5:1

使徒フィリポとヤコブの日

フィリポは同じ使徒のペトロとアンデレ兄弟と同じベトサイダの出身で、イエスの召命を受けて12使徒の一人になりました。彼はヨハネによる福音書に多く登場し、ナタナエルをイエスの弟子として導きました(ヨハネ1:43~51)。最後の晩餐では、イエスが父なる神について証しをしていた時、彼がイエスに「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます。」と言うと、イエスは「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ」(ヨハネ14:8~9)とイエスから諭されますが、彼の質問によって父なる神とイエスがひとつであるということが明らかにされました。使徒言行録に登場する執事のフィリポは別の人物です(使徒6:5)。彼は最後フリギアで宣教して、殉教したと言われています。

ヤコブはアルファイの子ヤコブのことで、漁師でヨハネの兄弟であるヤコブとは別人です。両者を区別するため、また一方が年長者であったため、漁師のヤコブは大ヤコブ、アルファイの子のヤコブは小ヤコブと言われています。またこのヤコブは、後にエルサレム教会のリーダー的存在として、教会を導いたイエスの弟である主の兄弟ヤコブ(マタイ13:55、使徒15:13~21)と同一人物であると言われ、新約聖書ヤコブの手紙の著者はこの主の兄弟ヤコブであると言われていますが、定かではありません。彼と兄弟のヨセの母マリアは、マグダラのマリアとサロメと共に、イエスの十字架の死を遠くから見守っていました(マルコ15:40)。主の兄弟ヤコブと同一人物であれば、彼はエルサレムで62年頃に殉教したと言われています。

二人の記念日は、元は5月1日でしたが、労働者ヨセフの祝日が後から5月1日に定められると、彼らの記念日は5月3日に移されました。