タグ Archives: レント

枝の主日

 レントの最後の一週間を受難週、または聖週間と言います。イエスキリストの生涯における最後の一週間について、エルサレム入場、最後の晩餐、十字架上の死、復活の出来事を4つの福音書が克明に記録している厳粛な期間であります。
 イエスはロバに跨って、おごそかにエルサレムに入場しました。(マタイ21:1~11、マルコ11:1~11、ルカ19:28~38、ヨハネ12:12~19)その姿は旧約の預言者ゼカリヤによって預言された、来るべき救いをもたらす正義と平和の王にイエスを重ねたものでした。けれど、それは権威と力を重ね備えた力強き王の姿ではなく、それらの力を破棄した柔和な王の姿でした。人々はこのイエスを歓呼の声をもってして迎え入れ、歓迎し、その際に自分たちの衣服を道に敷き、また木の枝を切って道に敷いた人もいました。ヨハネによる福音書の記事では(ヨハネ12:13)、なつめやしの木の枝を振って迎えに出たと記されています。このなつめやしの葉が棕櫚の葉ではないかと言われています。
 この聖書の出来事から、受難週を迎える最初の日曜日は「棕櫚の主日(日曜日)」または枝の主日(Palmarum,Palm Sunday)と呼ばれるようになりました。その起源は7世紀のスペイン、ガリア地域に遡ると言われています。この日曜日の礼拝の中で、イエスのエルサレム入場を独自に祝う棕櫚の行進行列を伴う祝祭が行われるようになっていき、棕櫚の枝がない地域では、代わりに常緑樹の枝や花をつけた枝を用いて行われていました。
 棕櫚の葉は、花言葉で「勝利、成功」という意味があり、月桂樹などと共に、勝利のしるしとされています。イエスを迎えた人々は、「ホサナ(ヘブライ語で「今救い給え」という意味)」と叫んで、自分たちを救ってくれる力強い救い主(メシア)としての期待を抱きました。しかし、このホサナの大合唱は、数日後には「十字架につけろ」という大合唱に変わるのです。棕櫚の葉が示す勝利のしるしは、武力において、人々が求めていた苦しみからの解放(当時イスラエルはローマ帝国に支配されており、その圧政からの解放を人々は願っていました。)をもたらす救い主の姿においてではなく、柔和な王の姿に示された無力な救い主の姿における十字架上の死、そしてその死の支配を打ち破った復活における罪と死からの勝利を示しているのです。

レント

 灰の水曜日からイースターまでの日曜日を除く40日間をレント(「長い」という意味から来た言葉)と言います。日本語では「受難節」、「四旬節」、「太斎節」と複数の呼び名があります。

 レントはイースター(キリストの復活)を前にして、キリストの受難と十字架を覚える悔い改めの季節です。この季節では、悔い改めをはじめ、節制、断食をする習慣が伝統的に行われてきました。また、この季節に結婚式をしなかったり、礼拝の中で「ハレルヤ」と詠唱しなかったりなど、一部の伝統ではそのような習慣も守られてきました。

 初代教会の時代では、この季節は洗礼志願者の洗礼準備の期間とされ、志願者は教義の学びや、信仰生活についての指導を受けました。当時、洗礼式は年に一回の、レントの季節を経たイースターの日にだけ行われていました。パウロがローマの信徒への手紙で「わたしたちは洗礼によって、キリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。」(ローマ6:4)と言っているように、洗礼はキリストの十字架と復活に深く結びつき、レントとイースターは密接に関わっているのです。つまり、レントがないイースターは考えられないということです。

 レントの名称の一つである四旬節の「四旬」とは40のことです。聖書において40という数字は各所に出てきます。代表的な出来事として、ノアの洪水における40日40夜、雨が降り続いたこと(創世記6~9章)、出エジプトの後、イスラエルの民が40年間荒野を旅したこと(出エジプト15章~、民数記14:32)、イエスが荒野で40日間悪魔から誘惑を受けられたこと(マタイ4:1~11、マルコ1:12~13、ルカ4:1~13)などがありますが、これらの出来事からこの40という数字は苦難や試練を象徴していることがわかります。

 ヘブライ人への手紙には「それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。」(2:17~18)、「さて、わたしたちには、もろもろの天を通過された偉大な大祭司、神の子イエスが与えられているのですから、わたしたちの公に言い表している信仰をしっかり保とうではありませんか。この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。だから、憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。」(4:14~16)と、自ら試練に遭い、人間の弱さを体現したイエスキリストについて証ししています。この御言葉が証ししているように、レントはただ、伝統的に守られてきた習慣を大切にする季節ではなく、神の子でありながら、人間と同じ姿になって、人間の苦しみ、悲しみ、痛みを負い、苦難と試練の中を生き抜いたイエスキリストの愛に心を向ける時なのです。

灰の水曜日

 レント(四旬節、受難節)の季節に入る最初の水曜日を「灰の水曜日」と言います。元々は悔悛者たちが悔い改めの象徴であった灰を振りかけられるという習慣に由来します。

 中世以降は、前年度の枝の主日に用いられた棕櫚の葉を教会で灰にし、一人一人の額に、「悔い改め、福音を信じよ」または「灰より出て、灰に帰しなさい」と言いながら、十字の印をつける儀式が行われてきました。

 灰の儀式を行わない教会もありますが、この日を「灰の水曜日礼拝」として、悔い改めの礼拝を行う教会もあります。この礼拝の中で読まれる聖書箇所の一つに、新約聖書マタイによる福音書6章16~18節の御言葉があります。ここには「断食」についてのイエスの教えが記されています。断食は旧約の時代から懺悔(悔い改め)の表現とされてきました。しかし、人々の形だけの断食も目立つようになり、旧約の預言者たちは、その断食の姿勢を非難しました。イエスもまた、この福音書の箇所で、断食のためにあたかも苦悩に満ちた姿を人々の前で公に表し、外見だけに拘って人々の好意を受けようとする偽善者を非難しています。

 イエスは「断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。それは、あなたの断食が人に気づかれず、隠れたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」(マタイ6:17~18)と言い、むしろ断食する時は、人々に気づかれないようにして、神のみ前に立つことを教えています。

 断食の姿勢は悔い改めの姿勢でもあり、それは人ではなく、神によってのみ受け入れられているということです。「隠れている」自分の姿というのは、自分自身には全く確信はなく、神の側にこそ確信があり、その人の断食、悔い改めが受け入れられるということでしょう。