10:28 シモンとユダ

使徒シモンとユダの日

 12使徒の一人であるシモンは熱心党のシモンと呼ばれています(マタイ10:4、マルコ3:18、ルカ6:15)。この熱心党はギリシア語を音写して「ゼロテ党」とも呼ばれています。熱心党は紀元6年、ローテ帝国の総督クレニオの住民登録に反逆して暴動を起こしたガリラヤのユダによって創設された国粋的団体です(使徒5:37)。イスラエルを支配する外国の権威を否定排除し、イスラエルの独立を目指して熱心に活動し、その熱心さは暴力行為にさえ訴えることを辞さない過激な集団でした。また、ローマ帝国に癒着していたユダヤ内部の権力者層に対しても、戦い続けた団体でした。この団体はガリラヤを拠点に活動し、イエスと出会う前の弟子のシモンはこの熱心等の党員として活動していました。紀元66年にユダヤがローマに対して反乱を起こし、70年に鎮圧されたのと同時に、この熱心党も消滅したと言われています。シモンは聖書の中に名前のみが記されているだけで、具体的な活動は記されていません。伝承では、ユダ(タダイ)と共に、エジプトとペルシアで宣教し、ペルシアで殉教したと言われています。殉教の際に、彼は十字架につけられて死んだという説と、のこぎで体を真っ二つにされて死んだという説があります。そのため、彼の標章にはのこぎりが描かれています。

 同じく12使徒の一人であるユダはマタイとマルコによる福音書ではタダイと呼ばれ(マタイ10:3、マルコ3:18)、ヨハネによる福音書ではイスカリオテでない方のユダと呼ばれています(ヨハネ14:22)。また、イエスの兄弟であるユダとも別人であると言われています。ユダもシモンと同じく、名前以外のことは詳しく描かれていませんが、シモンと行動を共にし、ペルシアで殉教したと言われています。後代、彼は絶望のうちにある人々のための力強い執り成し手として、人々から守護聖人として崇められたと言われています。

 シモンとユダの祝祭日は10月28日で、わりと後世になってから、崇敬されたと言われています。また二人は同地で同じ日に殉教したと言われています。