士たちと一緒に旅立とうとはしませんでした。博士たちが喜びの内に礼拝に招かれているのとは真逆に、彼らは喜びではなく、不安を抱いたままなのです。

 当時、イスラエルはローマ帝国に支配されていましたが、ヘロデはローマ帝国と結んで、パレスチナに広大な領土を持ち、その支配はかつてのダビデ王に匹敵するほどの勢力を誇っていた当時のユダヤの王様でした。エルサレムの神殿を豪華絢爛に改築したのもこの人です。けれど、その政治支配は、恐怖に満ちたものでした。逆らう者や不安をもたらす者やその要因は身内であろうと、容赦なく退けてきて、今の地位を築いてきたのです。それが今、救い主誕生の出来事を目の当たりにして、自分の王座が奪われ、自分の地位が失われることに大きな不安を抱くのです。

 ヘロデだけの姿を見ると、ただ残酷で酷い人にしか見えないかもしれませんが、その彼の根本にはやはり不安が支配しており、その不安ゆえの彼の弱さ、小ささが自分の地位を守ろうとする彼の姿に示されています。それはエルサレムの民も、御言葉を聞いても、立ち上がって行かなかった民の祭司長たちや律法学者たちの姿も同じでありました。

 神様の祝福に近いとされていたユダヤの神の民ですが、彼らの心の中に東方の地が存在していたのではないでしょうか。彼らの心は、東の地にあって、神様でも御言葉でもなく、自分を軸として歩んでいる者たちの姿を現しているのです。それはまた、彼らの姿だけでなく、私たちの中にもあるように思えます。私たちの心の中にも東方の地が存在するのではないでしょうか。大きな不安に駆られ、御言葉を聞いても、立ち上がらず、そこに生きようとしない。不安故に、自分を守ろうとすることに固執してしまう、そんな自分の姿が彼らと同じようにあるのではないかと思うのです。

 それでも、主は私たちに救い主の誕生を知らせる星を、いや信仰の星を私たちに備えていてくださるのです。あの占星術の学者たちも、東方で見た星を追って、そのままベツレヘムにたどり着いたわけではなかったのです。彼らもまた、ヘロデや祭司たちと同じところにいたのです。彼らが不安を抱いていたのかはわかりませんが、少なくともそこに喜びはありませんでした。彼らも御言葉に聞き、御言葉に導かれなければ、救い主と出会うことはできなかったのです。

 救い主誕生のしるしは、東方の地において起こりました。神なきところで、主の顕現は示されたのです。その一番最初の礼拝を覚えて、今日私たちはこの場に招かれました。様々な理由で各々が招かれたのだと思います。けれども、今私たちは、共に主の顕現を、あのみすぼらしい飼い葉桶に寝かされている幼子を、御言葉を通して示されたのであります。このみすぼらしさ、弱さ、小ささは、私たちの姿です。そのように私たちと同じところに立ってくださった神、インマヌエル、共におられる方が私たちと共に歩まれるために、私たちの只中、私たちの不安の中に降り立ってくださったのです。不安を喜びに変えるために。

 私たちの生活、この世で生きるということは、東方の地にさすらうものであるのかもしれません。しかし、星が先立って学者たちを導いたように、私たちをも星は導く、それは御言葉が絶えず私たちに語りかけているからです。それは不安を喜びへと変えてくれるものです。どんなに罪を犯して、神様から離れていると思っても、その心の中に東方の地を描こうとも、星はそこでこそ輝くのです。私たちの苦しみ、悩み、不安を共にされるために、真の喜びをもたらすために、主は私たちの世界に顕現されたのです。その喜びを、今この礼拝で体現し、この喜びの内に新しい一週間、新しい年の歩みへと遣わされてまいりましょう。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン