All posts by 智広藤木

2019年4月7日 四旬節第5主日の説教「無駄なものはない」

「無駄なものはない」ルカによる福音書20章9~19節 藤木智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

四旬節も半ばを過ぎ、来週からはもう受難週、また聖週間と言われる主イエスのこの地上での最後の一週間の歩みを覚える季節に入ります。十字架の死を前にして、今日与えられました福音書は、ルカ福音書における主イエスの最後のたとえ話しです。最後に人々に語られたこのたとえ話は、非常にインパクトのある、衝撃としか言い様がない厳しい物語です。袋叩き、侮辱、傷を負わせる、そして殺してしまう。そういう人間の闇を描いている物語です。戸惑いを覚えるでしょう。

話の舞台はぶどう園での出来事です。イスラエルではぶどうが至るところで栽培されていたので、聖書の中にはたくさんぶどう畑に関する話が出てまいります。豊かなぶどうの実が成るぶどう園は、神様の恵みと祝福の象徴であり、それは神の民であるイスラエルの国を表します。神様によって与えられた土地であり、豊かなぶどうの実りは日々の糧でした。主人からぶどう園を貸してもらった農夫たちは、せっせとぶどう園を耕しました。たとえ話には記されていませんが、収穫をもたらすまでには、多くの苦労を重ねたことでしょう。知恵を使い効率的な作業を作案したり、または飢饉などの被害に合うことがあったかも知れませんが、彼らは一生懸命に働きました。そしてその結果が表れました。収穫が実ったというのです。きっと大いに彼らは喜んだはずです。ところが、収穫の時、収穫を納めるために主人から遣わされた僕を袋叩きにし、何ももたせないで追い返すという悪行を行います。困った主人はまた僕を遣わしますが、最初の僕と同様に、袋叩きにし、さらに侮辱して、また追いかえしてしまいます。また主人は僕を遣わしますが、この僕は傷まで負わせられて、ほうり出されます。それでも主人はあきらめず、最後の手段として、自分の愛する子を遣わすことにします。しかし、農夫たちはさらに悪知恵を働かして、土地の相続を企んで、この息子を殺して捨ててしまったというのです。主人は最後まで現れませんが、主イエスはこの農夫たちが主人に殺され、与えた土地を取り上げて、他の人に取り上げるという結末を話されて話を終えました。

この農夫たちの姿から、彼らの心境として、主人は見えていなかった、いないものとしていたと思えます。僕や息子は来ても、主人は来ない。主人がこなければ恐れることはない。これだけの収穫を得ることができたのは、自分たちの努力や力、工夫によるものだという確信があったでしょうし、もうこの土地で、自分たちだけで生きていけるという思いがあったでしょう。

農夫たちがぶどう畑を一生懸命に耕したように、私たちも自分の人生を一生懸命に耕して生きています。自分を磨いて整え、培ったものを存分に発揮しているでしょう。ただそれは何のために、誰のために発揮する自分の人生なのでしょうか。それは自分の幸せと他者への感謝、社会貢献のためだと言えるのかもしれません。しかし、そこには常に自分の正義が土台としてあるように思えるのです。自分を軸とし、自分の思うがままに力を発揮している自分の姿がある。自分の気に入らないものは切り捨てたり、無視したりする。また感謝への気持ちを忘れてしまうこともあります。自分の力量に対して、与えられて当たり前だと思っている、どこかにそういう自分の姿があるのではないでしょうか。むしろ、その力量を培うことのできるこの人生という土台は自分自身で得ることができたわけではないでしょう。気づかないところで、この土台がすり替えられている、自分の正義という土台にです。それは何とも限定されている自分の視野に基づいた狭いものでしょうか。それだけ私たちは盲目的になってしまう危険があるのです。

このたとえ話自体は、息子が殺された場面で終わっています。「さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。」(1516節)当然のことと言えば、当然のことでしょう。しかし、これを聞いた民衆は主イエスに言います。「そんなことがあってはなりません」(16節)と。これは決してそうではない、断じてそうではないという言い回しです。この民衆の言葉は、同じマタイ、マルコの同じたとえ話には出てきません。ルカ福音書にしかない言葉です。民衆がこの農夫のことを悪く思い、非難したともとれますし、自分たちはこんな人間ではないと否定したとも考えられます。解釈は様々ですが、民主の中でこのたとえ話の意味に確実に気付いた人たちが律法学者や祭司長たちでした。彼らは民衆の指導者たちです。イスラエルの権力の中にいる人たちです。聖書の専門家であり、礼拝を司る彼らは、この農夫の姿を自分たちへの当てつけ、すなわち主イエスがこの農夫の姿はあなたがたそのものだと言われたと自覚したのです。

