11:30 使徒アンデレ

使徒アンデレの日

シモン・ペトロの兄弟であるアンデレは、ベトサイダの出身で、ペトロと共にゲネサレト湖で漁師として暮らしていました。ペトロと同じように、ゲネサレト湖で漁をしているときに、通りかかったイエスから召しを受けて、ペトロと共に最初のイエスの弟子となりました(マタイ4:18、マルコ1:16)。ヨハネによる福音書では、最初彼は洗礼者ヨハネの弟子でした。ヨハネはイエスのことを「見よ、神の小羊だ」(ヨハネ1:36)と言い、それを聞いたアンデレはイエスに従い、そして兄弟のペトロをイエスに紹介しました(ヨハネ1:40、44)。

アンデレは地味に気を配り、注意もよく行き届くといった性格の人物だと言われています。ペトロをイエスに紹介し、5千人に食べ物を与える話しの中で、群衆の食事のために配慮し、(ヨハネ6:8)、十字架の前に、ギリシア人の求めに応じて、フィリポと共にイエスにその旨を伝えました(ヨハネ12:22)。

イエスの十字架の後、12使徒の一人として、彼らと行動と共にし、教会を支えました。伝承によれば、彼は黒海の南の地方に行って宣教し、またギリシア本土でも宣教して、パトラスという地でX型の十字架に磔になって、殉教の死を遂げたと言われています。

祝祭日はこの殉教した日である11月30日(60年頃)で、後年彼の遺骨はコンスタンティノポリスに移され、そこに埋葬されました。1204年(または1208年)十字軍によって彼の聖遺物はアマルフィに移されますが、1964年にパトラスの教会に返されました。ローマでは彼のために5世紀頃に教会を献堂したと言います。また彼はコンスタンティノポリスおよびスコットランドの守護聖人に選ばれ、人々から崇敬されています。