農夫たちの姿が彼らイスラエルの民であれば、ぶどう園を貸してくれた主人は神様です。その土地は神様のものですが、彼らは神様への感謝どころか、収穫を独り占めにします。神様から遣わされた僕という御使いや預言者の言葉に耳を貸さず、彼らは神様から離れ、神様の目から見て悪いことばかりをすると言う罪を犯し続けます。最後に神様である主人は愛する息子をぶどう園に遣わされました。もうお気づきでしょうが、この息子は主イエスです。たとえ話にはこの息子が殺害されることまで記されていますから、これは主イエスの十字架を予告していると言えます。ですから、私はあなたがたに殺されるとまで主イエスは律法学者や祭司長たちに向かって言っているようなものなのです。

農夫たちは悪意に満ちた人間に見えますが、彼らは恐れを知らない知恵ある者たちです。確かに収穫をもたらしました。苦労だってたくさんしたでしょう。努力しているはずです。彼らは自分たちの才覚を信じて疑わなかった。主人の愛する息子を見て、相続財産を頂こうと企みます。息子にはその価値があった。またその価値しかなかった。自分たちの利益、必要な物だけが欲しい。

息子を遣わした主人の思いは、「どうしようか。わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう。」ということです。息子に対する愛もさながら、この主人は尚も農夫たちを愛してやまなかったのです。3人の僕に対する仕打ちを見ても、そうでした。農夫たちとの関係を断ち切ろうとは為さらなかったのです。農夫たちというイスラエルを含めた全世界の救い主と、この世界を愛するために来られた主イエスは、無力な、飼い葉家に寝かされているみすぼらしいみどりごとして、私たちの間にきてくださいました。

そして今、主イエスが殺される、それも捨てられたかのように。誰からも必要とされないかの如く無残にです。そう、主イエスは十字架を語っているのです。十字架に自分をつける者たちの前で。また私たちの前で。農夫たちに捨てられる姿を、御自身に重ね合わせて言われます。「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」建築現場の隅に放り出されて、無視されている石です。石屑です。特に必要とされない石です。その石に自分が譬えられている。神様の福音がそこで示されている。主イエスの生涯は、見捨てられた者たちとの交わりでした。愛の交わりでした。徴税人や罪人と食卓を囲みました。律法学者や祭司長たちから罪人だと嘲られ、社会に必要ないかのように見られていた彼らは、主イエスと交わり、神様の愛の大きさ、自分という存在を取り戻していったのです。自分はこの方に委ねて生きていいのだと。

律法学者や祭司長たちは主イエスをメシアとはみなしません。自分たちは聖書を教える立場、礼拝を司る立場にあり、ここにいる民衆を導かなくてはならない。模範とならなくてはならない。決して農夫のような存在ではいけないのです。自分こそが正しくあらねばならないと、本当の自分を何ものにも委ねることができないのです。主イエスの存在が、彼らにとってつまずきの石、妨げの岩としてはばかっています。自己中心的な生き方に、この石は立ちはだかるのです。

「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」主イエスは人々に見捨てられたかのように、十字架につけて殺されます。弟子たちは恐れて逃げて行きました。絶望に打ちひしがれ、彼らも主を見捨てて、暗闇の中に留まっていきました。主イエスの十字架の御前に立つことは出来ず、自分という存在を隠して、神様との関係を拒絶しようとするのです。この弟子たちの姿は私たち教会の姿です。教会の歴史は、彼らの姿に見えるように、暗闇から始まるのです。挫折し、絶望の淵からです。

しかし、主イエスキリストの十字架、人々に捨てられ、殺された、闇という象徴を滾らせるこの十字架こそが隅の親石となるのです。建物を支える命の柱として、息づくのです。私たちの目には見えなくとも、通り過ぎてしまうものであっても、根本的な土台となるものです。なぜか、この隅の親石こそが、罪を打ち砕く神様の不思議な御業だからです。

神様が与えて下さったぶどう園というこの世界で、この命が与えられ、私が私として生かされる。私を知り、私を知る神様を私たちは知るのです。神様の恵みの中で喜びの内に生きるようにと、主イエスはあなたの心の内に語られています。

私たちはこの世界で生きるもの、生かされているものです。私たちは主イエスの十字架につまずいた者たちを知っています。律法学者、祭司長、民衆を含むイスラエルの民全体、弟子たち、そして私たち自身。しかし、この十字架は私たちのための救いのための隅の親石として、私たちの内にあります。私たちの罪はこの隅の親石に打ち砕かれたのです。もはや自分を閉ざす必要はないのです。私たちの生き方はこの方に変えられます。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。

2019年3月31日 四旬節第4主日の説教 「帰るところ」

「帰るところ」 ルカによる福音書15章11~32節 藤木智広 牧師

私たちの父なる神と主イエス・キリストから恵みと平安とが、あなたがたにあるように。アーメン。

マザーテレサがこういうことを言っています。「わたしたちはとてもすばらしいことのために創られました。それは生きて愛されるということです。」愛されるために人は創られた、生まれてきた。「君は愛されるために生まれてきた」という有名な韓国の賛美歌もあります。誰から愛されるかというと、もちろん私たちを創られた神様です。神様から愛されて生きる、それは神様の愛のご支配の中で私たちは生きているということです。

神様の愛、それは人間が思いつく気分的なものでもなく、条件づけられた縛られたものではありません。パウロはローマ書で「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」と、その計り知れない神様の愛を語っています。しかし、私たちは本当のところ、神様の愛をどのようにして知ることができるのでしょうか。それとも私たちはこの愛を見失ってはいないでしょうか。「愛されている」、実はその言葉だけがむなしく先走ってはいないでしょうか。言葉だけが先走って通り過ぎてしまい、自分の中に何も残らないということがあります。最も大切なことを、最も大切な自分の心の奥深くに迎え入れることができないというもどかしさを私たちは経験します。

本日の福音である放蕩息子のたとえ話は、ふたりの兄弟の視点を通して、遠いのに気付かされ、近いのに気付けないという不可思議さともどかしさに包まれた神様の愛について主イエスが語られる愛の物語であります。

愛の物語というからには、スポットライトが当てられているのは、放蕩息子の弟だけではなく、25節から登場する兄にも同様に当てられています。ふたりは似ているのです。人生の道は違っても、やはり兄弟です。父親の財産を分け与えられる兄弟であり、父親から両方とも同じように愛されている兄弟なのです。

弟は父親の財産の分け前を、父親が生きているにも関わらず、父親に頼んで貰い受けます。あたかももう父親が死んだかのように、彼は自分の都合で財産を相続しました。そして旅に出て、放蕩の限りを尽くす、すなわち自分勝手にありのままに人生を歩み出したのです。彼は豊かであったでしょうし、父親から離れることによって、父親のしがらみから抜けて、自由を得たという思いにあったかと思います。もう父親、家のために働かなくていいのです、奉仕しなくていいのです。さらに、父親からの助けも必要ないし、愛も必要ないと感じたでしょう。彼は独立して、気ままに暮らしたかった、それで生き続けられるという自信があったのです。

しかし、彼の境遇は一変します。財産を使い果たし、彼が住んでいた地方で飢饉が起きて食べることにも困り果て、挙句の果てに、ある地主の家の豚の世話をし、豚の餌にありつこうとしてまで、飢えを満たそうとするのです。豚、それはユダヤ人にとって忌むべき家畜です。その豚の世話をする、豚の餌を求めるということは、彼がどれほど落ちぶれたのかということがよくわかります。そんな彼を助けてくれる人は誰もいなかった。彼はこの時ほど孤独を感じたことでしょう。財産で何でもそろうことができた、孤独感をまぎらわすことだってできたでしょうし、そのような安心感の中で生き続けることができるという自信があったでしょう。しかし、今まで彼と共にいた人は皆彼の下を去って行ったのです。結局誰も助けてくれず、愛してくれなかった。この世界の常識が、彼の現実そのものを表している。放蕩の限りを尽くし、自由を得た生活は、一気に崩壊したのです。

私たちの生きるこの現実世界、富みのあるところに人も集まり、富が無くなるのと同時に、人も去っていくという現実の姿があります。それを非情と捉えるか、いやそれはごくあたりまえのことかも知れない。あたりまえだけど、認めなくてはいけない現実の姿ではあるが、そこで気付かされるのです。生きていくとはどういうことかと。放蕩の限りを尽くし、自由気ままに生きられるという生き方、裏を返せば、その生き方しかできないということです。限りあるものへの執着は、限りある生きざまに縛られるということです。「私」という生きざま、その人生を見失うのです。

しかし、彼は全てを失い、見失いつつある己の生きざまに向き合い、我に返って、父親を、父親の愛を慕い求めたのです。私は罪を犯したという告白をする、すなわち悔い改めたのです。悔い改め、そう方向転換です。主なる神様に立ち返るように、彼は父親の下に立ち返るのです。放蕩の限りを尽くし、好き勝手に生きた揚句、全てを失った自分は、もはや父親の息子とも呼ばれる資格はないというけじめをつけるのです。彼の決意はごく普通の筋の通った理屈です。さらに言えば、彼がそのけじめをつけても、父親が彼を許してくれるという保証は全くないのです。雇人として迎えられるどころか、門前払いをくらい、追放されてもおかしくないのです。父親の愛の懐に自分が入れる隙間すらあるのだろうかという心境です。

しかし、彼は父親の愛の懐に全身全霊包み込まれる体験をするのです。父親は彼を見つけ、彼に走り寄って、接吻します。そして、弟の弁解を聞くまでもなく、父親は弟に良い服を着せ、指輪をはめるなど、彼を愛してやまない父親の愛が彼をしっかりと包み込んでいるのです。弟息子の弁解も筋の取ったものでしょうが、そんなことを超える喜びが祝宴という形で催されています。

物語はここで終わりません。兄が登場します。15章の1節から3節に「徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、「この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている」と不平を言いだした。そこで、イエスは次のたとえを話された。」と記されています。ファリサイ派と律法学者は、徴税人や罪人と交わる主イエスに対する不満を「不平」という態度で示しているのです。彼らは主イエスその人より、徴税人や罪人を気にしています。自分たちではなく、神様の前で罪深い徴税人や罪人を迎えるとは考えられないし、筋が通っていないという気持ちがあったのでしょう。その気持ちがこの兄の気持ちとシンクロしているかの如く、弟への接し方に不満を抱くのです。それは弟に対する不平でした。父親に訴え出ます。『このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる。』兄は弟に対する父親の態度が許せないのです。しかるべき筋を通すやり方で、弟を戒めるべきであるのに、父親はむしろ弟を愛しているのだから。父親の弟に対する愛が納得いかないし、理解できない。兄は、むしろ長年仕えてきたこの私こそが、真っ先に愛されて、それ相応の報いを受けるべきではないのか、という思いを父親にぶつけるのです。そう、この兄も、弟と同じように、父親からの財産という報いが欲しかった、その証が欲しかったのです。

「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ」。父親は兄にこう言います。兄に対する特別な配慮でもなく、あなたは私と共にいて、私の愛がわかるはずではないかと語るのです。一緒にいる、全部お前のものだ。その父親の計り知れない愛の懐に、兄も招かれているのです。ここで一緒に生きようと。しかし、兄は、父親の弟に対する愛の深さ、非常識な愛に躓いた。自分の筋、自分の良心にそぐわない神様の愛にこそ、兄は反発を抱く。不平をいう。近くにいるのに、その愛に躓くという罪を犯している兄の姿が垣間見えるのです。そう、それは今このたとえ話を聴いているファリサイ派や律法学者が不平をいうように。主イエスが語られる神様の愛に、彼らも躓いているのです。そして、彼らは、その躓きから、主イエスを十字架につけて殺してしまいます。彼らは彼らなりに、自分たちの良心を通そうとするために、筋を通すために、主イエスを十字架への道と追いやるのです。この兄の思い、非常識だとも思える父親の愛を受け入れることができないという罪の姿を、私たちも担っています。主イエスの十字架は、そんなかたくなな私たちの思いを打ち砕く、赦しの愛そのものです。主イエスは、私たち自身の良心という筋を通そうとする自分の思いを打ち砕いて、私たちを神様の愛の懐に招いて下さる愛を示してくださるために、この世界にご降誕されたのです。

兄は父親に悔い改めたのか、弟と一緒に父親の祝宴に出て共に喜んだのかとうことはわかりません。父親は兄を招き続けたでしょう。お前はいつも私と一緒にいる、私の愛の懐にいて、安心して生きていきなさいと、その恩寵の愛を示し続けたことでしょう。わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。

私たちは神様の愛のご支配の中で生かされ、その時と場が与えられています。どんな境遇にあり、その心が様々な方向を向いていようとも、主に立ち返るようにと、神様の愛は私たちを引き離すことはありません。そして、教会は地上における神様の愛の御国を指し示し、私たちの信仰が養われる場であります。今そのことを新たに確信して、今日も神様の愛の懐に招かれ、返ってきた私たちひとりひとりを神様が迎えてくださっています。

人知では到底計り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。

☆ 4月夕礼拝のお知らせ ☆

☆ 4月夕礼拝のお知らせ ☆

今週木曜日(4/4)午後7時から。説教題「神の国は来ている
ルカによる福音書11章14ー23節(新約128ページ)

皆さまを、お待ちしております。